2018年02月08日

犬から学んだ私たちの祖先

こんばんは。
今日も公園散歩行ってきました、1時間半くらい外にいたかな。日向は暖かくて眠気に襲われそうでした。^^;

その後スタバに行き、こちらの本を読み返していました。

180208_01.jpg

様々な実験や研究の紹介をしつつ、イヌについての科学的な見解を示している本ですが、この中に犬と人の特別な関係についての考察が載っています。

犬が他の動物とどんなところが違うのかという一例としてよく取り上げられるのが、人間の”指差し”という行動についての彼らの反応です。
犬の祖先と言われているオオカミや、ヒトに近いと言われているチンパンジーは、この人の”指差し”の先にあるものを確認する(そちらの方を見る)ということはできないけれども、犬はそれが出来る。ということが書いてあります。
(※ちなみに我が家の猫(*ΦωΦ)は、指を差すとその指にスリスリします。^^;)

180208_02.jpg
なんとなくチニタの写真をどうぞ。^^;

近年の比較認知科学の研究から、犬のコミュニケーション能力は人ととても似ているということがわかってきているそうです。
どうして似ているのかということの推察として、犬と共生してきた現代人(ホモサピエンス)は生き残りこんにちまで生きながらえたが、犬と共に生活しなかったネアンデルタール人は2万年前に絶滅した。現代人は長い間犬と共に生きてきたので『収斂進化』が起きたのではないか?
という考察がされています。
収斂進化とは簡単に言うと、同じようなニッチで生きる動物は似てきますよ、という感じでしょうか。だから”指差し”に対して犬はヒトと同じような反応をみせますよ、ということですかね。

さらに、私にとって印象深かったのは下記の文章です。現代人がどのように生き延びてきたかという部分で、2012年に発表された論文によると・・・

社会性の発達に関しては、それほど多くはまだ考察されていませんが、現代人が攻撃性を抑え、交友的な気質を獲得したがゆえに、共同社会を形成でき、協力関係のもとに生き延びてきたのではないかという仮説をだしています。”
(p.112) 

これを受けてペンシルバニア大学のシップマン博士は『現代人が生き延びる為のその陰の立役者が犬だったのではないか』と考察していると。古代の人間の狩猟の友、そして命を守る見張り役としてヒトと共生してきたのではないか、と。

2006年初版の「動物感覚」(テンプル・グランディン)にも同様の考察が書かれており、さらにこうあります。
文化進化はすべて協力を土台とし、人類はかかわりのない人と協力する方法を犬から学んだ。(p.400)

* * * * * * * * * * * * * *

犬と共に暮らすことでお互いが助け合い、協力することを学んだかもしれない私たちの祖先・・・。
共生。
収斂進化。
協調性。
・・・現代の私たちはどうだろう?攻撃性を抑えて、犬から協力することを学び、共同社会を作り上げてきたからこそ生き延びてきたはずの私たちは?
太古の昔から生き延びる方法を私たち人間に教えてくれたかもしれない犬達は、争いを未然に防ぐことば(=ボディランゲージ)がとても上手です。これからの人間も、彼らをお手本に進化していった方がいいのではないだろうかとふと思った夕暮れでした。



応援よろしくお願いします♪


posted by カエデ at 18:51| Comment(0) | 読みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月30日

犬と暮らすということ

おはようございます。
昨日はちょっと都会へ外出してました。電車のお供はこちら。


犬ずきのひとこの指とまれ (ムツゴロウの図書館) -
犬ずきのひとこの指とまれ (ムツゴロウの図書館) -


こんなハードカバーのしかも子供向けの本を電車の中で読むの?!

って、読みますよ。平気で読みます。^^;


ムツゴロウ先生の1990年発行のこちらの本。子供向けの本ですが、大人が読んでもおもしろいな、なるほどなと思う本だと思います。そして心がとっても暖かくなる本。
字も大きいので小さい文字が読みにくくなってらきた大人(それは私。(^-^;)にも読みやすい本です。

「犬は人が大好きだ。人間といたいし、人間とくらしたいんだ。人間の広い心の中にすみたがっている。
…(中略)…
家の広さじゃないよ。心の広さがいるんだよ」(p.27より引用。)


心って・・・じゃあどんな心が必要なんだろう。


犬と仲良く暮らすためのヒントがこの本の中にちりばめられていると思います。
ご興味のある方はぜひ、"あとがきにかえて"まで読んでみてくださいね。


171230_01.jpg
本日の日向ぼっこ。まだ日向が届いてないけど。^^;


さあ2017年もあと一日。私は今日も都会へ出ねば。みなさんも良い一日をお過ごしください!




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 10:54| Comment(0) | 読みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

虫が見ている

澤口たまみさんの著書、「虫のつぶやき聞こえたよ」。
私が20代の頃に読んだ本です。周りに虫が好きって人(特に女友達)が姉くらいしかいなくて寂しい思いをしていたところ、本屋さんでこの本を見つけて喜び勇んで購入しました。虫の事、自然の事、それらを想う気持ちが溢れていて読みながらジ〜ンとしてくる本です。あまり本を読まなかった私が一気に読みました。今読み返すと、科学の視点も持ちながら温かく命を見守る姿勢が、もろ(!)私好みの一冊だったんだなと納得してしまいます。度重なる引っ越しの際にもずっとお供してついてきてもらって本当に良かった。


アマゾンの写真、私が持っているのとは違う装丁ですが、久しぶりに開いたこの本の中に、澤口さんのご友人のお話しがでてきます。とても自由でのびやかに生きているその方の話しから、三尺の虫(さんしのむし)の話しになっていくのですが、みなさんは三尺の虫ってご存知ですか?

60日に一度めぐってくる庚申(こうしん)の日に眠ると、この三尸が人間の体から抜け出し天帝にその宿主の罪悪を告げ、その人間の寿命を縮めると言い伝えられ、そこから、庚申の夜は眠らずに過ごすという風習が行われた。

よく「お天道様が見ている」っていいますよね。
誰が見ていなくても神様は見ているよ、というような意味になるのかな。

この本で「三尺の虫」のお話しを知った時、私にはお天道様以外にも見ている人(虫だけど。^^;)がいるんだな^^;って思ったのでした。そしてそれが虫(と呼ばれるいきもの)であることが嬉しかった。(笑)
でも結局は見ているのは自分なんですよね。自分の良心の声をきけ・・・と。

犬の勉強をしているとどうしてもそれと繋げて考えてしまうのですが、巷にあふれる犬を脅したり体罰を与えたりするトレーニング。その方法を取ろうと思った時、あなたの中の大切なものが別の良い道を示してくれますようにと願っています。

161108_01.jpg

こちらの本の「虫の声」という章の最後の文章を引用させて頂きます。

そして、冒頭に紹介した女性のアドバイスにならえば、悔いのない生き方とは、
「心の中の『虫』に対して素直に生きる」
ということなのかもしれない。
今、私の中の虫たちはしきりに、
「自然の中へ帰ろうよ」
とつぶやいている。 (p.105〜p.106)

三尺の虫。私の中の虫。
「自然の中へ帰ろうよ」
とつぶやいている虫達。
私にとっては犬もそう、それに猫も。

大好きなもの達を悲しませるような生き方は自分のことも悲しくさせるのだから、そうじゃない生き方を求めたいな・・・って、改めて思ったのでした。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 14:45| Comment(0) | 読みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。