2016年09月30日

ワンコさんと目くばせ♪

とっても涼しい一日でした。ルビーも明るい時間帯に外を歩ける。嬉しいな。

160930_01.jpg

近所のトリミングショップ。ワンコさん達はトリミングが終わると飼い主さんを待ってる間フリーになってるみたいで、ショップ内で小型犬さんがわちゃわちゃ遊んでいます。

そのお店のウィンドー越しに、ふいにワンコさんと目が合う事があるんですけど、私がまばたきするよりずっとはやく、猫みたいに目をほっそりさせてくれるワンコさんがいます。
私も伏し目がちにまばたきしてそのまま進行方向を向いて歩き去るんですけど、
「私、礼儀正しい犬らしく振舞えたかな?」
ってちょっと心が弾みます。

こんな静かなコミュニケーションを楽しめるなんて、犬を迎えた当初は全然知らなかった。

かわいい犬、かっこいい犬達にこっちを見て欲しい、触らせてほしい、抱っこさせて欲しい・・・それが出来ればなんとなく仲良くなった気がするかもしれないけれど、でももっと違うコミュニケーション方法が犬にはありますね。
それらはあまりにも人間のものと違うから最初はとても戸惑うけれど、でも逆に言うと、人間社会で人間のやり方で接せられている犬達も戸惑いや混沌の中にいるかもしれません。

前にもご紹介したことがあるトゥーリッドルーガスさんの本。
カーミングシグナル by.トゥーリッド・ルーガス (ads犬の本) -
カーミングシグナル by.トゥーリッド・ルーガス (ads犬の本) -

犬と暮らす人は、彼らと同じ言葉(人間の言葉=言語という意味じゃありません。)が使えたらきっと嬉しいって思うはず。彼らの気持ちを汲むことができるから。
犬に何かをして欲しい、させて欲しいという願いがかなうより、彼らが嫌がってるのか喜んでるのかがわかったり、彼らの言葉でまったりと語り合うことができる。そのことが私たちの心をポカポカと温めてくれることってあると思います。

posted by カエデ at 21:57| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

吠えちゃうんだけど〜

動物愛護推進員をやっていると、色んなタイプのワンコさんのお話しを耳にするようになるのですが、やっぱり一番多いお悩みは「吠え」です。

160603_01.jpg

我が家の場合、ルビーはお留守番中の長時間の吠えと、一時期はピンポンに向かって吠えるというのがありました。

ピンポン吠えはお知らせの吠えだったので、吠えた時(お知らせしてくれた時)に慌てずに(慌てると興奮したり警戒したりしてしまうかもなので)
「ありがとうわかったよ」
と落ち着いて伝えて、お互い納得して終了、という感じで対処してきました。

お留守番中の吠えは不安感からの吠えだと思われるので、今だったらまずは”私が”不安そうな顔をせずに日々を過ごし、好きなだけ後を追わせてホッとできる瞬間を沢山作ってあげて、安心感を与え続ける方向で取り組むと思います。それと並行して、罰を与えずいつも安定した穏やかな自分をルビーに見せられる様努力する、という感じで。

ルビーを迎えた頃の私はこれができない未熟者でしたのでこういう言い回し↑になります。^^;
ルビーを迎えて猫との違いにビックリして、^^;吠える彼女を叱ってみたり無視してみたり、色々やらかしてきた私としては、
犬を迎えるのが初めてなのに、吠えてる我が子(犬)を躊躇なく抱き寄せて吠えを止めさせようと出来る人を本当に尊敬します。

吠えに関して経験値の低い私なので、吠え関係で参考になりそうな記事をリンクさせて頂きました。m(__)m お悩みの方に届くといいなあ。。。



犬達はみんなそれぞれ違くって、しかも私たちが想像してもみない世界に住んでいて、私たちが想像もしないような理解の仕方をしているのかもしれませんね。
でもだからこそ、犬と生活すると世界が広がるな〜と思います。そして私はまだまだ見えていない世界がいっぱい。( ̄∇ ̄)見えるようになるのを楽しみに、日々精進なのであります。
posted by カエデ at 19:35| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

犬との生活、見えにくいもの

160525_01.jpg
新緑がまぶしい季節です♪

犬という動物をもっとちゃんと理解したくて、ルビーを迎えて2年ほど立った頃から参加させて頂いたお散歩トレーニング。
”ただみんなでお散歩してるだけ、何をやっているかわからない。どんな風にその場にいるべきなのかわからない。”
と、参加したての頃は思っていました。
”お散歩しているだけ”はある意味その通りでもあって、でもそのお散歩の中に様々な要素が隠されていることが、私には見えていなかっただけでした。




犬達は、私たちが見ようとしなければ見えない言葉でしゃべっているし、私たちが見えないと思っているもの(匂いや表情や音)から様々な事を感じとって判断しているのですよね。

●古典的条件づけの場としての散トレ。(手前ミソですが。^^;)
「何よりもまず犬に受け入れられる存在に〜秋ヶ瀬公園お散歩トレーニング-31回目-」

私は、人間にもともと見えていることや見えやすいところばかりを見て、他のものは”見えない”で終わらせる人間でいたくなかったです。
なぜなら、見えるようになった方がずっとずっと犬との生活が楽しく魅力あふれるものになるだろうことがわかっていたから。
そしてそれは犬達の福祉にも関わることで、だから彼らにとっても喜ばしい事であろうことが心の奥ではわかっていたから。

●お散歩トレーニングでお世話になった夏目先生の記事をリンクさせて頂きます。

今は見えなくても学べば見えてくるようになるものがまだまだ沢山あって、それは今よりも充実した犬との生活を約束してくれる。
だから私はまだ見えていないものを見たいから、ずっと勉強しつづけたいと思います。


posted by カエデ at 17:38| Comment(2) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする