2015年09月25日

言葉じゃないもので伝わる

150925_01.jpg

犬は人の言葉を使わないから、私たち人間は言葉じゃないもので彼らに色々伝えなくちゃならない。
でもよく考えてみると犬だけじゃなく、人間だって言葉が通じない時期がありますよね。
そうです、赤ちゃんの時期です。
赤ちゃんはまだ人間の言葉を喋れないし理解できないから、泣く事で不快や空腹、恐怖や不安を表現すると思うのですが、大人はそれを叱ったり罰したりせずに赤ちゃんがなぜ泣いているのか色々想像を働かせて対応すると思います。
犬だって、言葉はわからないけれど、脳の構造上感情の部分は人間と重なる部分が多いのだから、人と同じように対応してあげるとわかりやすいのではないかなと思います。

言葉じゃないもの・・・つまり対応や態度で”わかってるよ”ということや”大丈夫、安心して”を伝えることってできますもんね。
それに、言葉を理解できる私達だって「大丈夫よ」というその人自身が見た感じ全然大丈夫じゃなさそうだったら^^;大丈夫だと思えないと思うのです。
だから不安がっている相手に安心や大丈夫を伝えたい時には、見るからに大丈夫そうな^^;落ち着いた自分でいることが、相手に”大丈夫を伝える”ということなんじゃないかなと思っています。

でも、世の中には吠えを止めるために大きな音を鳴らしたり、何かを噴射させたりして犬をビックリさせて吠えを辞めさせる方法があります。

でもそれって「吠える必要はない、大丈夫」を教えるのではなく、
「ここは怖い、いつ何か嫌なことがおきるか不安、落ち着かない」を教えていることにならないだろうか。警戒心からの吠えを煽るようなことをしてしまっていることにならないかな?って。
普段生活している家の中がそんな状態で、ワンコさんは幸せだろうか・・・生活の場である家の中や飼い主がいる場所でこそ、大丈夫を沢山経験させてあげたいし、それは福祉の面からも重要なことなのではないかなと思います。
逆にいうと、家の中に怖いものがあったり不安で落ち着けないという状況は、大丈夫が伝わらない状態=ワンコさんが頭で考える余裕がない状態=抑制を教えてあげられる環境が整っていない、ということになるのではないかなあとも思います。

飼い主である私達が普段から優しくてちょっとの事では動じない強さを持った安定した存在であることをワンコさんが知っていれば、例えワンコさんの頭の中が別のこと(興奮など)でいっぱいになってしまった時でも、彼らの脳の奥深くにポトリと落ちて、優しい感覚の波紋を広げられる存在になることができると思うのです。
そんな風に、ワンコさんがハッと我にかえれるくらい、そういうものを引き出せるようになれるくらい、犬にとって良い存在になりたいなと私は思っています。
posted by カエデ at 10:10| 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

古典的条件づけ重視の関係づくり

なんだか雨ばかりで気持ちが上がってこない今日この頃。^^;読書していても瞼が落ちてきそうになります。^^;
なのでいつかのお天気のよかった犬仲間さんとのお散歩の写真を貼ってみました。

150907_01.jpg

今まで古典的条件づけ”や叱らない・罰を使わないのカテゴリーでは”古典的条件づけ”という言葉を使わずに記事を書いてみましたが、今日はこの”古典的条件づけ”について少し書いてみたいと思います。

※追記:参考までにwikiの古典的条件づけをリンクしておきます。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E5%85%B8%E7%9A%84%E6%9D%A1%E4%BB%B6%E3%81%A5%E3%81%91

古典的条件づけの一番有名な実験に「パブロフの犬」があります。

犬に食べ物をあげる時、彼らはよだれをよく出しますよね。どうしてよだれが出ちゃうのかなんてことは、誰にでも当たり前に分かる事だと思います。
それをイメージしていただいて、「パブロフの犬」の実験がどういうものかというと、

食事の前にメトロノームの音を聞かせるようにしていると、犬はそのうちメトロノームの音を聞いただけでよだれを出すようになる、

というものです。

メトロノームの音が食事を連想させて犬がよだれを出すようになった、というわけです。

この場合の古典的条件づけとしての説明は以下の様になるかと思います。

”無条件刺激(もともと良い印象のもの=食べ物)と
中性刺激(最初は特に意味を持たないもの =メトロノームの音)を一緒に提示する(対呈示といいます)と、
その中性刺激が無条件刺激と同じような反応を誘発する条件刺激(二次強化子)に変わった。”

以下、「学習の心理」 実森雅子/中島貞彦共著 (p.38)から引用させて頂きます。

『私達が持つ様々な感情(情動反応)も、古典的条件づけによって形成され、特定のCS(※1)によって引き起こされていることが少なくない。』    ※1: 条件刺激のこと(p.32)

