2016年10月25日

愛のもう一つの形

こんにちは。
朝晴れてたのにもう曇ってきた埼玉です。ベランダに干した洗濯もの、乾くというより冷えてきました。^^;

昨日のブログの最後に出てきた”愛のもう一つの形としての服従”。
その人のことが大好きで、”自ら”その人を助けたい支えたい従いたいと思う気持ち。(詳しく知りたい方は「犬の愛に嘘はない」をお読みください。^^;)

”自ら”というのがポイントで、服従心て人が無理やり育てようとして育つものではないんじゃないかなって思ってます。
服従心を育てなくちゃと無理やりひっくり返したりマズルを強くつかんだり、横を歩かせる為にリードをガンガン引いたり・・・を勧められたりすることっていまだに多いのかもしれませんが、でもそういうことで育つのは、服従心ではなく恐怖心や警戒心なのではないかなあ。
やりながら自分も傷ついちゃっている人って多いんじゃないかなと思ったりします。

”愛のもう一つの形としての服従”だから、
怖いから言う事をきく、という態度が服従だと思っているとちょっと違うかなと。

「人に足をかけるのは犬が自分が上になってるからだ」って言われやすいですが、これも甘えられる様になった、その甘えの表現が足をかける、だったりすることがあるんじゃないかなあ。

ルビーの場合は、人間から見たら”いたずら”にあたる、床に置いてあった私のカバンの中身を色々引っ張り出してみた、などがその表れ(甘えというか、気持ちがほぐれてきたという表れ)だったのだと思います。
心が自由になって色々やってみたくなった、という感じだったんじゃないかな。
そこで怒ってしまったらまた関係が崩れてしまうので、怒らずに淡々と片付けて、次からは穏やかに阻止を心掛けました。(この場合はルビーがそれを出来ない様に片付けました。)
「これはやらないよ」をうまく伝えてあげられる様になることも、犬からの信頼を得るコツなのかもしれません。
やらせておいて後から叱る(犬を怖がらせる、痛い思い、嫌な思いをさせる、)っていうのは、混乱の元ですもんね。

子供の頃怒られるのが嫌で、色々隠し事をして、でもそれがバレちゃって、
「怒らないから隠さず全部話しなさい」
って怒られたから次から全部話したら、やっぱり怒られた。
みたいな経験ありませんか?^^;
あの逃げ場のない閉塞感のようなものを犬達には味あわせたくないなあって思うのですよね。
猫様だったらイラっとしてその瞬間に「ミギャーーーー!」って倍返しされそうな気がしますよ。^^;

161025_01.jpg

ということで、そんな雰囲気を醸し出しているチニタの写真を選んでみました。^^;(本当は怒ってるんじゃないですけど。^^;)

posted by カエデ at 13:53| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

”違いがわかる子”って呼んで

こんにちは♪
ひんやりした朝でした。ルビーも今日はマンション前の広場で走りまわってましたよ。夏の間ほとんと歩かなかったけどやっぱり涼しくなると楽になるよね。

161021_01.jpg
ルビ子さん、一時期心雑音疑惑がありましたが、改めて先生に伺ったところなんともないそうです。


晴れたから、それにここ数日暑かったから油断した服装でいたら肩が冷えちゃって慌ててペットボトル温灸しました。


我が家は犬にも猫にもやってあげてます。
特にルビーは後ろ足に関節痛がありそうなので、夏のクーラーの入った部屋でもやってあげていました。気持ち良さそうに溜息ついて眠りに落ちていくんですよね。

犬さんの中には、ペットボトルとか近づようとすると凄く怪しんだりする子がいますよね。違いがわかる賢いワンコさん。^^;
ルビーはこういうの全然平気なんですが、猫のチニタがちょっと面白くて、携帯マグのフタ(片手で開くやつ)をポンッ!って開けたら、それにビックリして逃げちゃったり、キッチンのシンク下の扉を開けたら慌てちゃったり、ジョーロのハスロを外したらギョッとしたり、それ見て私
「違いがわかる子来た〜!」
って思いました。^^;
床に置いてあった大き目の植木鉢の中からもひとつ鉢を取り出してもビックリしてたな。^^;
(今は平気になったものもあります。)
何かの形が変わったりするのにびっくりしちゃうのかなって思ってるのですがどうなんだろう?

動物がどんなものを怖がるのかということについては、何度もご紹介していますがこちらの本がとても参考になります。

動物あるいは自閉症の人が、世界の概念ではなくあるがままの世界を見ているということは、細部を見ていることを意味する。動物が世界を認識する方法について考えるうえで、このことはどうしても知っておくべき重要なことだ。動物は人間が見えない細部を見る。徹底的に細部にこだわる。それが鍵だ。(p.48)

金属やキラキラ光る水面の反射、柵にかけた衣服、床に落ちている小さなものなどなど。牛について書かれている部分ですが、ワンコさんでもそういう細かいところ気になる子っているなあって思います。
(ただ、この本に出てくる”犬の支配性(アルファやベータのなどの序列関係)”についての考察は、テンプルさんご自身この後の著書「動物が幸せを感じるとき」で考えを改められたのかなと思いました、というのを付け加えておこうかなと。^^;)

ワンコさんもびっくりして反射的に吠えちゃったり噛んじゃったりした時に
”もしかしたら怖かったのかも”って気づければ、次から刺激の調整を意識できるので良いですよね。

ちなみにチニタは私が部屋でヨガをやっても壁倒立しても^^;近づいて来てスリスリしてるので、私の形が変わるのは大丈夫みたいです。^^;
posted by カエデ at 12:58| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

暮らしやすさを求めて

耳が遠くなってきたルビ子さん♪視覚情報頼りなのか、目で色んなものを追うようになったなあという印象が最近はあります。
周りの状況を音で判断できなくなってきたからか、突然視界に何かが入るとびっくりすることも増えたかな。

161019_01.jpg

そんな日々を送っていると、やっぱり暮らしやすさを求めるトレーニングはずっとずっと必要だなって感じます。
暮らしやすさが目的なのでルビーが痛かったり怖かったり辛かったりというものでは勿論なくて、そういうものが提供できるようになる為の私の接し方のトレーニングが主なんですけど。

”人が動物と触れ合っていて、最も重要でありながら忘れがちなのは、可愛いという気持ちにつき動かされるあまり、こちらの方が積極的になり過ぎ、相手に表現させるのを忘れることだ。
猫だって犬だって甘えたい。”好き”という気持ちを伝えたい。(p.52)”

私もそうでしたが、人ってどうしても
”あなたのこと好き”
って犬自身が言って来てくれるのを待てずに手を伸ばしてしまうものですね。

手を伸ばすと犬のスペースを侵害してしまうので、犬は逃げてしまう、そして気持ちも離れちゃう。

161019_02.jpg

先日旅行に行ったとき、ルビーは誰かに(知ってる人でも知らない人でも)手を伸ばされると距離を取ってました。(この人やりそう( ̄∇ ̄)と思った時はルビ子をこちらに誘導したりしてそれとなくガードしてました。)

耳が聞こえないから前情報がないので、(相手が自分の名前を呼んでるのもわからないし、どんなトーンで話す人なのか、信用できるのかどうかもわからない)というのもあるかもしれないけれど、ワンコさんって実はそういう生きものなんだよね、って改めて思ったのでした。

時々そうでもなさそうな子がいるけど、^^;そういう子の方が特別なのかもしれない。
そうでなくても犬達は我慢強いから、お付き合いしてくれる子は沢山いそうです。
でも私は犬が好きだから、どんな子にとっても安心できる存在になりたいなって思ってます。


posted by カエデ at 12:12| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする