2018年12月22日

時間がかかるのは悪いこと?

こんばんは。
なんだか雨が降ったり止んだりの埼玉でした。でもルビーとお散歩いけましたよ。

ルビーは年を重ねてからは外に出た方が排泄すんなりいくようなので(犬だから当然ですが。^^;)、夜中や明け方以外はなるべく外に連れ出すようにしています。特に今年に入ってからは排泄回数が増えて、それに比例して体重が減ってきました。でも食欲あって出るものもすんなり出て、もうそれだけで御の字ですね!

161208_02.jpg
2016年12月のルビー♪

犬だから当然のことや年を重ねたら当然のこと・・。命を迎えると「そうだったのか!」と後から気づくことが沢山あるけれど、まずはその状況に自分が慣れること・・・。つまり自分が犬という動物に慣れることが大切なのかな。

慣れる為には犬を知ること。知ろうとしたり理解しようとしたりするうちに自分が変化していって、そうしていくうちにだんだんと折り合いがついていくものなんだなって感じています。その時に私たち人間だって叱られながらだったら慣れるものにも慣れないと思うのですよね。

171230_03.jpg

先日とある人(まあ叔母なのですが^^;)に、
「1歳くらいになる犬が、自分の寝床があるにもかかわらず人のベッドで一緒に寝ようとするんだけれど、もう少し大人になったら治るかしら?」と聞かれたのですが、
「う〜む、治るとか治らないとかいう問題じゃないかも。^^;」
と思いながら、10年前の私はそうは思えなかったかもしれないな・・と。犬が社会的な動物で、人間家族と一緒にいることをここまで強く望む動物だって知らなかったので。

10年かけてじんわりじんわり変わった私。
これはきっと無理なく変わるために必要な時間だったのだろうと思うと、犬との関係も時間をかけて変わることを厭わない姿勢が大切なんだなと思ったりします。

===============[お知らせ]==============
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月21日

イヌっぽくなったヒトと、ヒトっぽくなったイヌと

こんばんは。
今日のルビー、お散歩でパッカパッカと少し走りました。若いころの様に私も小走りしなきゃ・・というのは必要ない程度のスピードでしたけど。^^;

171231_02.jpg
写真は去年の♪

ルビー。天真爛漫というかおおらかで、体は小さくても心は広く、そして優しく、同族(犬)に興味があって・・・。彼女が大型犬だったら犬の中でどんな役割を果たしたかな・・なんて想像することがあります。

ぎこちなくスタートした彼女との生活。でも、悩んだり凹んだりしながらもルビーの協力により、様々なことに感謝しながらここまで来ることができました。

彼女の協力・・。そこに甘えすぎてはいけないと思いつつ、でもそうだ、犬は”協力する”事に関しては私たち人間の先輩だったものね、と妙に納得してしまうところもあり・・・。


↑こちらの本では古代の人間たちが、他者と”協力すること”をオオカミ(犬の祖先)から教わったのだろうということが書いてあります
集団で協力して狩りをすること、そして他者との社会的な構造、同性の非血縁者との間の誠実な友情。そういったものが古代の人間にはなかったけれどオオカミたちは持っていた。人間はそれを彼らから学んだのだ、犬のほうこそ、人間に色々教えてくれたのだと。

私はこの考え方がとっても好きで、今でも人間は犬から教わることがあるよねと感じています。カーミングシグナルを知れば、彼らから平和的な姿勢を学べるし、彼らの寛容さを知ればヒトはもっと自制を学ぶ必要がある、と感じます。

171220_01.jpg

昨日ご紹介した「犬のココロをよむ」からすると、現代の比較認知科学では、犬ってチンパンジーなどの霊長類よりもヒトっぽいということが分かってきているそうです。(有名なところでいうと、人間の指差しを理解したり、視線の先を追ったり、というような。)

イヌっぽくなったヒト私たち)と、ヒトっぽくなったイヌたち。
私たちは本当はもっとちゃんとわかりあえるはず、大切にできるはず・・・。
これから先の歴史にも、イヌのそばにヒトがあるといいなと、ふとそんなことを考えたりします。


===============[お知らせ]==============
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

夜間診療に行ってきました

こんばんは。
荒れ狂う気候不順、^^;みなさま大丈夫でしょうか。ルビーは高齢だし私もお年頃なので、何かと不調が出やすいこの頃です。
身体を冷やさないようにしたり、ペットボトル温灸をルビーと自分にしたりして、なんとか乗り切ろうとしています。

ちなみにペットボトル温灸とは、鍼灸師の若林理砂先生の提唱する温灸です。
煙やにおいが一切でないので、動物にも優しいなと思って続けています。

※ペットボトル温灸公式サイト ↓


181207_01.jpg
今日のルビー♪

実は昨晩10時半過ぎ頃、ルビーが吐きたいのに吐けない、落ち着かずソワソワ動き回る、という様子が見られたので、所沢にある動物夜間救急医療センターに電話して行ってきました。出発する頃には眠れるくらい落ち着いてきたのですが、そこで収まるかどうか不安だったので行ってきましたよ。ルビーは大型犬じゃないですが年齢もいってるし、胃捻転などなくはない話ではないかなと。
幸い症状はそのまま落ち着いたのですが、病院の先生はやはり胃拡張を起こしていたのだろうとのお話しでした。捻転まではいかなかったとは言え今後はますます気をつけねばですね。

そうそう、胃捻転の予防策として、以前は高い位置に食器を置くことが推奨されていましたが、最近はそれは逆にリスクを高めるという獣医師の方のお話しもきくことがあるので注意したいところです。


それにしても、犬が苦しそうにしているとこちらまで気が動転しそうになりますが、いつ何どきでも”大丈夫な私をルビーに提示(対提示)していたいという気持ちが逆に自分のことも支えてくれるのを感じました。犬の為と思っての取り組みですが、結果として飼い主も成長させてくれる、そんな学びが近くにあることに感謝しています。

========[お知らせ]=====================
 ゆるい社会化の場であるお散歩トレーニングです。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 17:09| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。