人間だって、ある曲を聞くとその時の情景が頭の中を駆け巡って何とも言えない気持ちになるとか、
金木犀の香りを嗅ぐとトイレを思い出すとか(^^;これ、同年代の方にしかわからないかも。(笑))、
ありますよね。

そういう感覚を思い出すと、大好きな犬達には沢山の優しかったり楽しかったり、うっとり出来るような感覚を提供できる自分でありたい、そう思えてきます。

私もルビー(犬)やチニタ(猫)にとって、沢山の二次強化子を作ることを大切にしています。
そして当たり前の欲求をかなえてあげられる飼い主であることも、彼らにとって良いものとなることの一つかなと感じています。まずは満たすことが大切で、それなくしてはそれ以上のものを求められた時に「それは行き過ぎだからやめよう」を伝えられない・・・
= 行き過ぎた要求や行動を止める事は出来ないのではないかと感じでいます。

そしてその行き過ぎた行動を止める時には、叱りや罰でないもので、と思っています。
なぜならそれらのものは、私たちが彼らを好きだという事や、その上で”でもそれは止めようね”ということが伝わらないのではないかと感じてるからです。

”ポジティブな条件刺激(二次強化子)”を使って彼らの行き過ぎた行動を止める事で”抑制”を育ててあげることが、犬達だけでなく私達の社会にとっても重要だと感じています。

だからまずは良いもので満たす事。叱りをやめ、良いもので満たすという作業は私自身にとっても抑制を求められ(自制)、でも心地よい大変でもありました。まず自分が自制できなくて犬にそれを教えられないよね^^;ということを実感した経験でもありました。

先日FBに投稿した文章をペーストします。ポジティブな古典的条件づけ(良いものとの対呈示)を意識して書きました。

ポジティブな古典的条件づけを意識して生活することって、逆から教えている、みたいなこと。 普段から落ち着いている時に「いい子だね」って言ってあげていれば(これが取り組み)、別の場面でこの言葉を掛けられると落ち着いている状態が呼び起される・・・。 「いい子だね」って言えば安定する。 この一連の流れが「いい子だね」と言えば「いい子に育つ」ということかなと。 何かが出来たら褒めるというというのとは大分ニュアンスが違う取り組みだと思います。
だから”楽しい気持ちに”いい子だね、だし 美味しくていいこだね、だし 嬉しくてほんわかして、ウットリ眠くても”いい子だね” なんですよね。




posted by カエデ at 16:06| 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

良いもの溢れる世界にいざなう

前回、ワンコさんが当たり前に出来る事に肯定的な言葉をかけるのには、もうひとつ意味がありますと書きました。
その理由を書こうと思うのですが、その前にちょっと質問です。手(パー)

皆さんは何かをきっかけに懐かしい光景が甦ったり、切なくなったり悲しくなったり、逆に楽しくなったり嬉しくなったりすることってありませんか?
音楽好きな方は
「この曲を聞くとあの時の光景がよみがえる〜」
というの、あると思いますがいかがでしょうか。

これって、好きな曲とその時の光景が強烈に関連付けられている、と言えると思うんですけど。

もっと身近な例だと梅干しやレモンを想像すると勝手に唾液が出てくる、という感覚はわかりますか?
”梅干し(またはレモン)”と”すっぱい!”という感覚と結びついているということ。

そう考えると、
例えばワンコさんが大好きな食べ物を食べてる時に「おりこうさんだね」って言葉をかけてあげると、
”大好きなもの”と”おりこうさんだね”って言葉が結びついて、
「おりこうさんだね」
って言って上げるだけで”おりこうさんと声をかけてもらった時の状態”(=大好きなものをもらった時の気持ち =喜び・嬉しい)が湧き上がってくる、ということにならないでしょうか。

排泄している時の気持ちよさ、
眠りに落ちる瞬間の安心感、
散歩で楽しく歩けるその楽しいという気持ち、
水を飲むときの潤い満たされる感じ・・・

行動だけを見ると一見とっても些細な事ですが、
これらの行動の裏にあるワンコさんのポジティブな感情は、
その時そばにあるものと条件づけられると思いませんか。

だからこそ、私達飼い主は安易に犬を叱って脅えさせ、彼らの行動に逆の条件づけ、つまり”怖い”とか”嫌だ”というネガティブな条件づけをしてしまわない様に気をつけたいですね。

こんな風にワンコさんの中にポジティブに条件づけられた”良いもの”・・・つまり私達飼い主自身は、
例えこの先ワンコさんが困難に出会った時にも、彼らを支え励ます強力な味方になれるはずだと思うのです。

いつも彼らの味方である自分を作って、そして毎朝目が覚めたら優しい笑顔で
「おはよう。おりこうさん」
って。
”あなたが住んでいるこの世界は良いものが沢山溢れてるんだよ”ってずっと伝え続けたいと思います。

150821_01.jpg



続きを読む
posted by カエデ at 15:29| 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする