2018年04月12日

天然のsnufflemat

こんばんは。
今日は暖かな・・・というか暑い一日でしたね。それでも部屋の中は温まりきらず、チニタはヒーターが必要だと言ってました。
今日はバタバタする筈じゃなかったんですけどバタバタで終っちゃいました。^^;それでもルビーと公園へ行ってきましたよ。

180412_01.jpg
戸外でノーズワーク♪天然のsnufflematは、色んな匂いがするでしょう?

ノーズワーク・・・匂い嗅ぎ。犬の犬らしさを喜ばしく思えるということは、犬だけのことでは終わらないんですよね。
犬を迎えたことで、他者を理解したいという気持ちが生まれ、それは他者として自分を見る術を教えてくれ、そのお蔭で自分にも優しくなれるということも知りました。
小さい頃小食で、毎朝6枚切りのパン一枚食べるのが大変だったわたし。
だから今でも朝ご飯を食べられたらもうそれだけで「私ってえらい」ですよ。^^;
今はおなかすいて朝目覚めることの方が多いけど、それでも”私ってすごい”です。
むしろ苦手が多かったこの世界をここまで生き抜いてきたんだから、息してるだけで偉い。^^;;;

犬たちだって、今当り前にできていることが本当はすごいことなんだって、彼らのことを勉強したり、犬が年取ってきたりすると嫌というほどわかってしまいます。

今当り前にできていることに
「すごいね!」
って喜んで声をかけてあげられることは嬉しいこと。そしてきっとその”すごいね!”は、彼らにとっての自信になるのではないかなあ。




**** <「犬とまんまる」お散歩トレーニングのお知らせ> ****
 4/19(木)10:00〜(2時間程度)

上記リンク先のFBページをお読みいただきご参加下さい。
お申込みお待ちしています♪

*******************************


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 21:46| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

色んな能力がありますね。^^;

こんばんは。
庭の花達がとっても綺麗に咲いています。

180401_01.jpg
アジュガの上のチニタ♪


昨日シェアした内田樹先生の記事。

色々腑に落ちる部分があってワクワクしながら読みました。

”解釈を手控えて宙吊りにできる能力”という部分。ああ私、ルビーを迎えてCDSで学びながら、”名前を呼んでおやつ”を”宙吊りにしたまま”の状態だったときあるなあと思いました。

宙吊りにしたまま、でもそれを自分なりにやってみつつ、そしてそれ以外つまり犬以外のことも(こちらも宙吊りにしたままのことが今でも多いですが^^;)学びながら先代猫フーラを天国に送り出すにいたり、そこでやっと”名前を呼んでおやつ”の素晴らしさに(自分なりに)気づいたな、というのを想います。

180401_02.jpg
シャガは日陰の方が似合うと思うのは私だけでしょうか。

”名前を呼んでおやつ”という取り組みは、自分の犬や猫にとって名前を良いものにする、ということ以上に、名前を呼ぶ自分が彼らにとって最高の存在になる、という意味を持っていたり、また、そうあることで犬や猫達の支えになり、それがさらには自分自身(飼い主)の勇気にもつながるということ。

優しく名前を呼べば、苦しくても嬉しい気持ちが湧き上がってきたり、
触れられれば、痛くてもホッとして気持ちが楽になる。

いつだったか、ダンサーの方が事故にあって病院に運ばれた時、信頼する父親が面会にきて言葉を掛けてくれている間痛みを忘れていた、というようなドキュメンタリーを見た事があったのですが、ああ、これを犬猫達にやってあげられるんだなと、とても勇気づけられたのを思い出します。
彼らが苦しい時にも飼い主としてしてあげられることがあるということは喜び以外の何ものでもありません。

それに気づいたのは取り組みを始めてからかなり時間が経ってから。内田先生のことばで言えば、”自分のしてきた稽古の意味は事後的にしかわからない”ってやつだったんだなと。

犬や猫との関係。自分が変わればすぐに変えることができるのだと思うんですけど、でもきっと、時間がかかるのは”自分が変わる”という部分なんだろうなって思います。でも急いで近道をしようとしたら拾えなかったものが、時間をかけて歩いた様々な道のりには落ちていることもあるんじゃないかな、なんて思います。




**** <「犬とまんまる」お散歩トレーニングのお知らせ> ****

 4/11(水)道満グリーンパーク 10:00〜(2時間程度)

「つくばお散歩トレーニング」
 4/19(木)10:00〜(2時間程度)

上記リンク先のFBページをお読みいただきご参加下さい。
お申込みお待ちしています♪

*******************************


応援よろしくお願いします♪

posted by カエデ at 23:11| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月29日

目的はリラックス

こんにちは。
今日も暖かな埼玉です。

ルビーは昼間ずっと寝ています。お昼頃起きてきて「遊ぼう」と誘うのも、最近はかなり減ってきました。でも、お鼻を使う遊びをさっきちょろっとしましたよ♪日も大分傾いてきたのでそろそろお散歩に出ようかな。

犬や猫との暮らし。困ったことが起きるとついそこに集中してその時ばかり構ったりしてしまいがちですが、彼らが何もせずりラックスしている時に優しく声かけしたり、彼らの種としての欲求を満たすことの大切さに気づくと、スムーズに問題解決できたりしますよね。

180329_01.jpg

欲求を満たすと言うのは、例えば安心できる場所で寝食を落ち着いてできるとか、犬の場合だったら匂い嗅ぎたっぷりのお散歩をするとか。(猫もさせてあげられるといいなあと思っています。)猫だったら上下運動できるように室内を整備するとか、狩りごっこをするとか、他にも色々あります。

イヌやネコなどの伴侶動物達が生活する場は、ヒトやその他の動物・ものとの距離がとっても近いですよね。他にこんな風に朝から晩までフリーでヒトと共に生活する動物っているかな?って考えると、イヌ、ネコって本当に貴重な動物だなあと感慨深い思いがします。
でも距離が近いからこそ、まるでヒトの子供にするのと同じような対応を迫られることがあると感じています。そういう意味で、こちらの本はとっても参考になるのでオススメです♪

叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本 -
叱りゼロで「自分からやる子」に育てる本 -

して欲しくない行動が出ないように(失敗させないように)環境整備をすることがまず大切、というのはご存知の方も増えてきたのではないでしょうか。例えば、イタズラしてほしくないものは犬(や猫)が届かない場所にしまうとか。
でも、上にも書いた通り、犬や猫との生活は人との距離感がとっても近くて、例えば犬は人と一緒に(環境整備しきれない場所へ)お散歩に行くし、猫も家の中で繋いだり囲ったりせず一緒に暮らしています。

180329_02.jpg

それやって欲しくないなと思った時、
犬にとって自分が"いつも嬉しかったり楽しかったり落ち着けたりすることの前触れとして現れる飼い主"であれば、声をかければ(または身体で介入すれば)嬉しい気持ちと共にハタと動きが止まる、そこでまた褒めてあげればいいよね、褒め続けてあげればいいよね。という取り組みをずっと続けています。

犬や猫に、なにかを止めさせる練習をしたからやめられるようになる、のではなく、
彼らに何も行動を求めず、リラックスした状態をただただ褒めて穏やかに接し続けたらこういう関係にはりました、的な、逆説的な取り組み。

例えばチニタは、ハーネスや洋服を着せる時、私の膝の上に乗ってしまえばゴロゴロ言ってリラックスできるので、スムーズにハーネス装着ができます。
暴れずにハーネスをつける練習をしたのではなく、ある日私の膝に乗せたら脱力したのですんなりハーネスがつけられた、(前提として私のひざに抱っこされるのが大好きになってもらう、があった。)のかなと思っています。

止めさせることだけを意識していてはできないことだと思うから、だからトレーニングって、犬や猫達にとって自分が安心できる存在として届くよう、飼い主である自分が学んで実践することなんじゃないかなと思っています。時間がかかるのはきっとこの部分なんだなと実感を込めて。うまく説明できたかわかりませんけれども。^^;

同じ屋根の下、一緒に肌を触れあわせながら暮らす犬(猫)と私達人間ならではの関係性。大切に育んでいきたいです。



**** <「犬とまんまる」お散歩トレーニングのお知らせ> ****

 4/11(水)道満グリーンパーク 10:00〜(2時間程度)

「つくばお散歩トレーニング」
 4/19(木)10:00〜(2時間程度)

上記リンク先のFBページをお読みいただきご参加下さい。
お申込みお待ちしています♪

*******************************

応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 15:34| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする