2018年06月26日

何かを期待する気持ち

こんばんは。
今日も暑かったですね!
昼間はクーラー入れていたのでチニタは昼間押入れで暖を取っていました。

180626_01.jpg
ルビーはもしかすると夜寝る前に寝ぐずりっぽいことをするようになったかも。

昨日”舌ベラクリッカー”の事を書いていてちょっと頭の中をまとめたいなと思ったことがあります。

私が時々ブログにも書いている”名前を呼んでおやつ”というのは、
猫(犬)がもともと好きなものと、好きでも嫌いでもないものを一緒に与えると、
好きでも嫌いでもないものが好きになる、という取り組みです。

例えば、犬(猫)の名前を呼んですぐにおやつをあげると、名前がおやつと同じような良い印象のものになります。
簡単にいうと、名前が嬉しい音になるということ。
名前を呼ばれた後に嬉しいことが起こるので”名前=良い事が起きる知らせ”になる。
そしてこの過程を経て好きになったもの(ここでは名前)は、生きものとしてもともと好きであるもの(ここではおやつ)よりも力があるものになると言われています。

だから、食べ物が食べられないほどのストレス下にある犬にはこうやって好きになった名前や、同じような過程を経て好きになった様々なもの(声掛け、飼い主さん自身、その時近くにあったものなど)が支えになったりするのではないでしょうか。
昨日書いたタンタンマーク(舌ベラクリッカー)もオヤツと一緒に提示して、ルビーとチニタの好きな音にしました。(そしてまたこの音が彼らにはとってもよく届くのですよね。)

これってとっても希望のある取り組みだと思いませんか?

緊張して食べものが喉を通らない様な時にも、タンタンマークを鳴らしてあげればなんだかワクワク嬉しい気持ちが込み上げてくる。
名前を呼んであげれば自然とリラックスできる。
そういうことですもんね。

先日、チニタが体重計に乗ろうとした時に「ミシッ」と音がしてビックリしそうになったのですが、直後に鳴らした私の舌ベラクリック音にピカーン!と反応して、ミシ音はそれ以来気にならなくなったようでした。

ここで私がいつも思い出すのがテンプル・グランディンの「動物が幸せを感じるとき」のこの一説です。

ドーパミンと「探索」システムについてもっとよく分かっている現在では、報酬に対する考え方が変わってきている。報酬になるのはそのもの自体ではなく、それを期待している時間だ。ある意味では、実際に何かを手に入れたときより、追い求めているときの方が楽しいのだ。
それで、クリッカーが「探索」システムを刺激するのだ。(p.132)

何かを期待して待っている時、そのワクワク感がどんなものかは、こんなことを想像すると理解しやすいんじゃないかなと思いました。
例えば音楽好きな人だったら、ライブチケットが取れたら
「やった!ライブの日までなんとか生きられる!(笑)」
と、明るい未来が見えるでしょうし、
旅行の日程を立てている間なんかも、そこに行っているような気分になってウキウキ楽しくないですか?

* * * * * * 

だから、食べ物が食べられないからクリッカートレーニングができないとかではないのですよね。
食べものが食べられないから、リラックスさせてあげることができない、とい訳ではないんじゃないかなと思います。
(私自身、小さな頃から食べることにあまり興味がなく、それ以外の好きなことをたよりに生きてきた、くらいの感覚があります。^^;)

場所を変えるとおやつが食べられないような犬でも、おうちで飯は食べると思うので、その時に名前を呼んであげたり、またはニッコリ笑って名前を呼んであげたり、は誰でもできると思うので、誰もができる命に優しい取り組みと言えるのではないかなと思っています。


 
応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:55| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

注射なんて怖くない!

こんばんは。
暑い一日でしたね。室内と外の気温差にやられてしまいそう。

みなさん、注射は好きですか?嫌いですか?

先日リツイートした動画です。


以前同じような動画を見たことがあるのですが、この先生も最高☆
赤ちゃんが注射を打たれるというシチュエーションにも脅えず、打たれてからも全然怖がらずにいます。

赤ちゃんがついつい自分がされていること(注射)よりも注目してしまう動きや楽しい雰囲気、面白い音などで気を引いて、知らないうちに注射が終わっています。
終ってからはスペシャルなシャボン玉♪

楽しいもの好きなものをシャワーの様に降らせることができれば、相手が恐くなってしまったかもしれないものが何でもないもののままでいられるんですよね。

だから犬も猫も、好きなものが沢山あれば、何かの時にきっと役立つはず。
ということは、好きなものが沢山あるって大切。

180625_01.jpg
可愛い後頭部♪ベランダの隙間から下を歩く人を見ています♪

先日、少し大きめの地震があったとき、チニタが異変に気づいたので、
「チニタ君、ゲームする?」
と言って、
「キラーン♥」
という目に更に
タンタンマーク(舌ベラクリッカー。犬猫に届きやすい音だと思います。)を鳴らして、キャリーバッグに入る遊びをはじめる準備をしているうちに地震をやり過ごすことができました。

「チニタ君」という言葉も「タンタンマーク」も、彼にご飯やオヤツを上げる時に必ず対にしてかける言葉。
だからその”音”が聞こえるとワクワクした感情が込み上げてくるのだと思います。

そのワクワクを大切にしたいから、”叱らない”し”無理強いしない(=ボディランゲージをよく見て、嫌だのサインが出る前に止める。)。
そんなことを意識しながら暮らしています。

そんなこと言っても、生きていれば色々やらかします。そういう時にこそ、これまで築いてきた”良いもの”をジャンジャン降らせる時。だからこそ日頃の暮らしはその瞬間に備える為に良いもので埋め尽くしたいなと思いながら生活しています。




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:59| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

会話で解決したい

こんばんは。
梅雨入り明け(って変なことば。笑)のお天気のよい一日でした。
昨日Eテレ『又吉直樹のヘウレーカ!』を見た人はいらっしゃいますか?
印象的だったシーンを呟いてくれた方がいたのでリツイートしました。

写真にもありますが
「化学物質でアリを駆除するのではなく、会話で解決したい」
という社会生物学者、村上先生のことば。
なんちゅー夢のある話なの?!と思ってしまった。^^;

関連ツイートのまとめを見たい方はこちらをどうぞ。↓え?いらない?^^;

* * * * * * 

それぞれの動物種が持っていることば。

でも種によって違うから知らなければ全く通じません。

例えば自分がことばの通じない国に連れてこられて困っているとき、目の前にことばが通じる人が現れたらホッとするように、犬(猫)たちもわたし達が彼らのことばを使ったり彼らのことばを理解したと伝えたら、
「はなしが通じる!」
って嬉しくなったりするんだろうな。

話しが通じるということはそれだけで彼らに好かれるということなのかも。

180607_01.jpg


例えば食べものでもチーズのように、だいたいの犬は好きだけどたまに好きじゃない子もいる、というようなものがありますがそういうものではなく、誰でも当たり前に好きなこと、嬉しいこと。そういうたぐいのものってありますよね。ことばが通じるっていうのはそういうたぐいのものになるということなんじゃないかなと思うようになりました。

だから彼らのことば(=ボディランゲージや流儀)を知りたいなあと思います。
知って自分も使える様になりたい、と思いませんか?

目をじっと見ないで視線をわざと外してあげたり、目を細めたり瞬きしたり、警戒している子にはわざと興味がないような態度を取ってあげたり。
また相手から出されたサイン、たとえば「嫌だ」(固まったり唸ったり)というサインを出されたら止めてあげるなどなど。

毎朝「チニタ、おはよう♪」と優しく語りかけることも、一見人間のことばを彼らに使っている様だけれども、その言葉自体がもつ意味が伝わらなくても、優しい態度や雰囲気が彼にとって良い意味のもつものであると思います。

犬や猫と何かあったとき、自分(飼い主)が恐怖を与える存在ではなく、話の通じる存在だということを分かってもらうところからやりなおすことが良い関係を築く一歩になるんじゃないかなと感じています。



***青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」    
   6月16日(日) 川口貸し会議室  
    猫ともっと仲良く、そして彼らをもっと幸せにしたい方はぜひ♪

 
 




応援よろしくお願いします♪ 

続きを読む
posted by カエデ at 19:21| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする