2016年11月09日

抱っこ散歩の強い味方♪

こんばんは。
冬将軍、吹いたのかな?洗濯もの、カラッカラに乾いてました。多分陽射しが乾かしてくれたというより、北風が水分吹き飛ばして行った、って感じかも。^^;

ルビーのスリングが来ました!
抱っこ散歩に良いよってお勧め頂いて、中で座れるタイプの深めのものを購入しました。

161109_01.jpg

ずっとこの中に入ったままのお散歩ではなくて、時々歩いて時々入って、という感じで使おうと思っています。(商品説明にも、長時間の使用に着いての注意書きがありました。)
肩にかけるところが幅広で、痛く成り難くて飼い主さんにも優しそうです♪

犬と暮らすのは私にとってルビーが初めて。
小さい頃、家の縁の下にシェパードの子犬が迷い込んで来て「もしかすると一緒に暮らせる?!」ってとっても期待したけど、ほどなく飼い主さんが現れて、まるちゃんという名前のその仔犬は「わ〜ん会いたかったよ〜〜!!」って顔して飼い主さんに飛びついていったっけ。
寂しく彼らの後ろ姿を見送った当時の私だけれど、あれはあれで本当に良かった。ワンコさんはいつだって飼い主さんが一番ですもんね。

その他にも近所や母の実家で飼われていたワンコさんとの様々な思い出があるけれど、その頃からいつか犬と暮らしたいと思い続けてやっとかなったのがルビーとの生活でした。
犬飼い一年生だから、年をとっていくワンコさんと暮らすのも初めてです。
戸惑いますよね。^^;
あれ?あれはやっぱりまずかったのかな。とか。「やってもうた〜」って事とか。
多分次の子がきても、その子はルビーと違うからやっぱり色々戸惑うんだろうなあと思います。

ここへ来て思い出した言葉が。

犬の勉強を続けてきて、最初のころ凄く大切にしていた言葉が蘇ってきたんですね。

強くて優しい飼い主さん。

・・・になろう!って、がんばってきたんだった私は。

犬は強い人が好き。
強さは優しさ、優しさは強さ。
強さは力じゃないんですよね。
弱いものを力で制する様なことを強いとは言わなくて。
それに勝ち負けでもなくて。

動じない強さ。
安定している事。
混沌の中にいるとき、「こうでしょ」って方向を指し示してくれる人・・・・。

ルビーのことだけじゃなくて、最近自分のリードワークとか色々細かく検証していると、
「また戻ってきたよここに」
という学びの中にいることに気づいたりします。

でも成長していないのかというとそういう訳でもないから面白いですよね。

だから

「あなたが(私が)そんなだからダメなんだ」

じゃなくて。

犬育て、自分育て、頑張っている人を(頑張っている者同士も)応援しあっていきたいですね!
一緒にがんばる仲間が側にいてくれますように!


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 19:36| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

人間よりも敏感なのよね

こんにちは。
寒い一日になりそうです。埼玉の予想最高気温は14度ですって。朝からホットカーペットつけて、ルビーは私を後追いして温かい寝床から出てきてしまうので、洋服の背中のポケットにホッカイロを張り付けてあげました。

161028_01.jpg

天候の変化で身体の様々なところに不調がでる天気痛。(気象病)みなさんはありますか?
私はあまり天候の影響を受けないのですが、人間よりも気圧や気温の変化に敏感なワンコさんは気分がすぐれなかったり食欲がなくなったりするそうですし、体調が悪くて人から見ると問題行動ととれるようなものが誘発されたりするようです。
天気の悪い時は関節痛なども起きやすいそうですが、ルビーはそんな時抱き上げようとすると定位反応(気になるところや痛いところを見る)がでて、思わず抱き上げた手を噛もうとする事があります。

先日病院でもそう言う瞬間がありましたが、獣医の先生は
「ごめんね痛かったのね」
ってスルーして、手は一旦止めて、痛くないように抱っこしなおしてくれました。

雨の日はチニタはほとんど寝てます。
今日はホットカーペットでぬくぬくしていたところに私が床に寝転んだら、それをきっかけに私の脚の間に収まりに来ました。夜寝るときの体勢がこうなんですよね。^^;
”私が寝転ぶ”が、”チニタが私の脚の間で眠る”のきっかけになってるんだなって思いました。きっと気持ちがいいからここに眠りにくるんでしょう。



”人間と犬の「感情脳」は似ていて、辺縁系を形成する脳細胞のその部分がすべて同じにできている。この脳細胞のおかげで犬も私達と同じ感情を持つ。怒り、喜び、高揚感、満足感、不快感、悲しみ、倦怠感、恐怖など。”(p.218)

本能や感情をつかさどるこの辺縁系はほとんど全ての生きものにあるものらしいです。
人間は大脳皮質をどんどん大きくしながら進化してきたけど、古皮質とも呼ばれるこの辺縁系は、ほとんどの生きものが持っているんですって。
犬や猫達の中にあるものが、私の中にもあるんだね。それを思うと彼らと暮らすことがなんだか特別運命的なものに感じられて嬉しい気持ちが込み上げてきます。
天気が悪いと彼らも倦怠感を感じるのね、って共感できるし。そしてそれがわかったり想像できたりすることが嬉しい。
この”嬉しい”っていう気持ちを彼らと沢山共有したいな。同じ部分で感じているんだから共有できるはずですもんね♪

posted by カエデ at 15:25| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

犬とのことで悩んだら

こんばんは。
という時間になってしまいました。^^;
今日は朝からまたルビーの病院行っていました。少しずつ歩けるようになって、排泄もできるし、今回はお薬だけで大丈夫な様子です。

ルビー、昨日まだあまり歩けない時、ちゃんと視線で「トイレに行きたい」を知らせてくれて偉かったな。
でもいつもと違うなっていう不安感からか部屋の中で一生懸命私の後を追って来ようとしてました。
私はルビーの不安を煽らないように自分は不安な顔は一切しないようにしていつも通り接するように心がけたのですが、これ(後追い)、お家に迎えられたばかりのパピーちゃんや保護犬さんもやりますよね。

病気の時は「不安なのね」って思ってあげられるけれど、そうでない時(体は健康な時)の犬の不安って、もしかするとなかなか寄り添い辛い人多いかも?って思いました。何を隠そう私もそうだったからです。
分離不安かも、一人でいられることになれさせなくちゃって、不安なまま無理やり一人にして慣らそうとしたり。そういう情報が多いですもんね。

若くて元気なワンコさんだったら、きっと後追いだけでなく甘噛みや飛びつき、吠えにも同時に悩んでる飼い主さんが多いだろうから、色々不安になっちゃって犬に厳しいしつけに飛びつきやすいかも。でも毎日のことだからきついですもんね。犬の吠え声は結構脳天に響くし。^^;

ということで、私の犬の先生のブログのご紹介です。犬との生活に悩んだらここへ行く、という場所があったから、ルビーと私は今ここにいられるんだなと思うんですよね。お悩みの最中にいる方はぜひ読んでみてくださいね。

「ワンラボ(ワンコ研究所)」
http://ameblo.jp/charlie418/

あ、今夜はとっても冷え込むらしいので、ワンコにゃんこ飼いさん、ご注意下さいね!(特に老犬さん。)ルビ子も先生にお勧め頂いて寝床にヒーター入れてあげる様にしました。チニタはホットカーペット占領しています。^^;

161027_01.jpg


posted by カエデ at 18:18| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする