2018年06月22日

”好き”の威力

こんばんは。
今日は近所の親戚の猫の病院付きそいなどでバタバタしていました。もうかなりの高齢で甲状腺機能亢進症なんですよね。心拍が早いと疲れると思うのでお薬で少しでも楽になれば、という感じのニャンコです。

そんなこんなで、今日はそのお宅を2往復してちょっとお疲れ気味。でもニャンコの為なので頑張ってきましたよ〜。好きなものの為だったらなんのこれしき!

”理由はないけど好き”という内発的動機、大切にされながら育てられた人ってどのくらいいるのかなあ。

わたし達ってどうしても
「〇〇したら好きなもの買ってあげる」
「〇〇したら今度の日曜日ディズニーランド行こう」
って、何かができたことの報酬として好きなものを与えられてきたし、自分もそうなりがちですよね。

何かを好きなこと、それ自体を
”好きなんだね”
ってそれをそのまま受け入れられてきた人はどのくらいいるのかな。
そして自分もそんな風に誰かの何かを受け入れることがなぜか難しくなってしまっていないだろうか。

何がそうさせているんでしょうね。

あれをしろ、これをしろ。あれはダメこれはダメ、で縛り付けられる前に、好きなものを追及したり、世の中にある様々なことを好きになった方が生きやすさ(=パニックとは反対のもの=落ち着き)に繋がるのではないだろうか。

そして自分自身、ルビーやチニタが大好きなもの、信頼できるものが私という飼い主でありますように、という気持ちで彼らに接しています。

180622_01.jpg

ムツゴロウさんの何かの本にも書いてありましたっけ。(どの本だったかわかる方いますか〜?)
”(飼い主を)大好きという気持ちを通してしつけができます”と。

家庭犬に求められるものは、大体は静かにしていて欲しいとか、ちょっとジッとしていて欲しいとかの、行動ではなく落ち着いた状態であることを求められる場合が多いですよね。
「今はそれやめてね」
ってこちらが制すれば、大好きな人のことばや様子には耳を傾けてくれるのではないか?


恐怖心から敬意を払ってくれるのがいいのか、それとも、信頼しているから言う事を聞いてくれる犬がいいのか、ということなのだ。
(犬の心へまっしぐら p.123 より引用)

わたし達がしつけだと思って犬(猫)にしていること、犬(猫の)幸せの為と思ってやっていることが彼らから見て本当にそうなのかどうかを考え続けたいし、発信し続けたいです。



 
 
応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 22:55| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

叱らない、叱れない?

こんばんは。
今日は薄曇りの一日でしたが、湿度はかなり高かったですね。
時々太陽がうっすら顔を出すだけで、アスファルトやコンクリートの建物に囲まれた街の中は輻射熱でジンワリ暑くなります。

暑くなってきてから近所の排泄散歩がメインになっていたルビーですが、それだけではつまらないだろうと、今日は公園まで行ってきました。車で行って園内を歩きだすと、ひんやり心地よい風が吹いてきます。

180621_01.jpg

まだまだ犬がどういう動物なのかわからなかった8年前、それでも叱らずに、”名前を呼んでおやつ”(名前を呼んですぐにおやつをあげる=名前を呼んだら必ず良い事がおきるようにする)を意識し始めた頃、彼女とのお散歩がガラッと変わったのを思い出します。叱っていた頃の無表情でどんよりしたルビーではなく、表情が生き生きとして楽しそうに歩くようになったのです。

それを初めて感じたお散歩コースがこの公園でした。

180622_00.jpg

犬がどういう生きものか改めて考えることもせず叱っていると、犬にとっては当たり前の事に罰を与えたりしていることに気づけなかったりするので、そこから齟齬が生まれるというのはよくある事だと思います。犬の身になってみるとかなり切ない・・・。

だから犬と仲良く暮らすには、まず犬がどういう動物か知る事がとっても大切・・・。

例えば犬が、巣からは離れた場所、そしてフワフワした芝生みたいな所で排泄をするのが好きだと知っていれば、そういう場所で排せつしたことは叱れないですよね。

180621_03.jpg

家の中の特定の場所でして欲しければ、その習性を利用して排泄場所を覚えてもらうことができると思います。
まずは失敗がないように、トイレを置く部屋一面にフワフワのトイレシートを敷き詰め、段々と枚数を減らしていく、という方法は聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

昨日もチラッと書いた「環境を整える」。
だから、もし犬が失敗をしてしまったら、それは自分が環境を整えていなかったからなので、叱れないんですよね。^^;

”叱らない”にはこんな一面もあります。

大切な家族として迎えた犬を悲しませたい人はいないと思うのです。
人間だって子どもの頃、自分を庇護してくれるはずの親をなかなか嫌いになれないように、犬たちも心から飼い主を嫌いにはならないかもしれないけれど、だからなおさら悲しくないかな。
ただ愛して欲しい、優しくして欲しいって、当り前の感情だろうと思いますよね。それに応えられる飼い主でありたいです。


 
応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月04日

攻撃的なシグナル

*******************************
青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」
*******************************


おはようございます。
とっても清々しい朝でした。ルビーと公園散歩行ってきましたよ。

180504_01jpg.jpg

犬を叱るのをやめるということは、彼らに攻撃的なシグナルを送るのをやめる、ということだったんだなと、振り返って思います。

生後4〜5ヶ月くらいまでの子犬は、どんなことをしても大人犬達から許されるという”パピーライセンス”というのを持っていると言われています。
でも、人間の家にポツンと迎えられた子犬達に、私たち人間がしていることは、「イケナイ!」と目を真っ直ぐに見て大声で叱ったり、無理やり抱っこして仰向けにしたり、敏感なマズルをギュッと掴んだりなど、子犬にしてみれば恐ろしいものだったりしないでしょうか。(大人犬にだってしてはいけないことだと私は思います。)
人間が攻撃的であれば犬は自分を守ろうと相手に攻撃的になるのは当り前のこと。

だから叱る代わりに私たちができるのは、人間のことばを持たない犬達にわかるように、穏やなボディランゲージで彼らに対する事、そして毎日優しく名前を呼んでご飯をあげたり、いい子ねって言いながら体に触れたり、リードを優しく扱う努力をしたり(良い事も悪いことも犬達の中に印象づけられるので)して、飼い主である自分から出てくるものは全て良いもの(であるはず!)という約束をし続けること。
そうすれば、何かあった時でもそんな飼い主さんに撫でられたらきっと気持ちが楽になるよね?何かの時にフッと前に立たれたら興奮が収まるよね?ってことなんだなと思います。それに、「すごいね」「かっこいいね」って、いつも(人間から見て当たり前の行動も)ニコニコ声をかけられている犬は、飼い主さんが喜ばない行動はしたくなくなるのではないでしょうか。

この方向性の取り組みのいいところは、飼い主である自分も気持ちがどんどん落ち着いていく、ということです。落ち着いた時、きっと目の前の犬が今までよりもっと愛しくなっていることに気づきます。その時、その子の前でどんな自分でいたいのか、という問いが改めて湧き上がってくるのですよね。
他の動物に比べ大脳皮質の発達した”ヒト”である私たちも(だからこそ)、イヌから学べることは沢山あるはずと思っています。


 
 
**************************
「埼玉県動物指導センター見学会」に参加しませんか?
5月31日(木) 10:30〜(1時間程度)
詳細はこちらから
**************************


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 10:53| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする