2018年10月16日

嫌になりそうなことを嫌じゃない様に

こんにちは。朝はお日様照っていましたが、だんだん雲が立ち込めてきた埼玉です。

ルビーのお散歩、公園までの道のりは歩いたり、スリングやカートに乗ったりしながら色んな手段で手助けしつつ歩いています。時々車でも公園行ったりして、嫌じゃない色んな刺激にできるだけ触れさせてあげたいな。それでもやっぱり自分で歩くのが好きな彼女なので、それは大切にしてあげたいです。

この夏あたりから目やにが沢山出るようになって、毎日目の周りを拭いてあげるようになりました。
でも汚れているからとギュウギュウやってしまうと痛いと思うので、汚れをふやかして取れやすくしてから「いい子だね〜♪」って言いながらふき取ってあげる、という感じでお世話しています。

181016_01.jpg
車で移動中。

日々犬や猫のお世話をしていたら、
「彼らが嫌がることだってしなくちゃならないじゃない?」
と思いがちかもしれません。

でも、”犬や猫が嫌じゃないようにできるようにする”ことができるのですよね、こちらの工夫で。
目薬をさすのも、爪を切るのも、大好きなものとセットにして嫌じゃない小さな刺激から始めて・・・。

でも、犬や猫が体に触れられるのが嫌だったらできないから、まずは彼らの方から触れてもらえるような存在になる。
その第一歩が”名前を呼んでおやつ”
名前を呼びながらおやつ(犬が好きなもの)をあげます。(投げてあげてもOK。)名前や、名前を呼ぶ飼い主さん、またその時周りにあるものが良い印象のものになっていくはずと思います。
この人からはいつも良いものが出てくる!という、色んなものを良い印象にする、ポジティブな条件づけの作業。

そんな風にして、基本、犬が嫌だということをせず、ただで物をあげ、^^;最初はただただ彼らの方からこちらに触れたいと思ってくれるのを待つ、というスタンスで接することがとっても大切。
すると、”犬にとって嫌なことをしない人”が抱っこをするから、抱っこが嫌じゃないものになる、のですよね。

嫌がってる犬を無理に抱っこして抱っこに慣らそうとする、というのとは全く違うアプローチだと思います。(この方法だと、慣れるというより我慢する、になってしまいますもんね。)
犬が我慢することで成り立つ暮らしではなく、犬も人間も好きなもの、好きなことに満ちあふれた暮らしを送れたらいいですね♪


==========================================
■11月8日(木)「つくばお散歩トレーニング」
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
==========================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 13:56| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

犬(猫)たちとのお約束

こんにちは。
日差しが強めだけれどカラッと気持ちの良いお天気になりました。秋らしくなってきて、私もそろそろ夜型生活を改めなければ。^^;

171006_01.jpg
去年の今頃。公園散歩してたんだね。

> 飼い主から出てくるものが、犬や猫たちにとって良いものだと約束しておくこと。
昨日の記事からの引用です。

約束ってどうやるのかな?

これって実は、いつも書いている”名前を呼んでおやつ”(ポジティブな古典的条件づけ)で作れるのですよね。

”名前を呼んでおやつ”は、犬(猫)に行動を求めず、
”名前”と”おやつ”をほぼ同時に与える、という作業ですが、

犬(猫)側の感情面で何がおきているかというと、
”名前”が”おやつ”と同じように良い印象のものになる(好きになる)、
ということが起きているはずと思います。

こんな風に、”犬(猫)がもともと好きなもの”と”何か”を対(つい)にすることで、彼らにとって好きなものが沢山作れます。

だから、普段から

”飼い主さん”と”ごはん(食べもの)”
”飼い主さん”と”優しい笑顔”
”遊ぼうか!という声かけ”と”犬が喜ぶ遊び”
”お散歩行く?”と”楽しいお散歩”

などなど、犬(猫)にとっての嬉しいものと自分(飼い主)や対になるよう意識しながら暮らすことで、
”飼い主”= ”良いもの”
という約束ができるのだと思います。

161104_01.jpg

でも、逆に罰や人間仕様の叱りのような、犬や猫にとって”嫌なもの”と自分(飼い主さん)がいつも対になっていると、嫌いにならないまでも、飼い主である私たちを警戒するようになってしまうかもしれません。(ルビーの場合はあきらめのような、そんなものを感じた時期がありました。)

こんな風に、普段から彼らに優しく接する(彼らから見て優しい飼い主である)ことで、
”飼い主(からでてくるもの)=良いものだ”という約束ができるんですよね。

そうしたら、何かザワザワする時も、私たちの声や介入は、彼らから
”良いものを期待する気持ち”
を引き出し、
気になるものから気をそらしてあげることができるんじゃないかなと思います。
これって、一緒に暮らす犬にとっても私達飼い主にとっても、お互いに幸せなことだと思いませんか?

* * * * *

関係がこじれてしまってからの取り組みは、手ごたえを感じられるまで時間がかかるかもしれませんが、でもこの取り組みを続けること自体に大きな意味があり、またその過程で彼らに対する
「何があっても手放したくない」
という気持ちがきっと育つと信じています。

何かができる、できないじゃなく、一緒に暮らしている、そのこと自体が嬉しい、楽しい。そんな風に思えるしつけやトレーニングが皆さんのとなりにありますように。取り組み続ける飼い主さんを全力で応援したいです。



=======
■10月18日(木)に道満グリーンパークでお散歩トレーニング開催予定です。詳細はこちらへ。↓
上記フェイスブックイベントページをお読みの上ご参加ください。お申込みお待ちしております!
=======

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 15:35| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

外でオヤツを食べられますか?

こんばんは。昼過ぎから雨が降り出して、髪の毛大爆発しています。
今日はルビーとお散歩に行けなかったな。残念。でもベランダには出ましたよ♪

昨日書いた”犬の大好きなものを携えて”というのの”大好きなもの”は、だいたいは食べもののことです。食べものは犬にとって無条件に好きなものと言われています。生きるために必要なものだから当然といえば当然ですよね。

でも、家の中で当たり前に食べられるごはんも、外では食べられない、という犬もいます。緊張しちゃって喉を通らない、みたいな。人間も同じようなことありますよね。

そう考えると”食べられる”って素晴らしい。”リラックスしている”ということですもん!

121004_09.jpg
2012年。散トレにはサーモンと鶏の胸肉の焼いたのを持って行っていましたが・・・

121004_08.jpg
しっとり系のオヤツの方が喉を通りやすいとのことで、茹でただけのお肉なども持っていくようになりました。
これは先生から頂いたオヤツ♪
クリームチーズの様に、舐める系も緊張したワンコには良いですよ♪

例えばお散歩中に何かに出会ったとき、
リラックスしていれば何が危険で何が危険じゃないかを判断できるから落ち着けるし、落ち着けると犬語で会話できるし、すると(犬語は争いを避けることばと言われているので)ますます穏やかな対応ができると思います。
これってつまり、社会化されているということではないかな?と思っています。

だから食べものを食べられるって、本当はすごいこと。

そう思うと食べてるワンコを

「すごいね」
「かっこいいね!」

って褒めてあげるのも自然なことに思えます。

しかも食べることを褒めていると、その褒めことばや、褒めてる私達自身も犬にとって良いものになるんですよね。
犬にとって先天的に好きな”食べもの”の印象が”ことば”にくっついて、その”ことば”自体が良いものになったりします。(古典的条件づけといいます。)

同じような手続きで、犬の好きなものを沢山作ってあげることができます。

犬が好きなものを沢山作ると何が良いかというと、何かの時に気をそらせたり紛らわせたり、大した事ないって思ってもらう手助けになるからです。一番良いのは、飼い主である私自身がそういう存在になるということ。だから私もせっせとルビーやチニタに良いもの沢山提供する取り組みをしています。

犬が好きなものを沢山作るトレーニングは、彼らに沢山の喜びや生きやすさを与え、犬と何かをする時にも彼らの自信や落ち着きを引き出すから、それがお互いの暮らしやすさに繋がっていくんじゃないかなと思っています。


* * * * * * <<<座学のお誘い>>> * * * * * * * 
犬との暮らしに悩みの方、お散歩トレーニングに興味のある方、
ぜひ参加してみませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
            
   2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45
******************************


↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする