2018年08月25日

問題行動と傷ついた心(脳)の問題


こんばんは。(またもや寝落ちしましたが、書き出しだ日付で投稿します。すみません!^^;)
今日も暑い1日でした。場所によってはお祭りがあったようで、楽しい土曜日になった方も多いのではないでしょうか。

160818_01.jpg
2016年の8月の写真です。

今「子どもの脳を傷つける親たち」という本を読み終わって、昨日のTED動画に通じるものを感じたので、メモ的に記事にしておこうと思います。

この手の本は、トラウマを抱えている人は読むのにちょっとした決心が必要だったりするかもしれませんが・・。
この本によると、児童虐待防止法第二条では、虐待を以下の四つに分けて定義しているそうです。
身体的虐待/性的虐待/ネグレクト(育児放棄)/心理的虐待。

そして”虐待”のように、強者である大人から弱者である子供への不適切な関わり方を、"マルトリートメント"という言葉で表現しています。(言葉の成り立ちについて知りたい方は調べてみて下さいね。)

そして、なんと子どもの脳は、マルトリートメントを受けることで変形してしまうのだそうです。
とりわけ、子どもがもっとも頼りとしている身近な存在( 親や養育者)から、このような過度なストレスを受け続けると、その苦しみを回避するかのように、脳が変形していくのだとか。

そして、脳の変形はトラウマや愛着障害を引き起こし、問題行動の原因にもなり、健全な社会生活を営むことを阻害してしまうのだそうです。

ただ、救いは脳には回復する力がある、ということ。薬物療法と心理療法の併用で、回復が見込めるとのこと。
その中でも、
「あなたは悪くない。私はあなたのことをとても大切に思っている。あなたの話を丁寧に聞きたい」
というメッセージを送り続けること、そしてその子が側にいる人を安心できる人と思うこと、自分が安全なんだと思えることがとても大事なのだそう。きのうのTEDの動画の最後の方でJohan Hariさんが言ってる
「君は一人じゃないよ、愛されているんだよ」
というメッセージと被ります。

このメッセージを送り続けることで、いつか子供が自分の体験を話すことができるようになり、そしてそれを否定されず受け止められることで、自己肯定感など本当は当たり前に持っているはずの感覚も取り戻すことができるのだとか。これは、"自信を取り戻す"とも言えるんじゃないかなと思っています。

160828_01.jpg

こんな感じで、昨日のTEDをみても、また今回の脳科学的な視点からみても、やはり命の健全な発達に必要なのものは、他者と温かい繋がりを持つことなんだなと思いました。

犬だって、私達と同じ社会的動物で、この本の中でマルトリートメントによって変形がみられる古い脳と(小さいけれど)前頭葉を持っており、認知科学の世界ではサルよりも人間ぽいところがあると言われているくらいですので、同じような対応が必要なのではないかなと思ったりします。まして、考えられないほど早期に親犬から放され、寂しい想いをしているはずの子犬には、罰や叱りや無視ではなく、"優しさをもって繋がる"または"与える"という姿勢で接することが大切なのではないかなと思いました。

そう考えると、
まずはその子のすべてを受け入れ、何もしなくても、または何をしていても”おりこうさんだね(大好きだよ)”を犬にわかりやすい形で(犬が好きなものを使って)伝え続け、犬の好きなもの安心できるものを沢山つくる”名前を呼んでおやつ”(ポジティブな古典的条件づけ)の取り組みは、まさにこの部分の取り組みをしているのだと、実感します。


さて、明日は午前中からバタバタする予定。また寝落ちしないように気をつけなければ。
みなさんも楽しい日曜日をお送りくださいね。


***座学のお誘い*********************
お散歩トレーニングに興味のある方、ぜひ参加してみませんか?↓
2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45
******************************


応援よろしくお願いします♪



posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 読みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

トレーニングの本ではないけれど

こんばんは。
毎年お盆が明けると一気に秋らしくなるなあと思っていましたが、今日ほど前日と落差のある秋を感じたことはあまりないなあ。^^;お盆に入る少し前から秋らしさを感じた人は少なくなさそうですけど、今日は特別ですよね。

ただ、暑さのぶり返しがあるとの予報なので、まだまだ気を抜けないなと感じます。夏の疲れも、涼しくなったころにどっと出たりしますもんね。みなさんも、ワンコニャンコも引き続きお気を付けくださいね。

180817_01.JPG
先日早朝の公園で撮った写真です。とっても涼しげだったので♪

犬との生活の困りごとを解決したくて調べているうちに、彼らの世界が思ってもみないほど豊かなものだと気づいた。気づくと、人間には出来ないようなこと(=体罰や脅しなど)を彼らにするっていうのはどうなんだろう?と疑問に思うようになる・・・。

そんな流れに誰もが乗れるような情報ばかりだったら迷う飼い主さんも減ると思うのに。


自身を”犬派の人間だ”と表現するアレクサンドラ・ホロウィッツ博士は、動物行動学、比較認知科学、心理学を教えている科学者です。科学者の目から見た犬という生きものについて書かれたこの本は、犬好きな人ならきっと響くのではないかなあ。

ホロウィッツ博士は、”この本は犬のトレーニングの本ではないけれど、読んでいるうちに自分の犬を訓練(と翻訳してあります)できるようになるかもしれない”というようなことを言っています。

”トレーニングの仕方は書いてないけれど、読んでるうちにできるようになるかも”、ということは、犬という動物について知るべきことが書いてあるのだと・・・思いませんか?

「犬ってね」という基礎的な部分を魅力たっぷりに語ってくれる科学的な書物は、それを読んだ私達飼い主の行動に影響を与え、犬と私達の暮らしを(もちろん良い方向へ)変えてくれると思います。そういうものを摂取すれば、^^;自分でも知らないうちに行動が変わり、犬と仲良く暮らせるようになると思うのです。(現状は、知らないうちに犬をいじめようになる情報が多く、そこから問題に発展している場合が多いですよね。)

なかなか難しい犬の世界ですが、心ある科学者の方達の本や言葉を借りたり、私がいいなと思った(命を大切に扱う)トレーニングをご紹介したりして、犬と飼い主さんがもっと楽しく穏やかに暮らせるような発信を目指したい!そう思っています。





応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 19:35| Comment(0) | 読みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

助けた命をもっと輝かせるために

こんにちは。
今日はなぜか近所の盆栽展を見に行ったりして、ジオラマみたいな世界を堪能してきました。
ヤマアジサイがかわいかったな。前から欲しかったのですが、またふつふつとヤマアジサイ熱が過熱してきそうです。

* * * * * * * * * * * * *

ちょっと前にこちらの本を買いました。

180603_01.jpg

「野良猫の拾い方」って、斬新なタイトルだなあと思いませんか?
私が子供の頃は都内の住宅街にも野良猫が本当に沢山いて、いろんな家で可愛がられていろんな名前のついている猫が何匹もいて、^^;うちで飼っていた猫達もそんな野良猫達が我が家に餌をもらいに来るようになったり、近所で拾われたのをもらったりして飼う事になった猫達でした。

でもその他にもうちの庭に居つきそうになったり、近所の公園に捨てられたりした猫達は沢山いて、その猫にこっそり会いに行くたびによく叱られたものです。
子どもだった私には、ご飯を運ぶ以外にそういう猫達に何をしてあげられるのかわからなかったのですね。
あのころこの本があったらなあ。もしあったら、自力で何かできたかもしれないし、親に説明して説得することもできたかもしれないと、そんなことを思った一冊でした。
本は現実に自分がいるところ以外にも世界があるということを教えてくれるのだと大人になってから知りました。(遅い。^^;)もっと本を読めば良かったなあ。
そうすればあの頃でもきっと
「命を助けたいと思う気持ちはあっていいものなんだ」
ということを知れたのに・・・。

こちらの本では猫を拾う時に気づかいたいことや、拾った後の猫のケアや里親探しに関することまで様々なアドバイスが載っていて、とっても重宝すると思います。

そしてきっと誰もが考える猫たちにとっての”幸せ”。これについてもチラっと触れています。

彼らの生活の質の向上について考える時、私達人間側の接し方も重要なポイントになりますよね。
ということで、せっかく助けた命を生き生きと輝かせるためにも、こちらのセミナーをお勧めします。


動物の行動コンサルタントの青木愛弓先生が、わかりやすくお話しして下さいます。
猫を飼ったあと、より豊かな彼らとの暮らしのために。
まだまだご参加お待ちしております♪



応援よろしくお願いします♪ 
posted by カエデ at 18:32| Comment(0) | 読みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。