2016年09月08日

トレーニングを可哀想と思わせているもの

先日親戚が来た時、ルビーのマズルガードが床に落ちてるのを見て
 「えっなんで?!」
って。
ルビーを良く知ってるので、必要ないじゃないどうしてそこまでと思ったらしいのです。

「マズルガードは可愛そうなものではないし、むしろ付けるの大好きにしておいてあげた方が何かの時負担を減らしてあげられるし、平気なものが沢山の方が幸せだなって思って。」

って話したけど頭の上にには”?”がいっぱいだったかも。

犬のトレーニングというと犬を叱ってお行儀よくさせる、みたいな固定観念があるみたいで、何かをさせる系ではない社会化のトレーニングってまだまだ一般的ではないんだなと感じました。

私も最初の頃は巷でいうトレーニングと何かが違うけど何が違うのかわからなくて、わかりたくてしょうがなくてずっと勉強していてこうなった、という感じです。今は学んでいることをいろんな場面で体現できるようにがんばっているところです。

社会化のトレーニングって、犬は特に何もしなくていい、何もしていない犬に「おりこさんだね♪」って声をかけるところから始まります。
何もしなくても楽しくて嬉しくて、なんだかふんわり温かい・・・そんなものにワンコさんが包まれるトレーニング。
ワンコさんの緊張をほぐして、その状態(リラックス)に色んなものを条件づけて、いざという時、例えばパニックになってしまった時にそれを使ってリラックスに導きます。

人間はなかなか人間目線を捨てられないので、吠えひとつとってもパニックで吠えているのか、意識的に吠えているのか見分けがつかないし、しかも吠え声が人にとって心地の良いものではないので”吠えは全部悪いもの”として叱ってしまったりしがちですが、叱りとは正反対のもので落ち着いた状態に導くことをめざします。
逆に言うと、リラックスに導くのだから叱ったり脅かしたり痛みを与えたりはできるはずがないのです。

160908_01.jpg
クリームチーズやちゅ〜るを塗って、大きなコングと化したマズルガード。
頭の後ろのバンドはまだ付けたり外したりしてます。


そう、それで、親戚の人にはここまで詳しく話す事はできなかったので

「トレーニングというよりコンディショニング、って感じなんだ」

ってお話ししました。

この言葉はチャーリードッグスクール・夏目先生の記事からの言葉です。
”コンディショニング”で検索したら色々でてきたのですが、今日はこちらの記事を。

「興奮状態または眠りについているときや老化によりぼんやりしたときなど、危険を察知すれば攻撃行動により身を守りやすくなる、のは想像に難くない、です。
犬の一生を通じてコンディショニングするために、優しく犬を育てて優しく接しましょう。
(本文より引用)

まだまだ小さな子犬や思春期のワンコさん、そして老犬まで。
こちらが脅したり嫌なことはしていないつもりでも、犬からしたら嫌だと思っていることがあるかもしれないから、そういう部分も並行して勉強しつつ、の日々であります。人間からみたら攻撃行動としか見えないものも、彼らからしたら自分を守ってるかもしれないんですよね。

犬のコンディショニングを意識していると、自分も整っている必要があることに気づくので、自然と自分もコンディショニングされていることに気づきます。
犬を導くとか言って結局どちらが導かれているんだろう?って。
ルビーに感謝しなくちゃですね。


posted by カエデ at 01:21| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月28日

私を真似してね、と堂々と言えるように

160828_01.jpg

連日の夏の強い陽射しに疲れた植物たちが昨日の雨の中でみずみずしく輝いていたので、縁側(・・じゃないけど。^^;)に座ってボーッとしていたらルビーが隣にきて同じ方向を見て座りました。ちょっとの間二人でベランダを見ていたんですけど・・・。

これって模倣してるのかな?どうなのかな?

私の犬の学校で「模倣学習」というのを勉強したので、自分でも色々調べてみました。
模倣学習とは下記の様なものです。


他個体(モデル個体)の行動を観察した結果、モデル個体と同じ行動をするようになることを模倣というが、観察という経験によって行動が変化するのであるから、模倣は学習の一種であり、模倣学習とよばれている。(p.164)
人間や類人猿などの高等動物に見られる”社会的学習”と言われていますが、社会性の高い犬も、この模倣学習をすると言われています。

dog actuallyの過去記事にもあったのでご紹介しておきますね。


この記事の中にある「Do as I do」ゲーム、出来たら楽しそうですよね。
私は時々ルビーのしぐさ(そっぽを向くとか寝転ぶとか)を逆模倣して遊んだりするんですけど、ルビーの頭の上に”!”が灯ったりウキウキ感が伝わってきたりして楽しいんですよね。

でもこの「Do as I do」、ゲームとして楽しむのもいいけれど、視点を日々の暮らしに移してみて、もしかしたら何気ない生活の中で犬達が飼い主である私達を模倣しているかも・・・と考えてみると・・・。

いつもバタバタ、ソワソワ落ち着かなかったり、彼らを大声で怒鳴ったり叩いたり蹴ったり、ものを投げたり、できないよね・・・と私は思います。

模倣学習って本当に侮れなくて、「ビジュアル図解心理学」(植木理恵著 )にはこんなことが書いてあります。

ビジュアル図解 心理学 -
ビジュアル図解 心理学 -

パンデューラは、幼児の前で大人がある人形に対して罵倒しながら暴力をふるうのを見せたあと、子供達だけで遊ばせて模倣的攻撃行動がどの程度起きるかを観察した。その結果、攻撃行動の回数が増えたのである。(p.86)

人間の言葉のわからない犬達にとって、私達の行動や様子、醸し出す空気や匂い音は重要な情報源だと思います。
言葉が分からないから、もしかしたら私が大きな声で怒鳴ったら、それは私が吠えている様に見えないかな?
家の中でいつもイライラして、夫にグチグチ小言を言っていたら彼女もピリピリイライラ落ち着けないかもしれない。^^;
私がルビーのリードをグイっと引っ張ってルビーが怖かったり痛かったりしたら、自分が攻撃されたと感じて、今度は彼女は何かの時に他のものをたやすく攻撃するようにならないだろうか。

一緒に暮らす伴侶動物としての彼らに、そんなことを教えたいと思っている人はいないのではないでしょうか。
犬達に穏やかに成長して欲しいと思ったら、穏やかな自分を示すのが彼らにとっては分かりやすいのかもしれません。そして更なるリラックスに導くためにユーモアも忘れずに。

ちなみに、ルビーが我が家に来た当初、色々と行動が迷走(リビング中に排泄したりとかあれとかこれとか色々^^;)していたのは、^^;私自身が不安そうにソワソワ落ち着かないで迷走していたからかもね。^^;
感情の伝播もあるかもしれないけれど、どちらだったかはわからない。どちらもだったかもしれない。
でもわかるのは、いずれにせよ私自身が落ち着くこと、そしていつも穏やかでいること。彼女がもし攻撃的な態度に出そうになったとしても、穏やかにでもしっかりとその行動を止める事。
そういう私である方が、ルビーは落ち着けたんだということは確かなことの様です。

いつでも
「私を真似してね」
って犬達の前で言えるように、日々精進なのであります。


posted by カエデ at 00:05| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月14日

「ルビーが不安を感じるとき」 ^^;


犬飼いさんだったら結構ご存知の方も多いと思いますが、テンプル・グランディンさんの「動物が幸せを感じるとき」を読み返しています。


テンプルさんのもう一つの著書「動物感覚」もオススメです。


牛や馬、犬や猫の目に、感覚に、世界がどんな風に写っているか、何が怖くて何が不安で、どんなことが落ち着くのかなどが書かれています。そういうことを知るのは自分と違う種の生きものと楽しく暮らす為のヒントになるし、新しい気づきもくれるし、ワクワクするんですよね。

私はこの本を始めて読んだ時、自分の子供のころを思い出しました。子供の脳って大脳新皮質がまだ十分発達していなくて、ある意味(人間以外の)動物に近いから、動物達に自分を重ねるのも無理もないと思ったし、自分の中に彼らと同じものがあるんだと思うと嬉しくて仕方ありませんでした。

「動物が幸せを感じるとき」の13ぺージ辺りから、アレチネズミの常同行動についての実験が紹介されています。

自然な環境下では穴やトンネルを掘って暮らしているアレチネズミを、土や砂のない研究室の檻の中で飼うと、”穴を掘る”ようなしぐさを常同的にする(常同行動)ようになる。この常同行動は、穴を掘りたいという生理的欲求のもとに行われるのか、それともそうではないのか。
そこで土の入った檻と、あらかじめ巣(穴)が出来上がっている檻を用意し、アレチネズミを入れました。
すると、、、

土の入った檻に入れたアレチネズミは土を掘って穴ができたら掘るのをやめ、
最初から土に巣が出来上がってる檻に入れたアレチネズミは、一匹も常同行動をしなかった。
という結果がでたのだそうです。

それを受けてテンプルさんがこう言っています。

この結果は穴を掘る動作の常同行動が、掘る欲求ではなく外敵から守られた場所に隠れる欲求から来ていることを物語っている。アレチネズミは、掘りたいのではなく、安全だと感じたいのだ。
(p.14)

これを読んで、私はルビーの留守番中の吠えに悩んでいた頃のことを思い出したのでした。

留守番中何時間でも吠え続けるルビーを見て、なんとかして吠えを止めなきゃ!って思ってました。
何はともあれとにかく”吠え”を止めないと、って。
でもそんな私はルビーの”吠え”にばかり注目していて、彼女の感情(どうして吠えているのか)というところまで考えてあげられていませんでした。

ルビーは吠えたくて吠えてたんじゃなくて、不安だったから吠えていた。つまり安心したいから吠えていた。
だったら、
「とにかくなんでもいいから吠えをとめなくちゃ」
じゃなくて、
「安心させてあげて」、その上で吠えなくならないと、根本的な問題解決にはならないのですよね。


なのにあの頃の私は叱ったりはぐらかそうとしたり、色々していましたね。^^;
ネットで色々調べると、コングにおやつを沢山詰めて置いていって上げましょう、と書いてあったりして試したけど、最初はコング見向きもせずに吠えてました。
不安でどうしょうもない時に「はいこれ食べて♪」って・・・。^^;
「いらんわーい!」ってなりますよね。^^;

「豚と人間の脳を解剖して、それぞれの脳の旧皮質を見くらべても、両者の違いがわかるのは専門家だけだろう。人間の脳は、豚の脳と比べると新皮質がはるかに大きいが基礎となる情動を司るのは新皮質ではなく、脳の旧皮質だ。
 人は精神的につらいとき、何とかしたいと思う - いやな気持ちを忘れていい気持ちになりたい。これは動物でも同じだ。」
(p.15 )

人間の情動と動物の情動を司る脳は似ている。
もし私が不安を感じていたら、優しいひとは「大丈夫だよ」って言ってくれるはずと思います。
ルビーもそれを求めていたんだろうなあ。

色々勉強してきた今、不安(から来る吠え)を叱るのは、コミュニケーションが成り立っていないだけでなく、ますます相手を不安にさせると思うし、
逆に諦めるまで吠えさせておくというのも、身体への負担や、学習性無気力になる可能性があることを考えると、どちらも”犬が安心する”ということとは程遠いんじゃないかなと思っています。

ルビーの場合、ケージでのお留守番を段々とフリーにしていったり、他の記事でも書きましたが、思う存分後追いさせてあげたり、【世の中には良いものが沢山!作戦】(とは呼んでいませんでしたが。^^;後日書きたいと思います。)などの様々な取り組みを並行して行う事で、お留守番中不安になるかもという私の不安^^;もなくなり、今ではきっと私の帰りを楽しみにしながら(大概眠りながら)待ってくれていると思っています。

160714_01.jpg


posted by カエデ at 22:52| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする