2016年10月22日

だって思春期だったから

こんにちは。
昨日は鳥取県を震源とした大きな地震がありました。緊急地震速報が久しぶりになってドキドキした方も多かったかもしれません。被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

今日の埼玉はどんより曇り空。お日様が欲しいな。

よく励ましの言葉として
「止まない雨はない」とか
「明けない夜はない。朝は必ずやってくる」
というフレーズが使われますが、思春期の頃の私は
「朝が来ても辛いのに、いやむしろ朝が来てからの方が辛いのに、そんな言葉なんの救いにもならない」
って思ってた。^^;

比喩だって気づかないほど余裕がなかったんですね。思春期は何をしてもしなくても、なんでもかんでも悲しくて辛くて腹立たしくて仕方がないから。

ワンコさんにも思春期があるそうですよ。リンクを張らせて頂きます。


グルタミン酸か・・・私もそうだったのかな。(笑)
体の中のことは外からじゃわからないから、知っておくと安心ですよね。
ルビーは我が家に来た時すでに大人犬だったので思春期はありませんでしたが、本当の意味で我が家に馴染んできたかなって思った頃、突然床に置いてあるカバンの中を漁ってみたり、ゴミ箱を倒してみたりしたことがありました。それまでそんなこと一度もしたことなかったのに。
でもこれって、一緒にくらす命としての成長過程のひとつだったんだなって。
本当の家族になる為に、必要な過程だったんですよね。

それから、いたずらできない環境を整えて・・・(かばんは床におかない。ゴミ箱にルビーが気になりそうなものは捨てない、など。)
罰や叱りでなんとかしようと思わないよう自分自身のことも整えて、
ゆっくりゆっくり一緒に暮らす仲間になってきたなって思います。

161022_01.jpg

思春期はとうに脱した大人として(というか、第2の思春期が・・^^;;;)、犬達の混乱に寄り添える自分つくりを心掛けたい・・・な。
色々あっても今日一日をなんとか乗り越えられますように。
posted by カエデ at 12:00| Comment(2) | 成長過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

「怖いから言う事を聞く」という関係

先日パピーを迎えたばかりの方に、甘噛みやらお散歩やら遊び方の相談をされたことがありました。

「まだ2ヶ月ちょっとで本当はまだまだお母さんが必要な時期だから甘えたい気持ちはよくわかるんですけど、でも甘噛みが痛くて痛くて」

っておっしゃっていて、私は少しホッとしたのです。

本当は犬のお母さんの元にいてもおかしくないほどのほんの小さな子なんだという事をおっしゃっていたのと、犬のトレーニングやしつけの場面において良く駆り出される「アルファ論(支配性理論)」的な単語がその方の口から出てこなくて、ホッとしたのでした。

アルファ論(支配性理論)というのは、
『犬の先祖である(とされている)オオカミは群れを作り、その群れには優位性の高いアルファがいて群れを仕切っている。だから犬を迎えたら人間がアルファになり犬を支配しなければならない』という説。

ただこれは、この説を導き出した実験で観察されていたのは自然のオオカミではなく、人工的に作られたオオカミの群れだったことが『動物が幸せを感じるとき』(p.42)辺りや、『犬のこころにまっしぐら』(p.120)辺りに書いてありますが、それをそのまま犬に当てはめていいのかということや、支配とか優位とかアルファとか言う言葉で表現されるものの本質がその言葉を使う人それぞれになっている事が多いなど、問題点がとても多い様に感じています。

犬のしつけやトレーニングにおいて私が「これってかなり問題なのでは?」と感じる事のひとつに、犬に対する暴力や過剰な無視・コントロールなどを正当化する為に”支配”という言葉を使っていることがあると感じることです。

たとえば・・・
犬が自分をリーダーだと思わないように、人間が犬を支配しなければならない。その為にはどんな時でも言う事を聞く犬にする。散歩の時には常に横について歩かせ、少しでも前や後ろに出たらリードを強く引っ張って「NO!」と言う。
吠えたら大きな音を立てたりスプレーを吹きかけたりしてびっくりさせて吠えを止める。
「ヨシ」という前にご飯を食べようとしたら叩く。
まだまだ小さなパピーを無理やりひっくり返したりマズルを掴んだりして服従させようとする・・・など。
自分(飼い主)が少しでも違うと思っていることをしようとすると、犬を力でねじ伏せたり叩いたり締め上げたりすることが、「支配」という言葉の元に正当化されている現実があるように感じています。

でもそんな風に支配されることが幸せと感じる犬がいるかな?
恐怖で支配されることが幸せだろうか。

「人間と犬の『感情脳』は似ていて、辺縁系を形成する脳細胞のその部分がすべて同じにできている。この脳細胞のおかげで、犬も私たちとおなじような感情を持つ。怒り、喜び、高揚感、満足感、不快感、悲しみ、倦怠感、恐怖など。」
(p.219〜p.220)

犬が怖がっているかどうかってなんとなくわかりますよね、ボディランゲージで。
ボディランゲージがわかるようになれば、しょんぼりしてるワンコさんを見て
「大人しくなった。おりこうさんになった」
なんて見誤る事もなくなると思います。

私もルビーを迎えた当初は本当に戸惑ったけれど、でも怖がっているか楽しんでいるかの違いは分かりました。わかったからこそ、優しい方法をとりたいと思うようになって今ここにいます。

160623_01.jpg

怖いという感情は、私達と同じ感情を持つ犬達にとってもネガティブなものであるに違いありません。可愛くて迎えた命に恐怖や悲しみを抱かせるような方法をとりたいと思う人が本当にいるのかな。
彼らにポジティブな感情で満ちた豊かな犬生を送ってもらいたいと思うのが、犬を愛する人にとっては自然な感情なのではないかと思っています。



posted by カエデ at 22:40| Comment(0) | 成長過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

吠えたり咬んだりしちゃっても

1/7の私のツイートです。↓

ルビーも推定10〜11歳、もしかするともうちょっといってるのかな?という気がしなくもなかったり。以前は私が外出から帰ると玄関まで走ってきていたのに、去年の夏の終わりごろから耳がかなり遠くなってきた様で、彼女が寝ているリビングに入っていってもまだ気づかないようになってきました。
お散歩でも歩きっぷりが若い頃とは違ってきているのを感じて、お世話になっている夏目先生ペットボトル温灸を勧めて頂いたりして、それでふと思ったのです。

160111_01.jpg

そうか・・年齢や寒さによる身体の不具合・・関節の痛みがあったりするんだよねきっと。
普段穏やかなルビーだって痛い時は痛いって意思表示するワンコです。(触れられて痛ければ、そちらの方を見たり、噛もうとすることもあります。)そりゃそうですよね、痛覚もあって心(感情)もあるワンコですもん、痛みは本能的にも命の危険を知らせるものでもあるでしょうし。だから、もしかするとこちらが分からないだけで痛みからふいに咬みが出たりすることがあるかもしれない。でもこれも成長過程の一つなのだろうと今の私は思えるのです。生を全うするまで成長は続く。老いも成長過程の一つだって思えます。
これが若いワンコさんだったらもっと色んな変化があるだろうと思うのです。もし、今まで大人しかったのに咬むようになっちゃった、吠える様になっちゃった、どうしようと悩んでらっしゃる飼い主さんがいらしたら、ぜひ読んでみてください。
夏目先生のブログ[成長過程]についてです。↓

『犬はいつも正しい(誤解なきように^^;) 』

何かあってもそれも成長過程の一つだと分かっていれば、いざ吠える様になった、咬むようになったという事が起きても、犬の心を壊すような対応を選ばないで済む自分を作る事ができると思います。
私などは、私の教育ママ的な対応に心のシャッター下ろしてしまっていたルビーが初めてピンポンに反応して吠えて私にお知らせしてくれる様になった時、めちゃくちゃ嬉しかったのを覚えています。^^;だって、そのお知らせに落ちついて”誰かきたね、教えてくれてありがとう”と伝えれば、ルビーとコミュニケーションが成り立ったという事になるんですもんね。

それに・・・
耳が聞こえているという事だって素晴らしいことです。でも耳が聞こえなくなることだって成長過程の一つ。成長過程を学んだからこそそう思える様になりました。生を全うするまで成長し続ける命を大切にしたいと思います。







posted by カエデ at 12:11| Comment(0) | 成長過程 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする