2018年04月26日

「埼玉県動物指導センター見学会」のお誘い

こんにちは。
カラッと気持ちの良いお天気になりました。そんな気持ちの良い朝に、またもや首を痛めそうになって慌ててコルセットしましたよ。第6頸椎だかが変形してるんですよね。^^;下を向いている時間が長いのが良くないらしく、スマホを見すぎないようにと注意を受けました。でも読書の時も犬の散歩の時も下向く必要があるので困っちゃいますね。

180426_01.jpg
チニタはまだまだスリングの子です。^^;ヒーターもつけてます。

FBの方では昨日お知らせしましたが、「埼玉県動物指導センター見学会」を計画しました。(センターの事業内容の説明と施設見学。)

動物愛護センター(動物指導センター)。知ってはいても、なかなか一人では足を運べないという方もいらっしゃると思いますので、ぜひこの機会にいかがでしょうか。センターに収容されている動物達に関わって下さる職員の方々のお話しを実際に伺ってみませんか?

180426_02.jpg

センターに収容される犬猫たちの問題は、遠い世界の問題ではなく、とても身近なところから端を発していると感じています。
ご縁があって迎えた犬や猫たちを、どんな人も最期まで愛しみ育てる事が出来ますように。そのお手伝いができるよう私もがんばりたいです。
猫の人も犬の人もどうぞ。


---------------------------詳細&お申込み方法----------------------------

[場所] 埼玉県動物指導センター(本所) 熊谷市板井123

[日時] 5月31日(木) 10:30〜(1時間程度)

[集合]・車で直接お越しの方 ⇒ センターへ直接お越し下さい。
    ・電車でお越しの方 ⇒ 「JR熊谷駅」北口、交番の辺りに09:40集合。
     駅からタクシー相乗りしませんか。

[参加方法] 
 件名を≪埼玉県動物指導センター見学会申込み≫とし、
 当日連絡の取れる連絡先(携帯電話)とお名前を明記の上、
 菅山までメールでお申込み下さい。
      宛先は、ruby080721☆yahoo.co.jp です。
      (☆を@マークに変換してお送りください。)

-----------------------------------------------------------------------------

ではでは、ご参加お待ちしております。


 
応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 12:00| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

双方向のコミュニケーション

こんにちは。
あれれ、今日もこんな時間だ。^^;午前中はまたまた電話してました。

180111_01.jpg

ルビーは室内の猫草を使ってノーズワーク♪
最近コミュニケーショントレーニングという言葉をネットで見かけました。どんなものなのかなと思って読んで行くと、飼い主が犬に何かを伝えてそれをしてもらう、というスタイルのトレーニングの様でした。
そこでふと思ったんですよね。
それだけだとコミュニケーションが一方通行なのでは?と。
コミュニケーション・トレーニングというなら、私が彼らの言葉を受け取って応える、というのを練習したい!と思うのは私だけでしょうか。^^;

その部分が足りなくて犬との齟齬が生じていた自分の経験からしてもそう思います。
お散歩で匂い嗅ぎしちゃダメ、お散歩では常に飼い主の横にピタッとついて歩かなきゃダメ、トイレは家の中でしなきゃダメ、リードを引っ張っちゃダメ(本当は私が引っ張ってるのに^^;)とか、お手入れする時はジッとしてなきゃダメ(嫌じゃないようにする練習をしていないのに)、など、犬として当たり前の部分も全て無視した要求を、していないだろうか。

きっと彼らが伝えてくる内容は
「好き」とか「遊ぼう」とかポジティブなものだけじゃなく
「嫌だ」と伝えてくるものもあって。フリーズしたり口をペチャペチャしたりくじら目になったり、色んな表現があると思いますが、そういう時に
「あ、嫌なんだね」
って言って一旦止めてあげることができればそれが、犬や猫達にとって”通じた感”になって、その”通じた感”は”この人は信用できる”に繋がるんじゃないかな感じています。
人も自分のことを話してそれを聴いてもらえたらスッキリしますよね。きっと犬達もそうなんじゃないかな。
そしてそれはルビーのような大人し目の犬もそうなのだと、再び自分に言い聞かせている私なのでした。

さあ、止まった洗濯機から洗濯物だして干してこよう。^^
今日もあと半日、良い日をお過ごし下さい。





応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 11:50| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

より良いものを追い続けませんか

こんばんは。2日ほど間が空いてしまいました。このところ土日がバタバタしちゃうのですよね。^^;


犬育てとはなんの関係もなさそうなこちらの記事が私の中では繋がる不思議。(笑)

この記事を初めて読んだとき、このお話しに出てくるルースという人の姿を自分に重ねたんですよね。
自分がこの世を去る時どうありたいかなって。
日々の暮らしかた、在り方は最後の時に繋がっていますね。

170522_01.jpg
ルビ子、ベッドメイクしていてこうなりました。^^;

私の場合、日々の生活は犬や猫達と共にあるわけで。つまり彼らへの接し方・・自分以外への生きものへの在り方とも重なって。
誰にでも必ず来る最後の瞬間に、怒りで満ちたまま逝きたい人なんているはずないと思います。・・・が、実生活は厳しいもので、意識して良いものを取り入れないと日々そういうものにまみれて過ごしてしまいそうな現実がありますよね。

170522_02.jpg
チニタ、今年も水遊びの季節がやってきました♪

結局、根本的なことは自分の中にあるんだなって。だからまずは自分の心を育てるところから。そして自分を育てるのと同じように他の命も育てることが出来たらいいな。

”自分に優しくする”ということは”自分を甘やかす”のとは違って強い自分を育てることも含むから、弱さを脱皮する時少々辛いことがあるけれども、でもそういうことの繰り返しが最後まで繋がってるんだなって思います。
”結果”は”途中”と繋がっているけど、途中で出る結果なんてものはなくて、最後にしかわからない。
その最後の時に見える世界は途中をどう過ごしてきたかによるのですよね。

要は、気づいては修正し、また気づいては修正し、が日々を作っている、みたいな。^^;

170522_03.jpg


結局は自分がその内側に持っているものしか見えないのだから・・だから人生かけてより良いものを追い続ける人がいるんだろうなって思います。

犬や猫と暮らしているみなさん、一緒に追いかけませんか?より良い生き方を。





応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 19:20| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする