2019年04月17日

愛護つれづれ

愛護=愛し護る事。
だから、動物愛護=動物を愛し護ること。

動物が好きで護りたいと思ったら、彼ら自身が幸せであるかどうかが気にならない人はいないのではと思います。
すると必ず”動物福祉(アニマルウェルフェア)”という考えに行きつくのではないでしょうか。動物福祉とは、”動物の身体的、心理的な幸福の状態”(※1)のことを指します。
動物福祉を考える上でその基本的な枠組みを知る必要があると思いますが、その一つにブランベルの「5つの自由(5 freedom)」があります。
有名なので、動物愛護活動に携わる方だけでなくてもご存知の方も多いかもしれませんね。(ご存知ない方は調べてみてくださいね!)

この「5つの自由」を読んで、
「そうそうその通り。動物たちにはこれらのことを保障してあげたいのよ」
と思っても、実際自分が目の前の動物にそれを提供できているか?というところまで細かく考えてみる機会はあまりないのかもしれません。

171112_01.jpg

例えば「5つの自由(5 freedom)」の中の”自然な行動を発現する自由”(※2)を考えてみたとき、人間社会の中で暮らす伴侶動物たちは、人側の都合に合わせられすぎていないだろうか?と感じることがあります。
例えば犬だったら「排泄は家の中で済ませてお散歩ではさせないようにしましょう」というのは、”排泄の匂いからお互いの情報を得ている社会的な動物である犬”からしてみたらとても不自然なことであり、心理的な幸福が満たされるとは考えにくい気がします。(排泄は、してはいけないところではさせないようにすればOKではないでしょうか。もちろんウンチは持ち帰ります。)

また、家の中で叩かれたり叱られたりして追い詰められたり、突然ガシャ缶が鳴ったりしてビックリさせられたり、という暮らしには、”恐怖と苦悩からの自由”(※2)が保障されていると言えるのだろうか?などなど、細かく考えると色々と思い当たる節があったりします。

犬が犬らしい行動ができなかったり、恐怖にさらされたりすることは彼らの生きづらさに繋がり、その生きづらさは問題行動(とヒトが呼ぶもの。)に繋がるかもしれません。つまり、犬が犬らしい行動ができないことは、犬と人間双方にとっても暮らしづらさに繋がる可能性があるのではないでしょうか。

* * * * * * 

愛護の世界にいると”適正飼養”という言葉をよく耳にします。適正というからにはこの言葉の中にも(お互いの暮らしやすさに繋がるであろう)「動物福祉」の視点が盛り込まれるといいなあと感じていますし、この視点を実際の暮らしと照らし合わせで具体的に考え改善することが、彼らを愛し護りたいと思っている人にできることなのではないかなと感じています。


[※1『行動生物学辞典』p.387 を参考にしました。]
[※2、※3『行動生物学辞典』p.23を参考にしました。]



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

彩の国動物愛護推進員の委嘱式でした

こんばんは。
今日は彩の国動物愛護推進員の委嘱式でした。

190416_01.jpg
本文とは関係なしの、^^;赤塚公園のムラサキケマン♪

推進員の方の中には、保護活動やそのお手伝いをしている方、また猫のTNRやミルクボランティアとしてかかわっている方など、様々な活動を通して動物愛護に携わっている方が沢山いて頭が下がる思いです。


路頭に迷ってしまいそうな子がいたら一匹でも多く救いたい、だから犬を迎えるなら保護犬を。そう思ってルビーを引き取りましたが、私のもとに来た彼女は当初の私の接し方ではあまり幸せそうではなかった。それを見て
「これじゃあ救ったって言えないよね?」
そう思ったのでした。
だから犬ってどういう動物で、彼らの幸せのためには何が必要なのか?を一生懸命学んで、自分の行動を変えてきました。

実際幸せかどうか?は、犬に聞いてみないとわかりません。でも犬は言語を話してくれません。だからこそボディランゲージから彼らの気持ちを推測する必要があると思いますし、その為にも学びが必要なんですよね。

180410_01.jpg
これは去年のルビー♪シャガがきれいだったね。

そんな経験から、私は”救われた命(家庭に迎えられた命)が身体的にはもちろん精神的にも救われますように”と強く願うようになり、またその部分のサポートが出来る様になりたいと思うようになりました。愛護活動の中でも見落とされがちなことのようにずっと感じていますが、自分が犬や猫だったら^^;かなり重視してもらいたい部分だと思うのですよね。
またそこを考えるようになると犬(猫)との暮らし自体が(良い方向に)変わると感じていますので、動物のみならず人を支えることができるのではないかと、そんな風に思っています。



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

子犬はどこからやってきた

こんにちは。今日は午前中久しぶりの長電話。元気そうな友人の声を聞いてほっとしました。

今年ももう残すところ10日余り。クリスマスも近づいてきましたね。
クリスマス・・・全ての命にとって幸せな日でありますように。

181220_01.jpg
実家の玄関飾り。しかも去年の。^^;

子犬たちがこの時期の大切な時間を、ショーウィンドーで独りぼっちで過ごしたり、母犬の温もりや優しく接してくれる人間がいない場所で過ごしたりしていませんようにと願っています。

子犬の時期、どんなところでどんな風に過ごしたかということは、その後の犬生、そして私たち飼い主にも深く関わってくる問題だと思うので、本から少し引用しますね。


  たとえば子犬が人間社会と接触する時期と問題行動発生率との関係を調査したところ、8週齢までに人の家庭的な環境で飼育されなかった犬は、成長後に人を回避する行動をしたり見知らぬ人への攻撃性が高くなったりします。(「犬のココロをよむ」(p.10)
 このような小さい時期に人間社会との接点を持つことの重要性に加え、犬の母子の関係も重要になります。たとえば6週齢以前に子犬を親や兄弟犬から離してしまうと、その後その子犬はほかの動物やまわりの人との関係を良好に保つ、いわゆる社会化が阻害され、さらに体重が減少したり死亡率が高くなったりすることがわかってきました。(「犬のココロをよむ」(p.10))

また、こちらの本では子犬と一緒にいる母犬の健康状態の大切さについても触れています。↓


子犬の環境エンリッチメントのみならず、母犬のエンリッチメントも考えねば。まず母犬を気持ちよく過ごさせてあげないことには、母犬が子犬にゆったりと接することなど不可能だ。
(「ドッグトレーナーに必要な『子犬レッスン』テクニック」p.30)

このように、子犬が健全に育つためには、

・母犬・兄弟犬との関わりの重要性
・人への社会化
・母犬の健康状態も良好であること

これらの事がとても重要だということですね。
先日も、子犬を産むためだけに使用されている母犬の悲惨な写真を目にしましたが、それではいけない訳ですよね。母犬はもちろん、子犬にとっても人間(飼主)にとっても。

犬との楽しい暮らしを支えるものは、どこかに繋がる自分の行動だったりするのかもしれません。
目の前の犬を見つめるその視線が、どこかにいる母犬や他の犬達、そしてこれから生まれてくる犬たちにも注がれますようにと祈っています。

========[お知らせ]=====================
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 15:48| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする