2018年02月07日

イヌと人、それぞれの最初

こんにちは。
北陸の大雪、お見舞い申し上げます。お住まいの方々引き続きくれぐれもお気をつけください。どうかこれ以上被害が大きくなりませんように。

180207_01.jpg
パピーの頃を世話をしたことの無いルビーには、年を重ねた今、その時出来なかったお世話を
させてもらっている様な気がするよ。

犬を迎えてお悩みをお持ちの方の中には、犬が人間の言う事をとても良くきく動物だと思って迎えたのに、実際は想像と違ってビックリ!^^;
という方が少なくないと思います。私もそうだったので。
特にパピーの頃の甘噛みは予想以上に痛いですよね。歯が細くてとんがっているから。^^;すると、ムクムクと、その子が将来噛み犬になってしまうのではないかとい不安を抱いたりして。
その時、
”甘噛みは甘噛みなのでその時期いくらでも噛んでいいものを与えたり、痛いよって穏やかに言っておしまいにするなどしながら、その時期をなんとか乗り切れば大丈夫”
というような情報に辿りつけず、犬に警戒心を抱かせる方法・・・つまり甘噛みに罰を与えたりして、それが原因で甘噛みではない噛みを誘発させてしまう、ということが少なくないのだろうなあと想像します。
外から見た流れだけを見ると甘噛みが本気噛みになったように見えるけれど、本当は人側から受けた罰が防衛的な噛み(犬が自分を守る為の噛み)を出させているのですよね。

罰を与えながらの生活って、犬だけでなく人間側も消耗すると思います。悪い事(人間側に都合の悪いこと)をしたら罰しなきゃと思ったら、悪い行いばかり(=罰することばかり)を探すことにもなると思います。

「犬にこんな表情をさせる為に彼女(彼)を迎えたんじゃなかった」
罰を与えていてふと、そのことに疑問を持った飼い主さん達の多くがそう感じられるのではないでしょうか。

私たち、どうして犬を迎えたんでしたっけ。
人間側の最初はきっと、可愛がりたくて犬を迎えたということ。
じゃあ、イヌ的に可愛がられるということはどういうことなんだろう。
そうしたら今度はイヌ側の最初に戻って考えたい・・・”イヌってどういう動物か。イヌらしさってなに?”ということ。
酷く吠えたり噛んだりは、病気が原因でなければ何かしら理由があるはずなので、それを罰ではない方法で対応していきたいですよね、可愛がる為に迎えたのだから。

罰ではない方法で一緒に暮らしていく為には、犬がどんな成長過程をたどるか(人間がこうして欲しいなあというのとは違う成長の仕方をすること)や習性、またどんな学習の仕方をするかを知る事は大きな助けになると思います。
お散歩中の吠えやパニックがお悩みの方は多いと思いますのでそれを例として取り上げれば、リードが張れると興奮しやすいとかもそうですかね。
普段120cmなどの短めのリードを使っているとリードが張れやすく、そのテンションが犬の警戒心を掻き立てていることがあります。3mリードでリードのテンションを極力なくしながらの歩行によって犬がどんなに落ち着けるかというのを学べる場がありますので、ご紹介しておきますね。何度もご紹介していますが。^^;

・CDSリードワークワークショップ@横浜
(犬なしでも参加できます。その場に身を置くだけでも得るものは多いと思います。)

犬達が犬らしく歩く、食べる、嗅ぐ、寝る、遊ぶ、甘える。
そんな姿を愛しいと思える学びがあなたの側にありますように。



応援よろしくお願いします♪

posted by カエデ at 17:30| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

ポップに問題解決

こんにちは。
今日もとっても良いお天気の埼玉です♪気温は低めですが。^^;

最近のルビー、少し後追いも出てきました。
夜は寝室で私たちのベッドで寝たり、リビングの自分の寝床で寝たり、その日によって違っていたのですが、最近は私がベッドに向かう時間帯になるとハッと起き出して部屋の中を探す素振りが見えるので、抱っこして一緒に寝室に向かいます。

180206_01.jpg

また、排泄は、誘導のタイミングが遅れてしまった時などはトイレマット以外のところですることがありますね。リビングに敷き詰めたタイルカーペットとトイレとして使っているバスマットでは、足裏の感覚があまり変わらないから仕方ないなと思いますし、いずれにせよ何かしら洗う事になるので私的にはOKです。どこでしても、嬉しそうに「トイレしたよ〜」とお知らせに来るルビーの姿に癒されてます。

トイレの粗相、懐かしいなあ・・というか昔叱っていたよねルビーは悪くないのにね、^^;と思いだしたりして。あの時の彼女のボディランゲージ、学んでなくても分かりそうなほど、低姿勢のなだめのシグナルだったなあと。犬達の言葉も、興奮した人間にはないに等しいものになってしまうんだなって、苦い経験から思います。

犬の言葉であるボディランゲージを知って、それが実際に見えるようになってくると、
犬達が、彼らに罰を与える人間に向かって
「怖いよ」
とか
「落ち着いて、ねえ落ち着いて」
私たちに語りかけるのがわかるようになってきます。頭を下げて耳を倒してそっぽ向いたり、口をペチャペチャしたり。
でもボディランゲージを理解してそれに添おうと思わないと、そういう状態の犬に”言う事を聞かない”と言って更に叱る、暴力を振るったりしてしまう・・・。

そういう経過があって初めて彼らは更に強いシグナルである吠えや唸りで訴えたり、更に人を噛んだりするようになるのだと思います、話の通じない相手から自分を守る為に。

私もルビーに宥められた経験があるので、なおさら「そんなのやめようよ」と思うのですよね。早めに気づいてやめた方が、長く犬との暮らしを楽しめると思います。^^;罰を与えるって、色んな弊害をもたらすなあとつくづく思います。

でも、罰を与えてるつもりはないんだけど犬に嫌がられてしまうことって、一緒に暮らしていると色々ありますよね。身の回りのお世話、特に歯磨きや爪切りなどはその代表格でしょうか。嫌な事を無理やりし続けた為に噛みが出たりなどでお困りの方も沢山いらっしゃると思います。
そんな方にぜひお薦めしたいセミナーがあるのですよ〜!


暮らしの中に当たり前に存在するお手入れや、その時のイヌとの向き合い方。
無理やり言う事をきかせるというのではなく、エビデンスに基づいた方法でポップに問題解決したいと思いませんか?ぜひご一緒できたら嬉しいです♪




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 12:14| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

犬のしつけと言うけれど

おはようございます。
今朝はかなり冷えましたね。ベランダの蛇口から出てくる水が恐ろしいくらい冷たくて手の感覚がなくなりましたよ。^^;日中も予想最高気温6℃とか。恐ろしい。^^;

180112_01.jpg
昨日のお散歩風景。公園の周りを中学生?高校生?がジョギングしてました。がんばれ〜!

昨日書いた”心の中の安心の場所”について考えていました。
犬(や猫)達との生活においてどうやってそれを作る事ができるのか。

私たちは犬と暮らし始めるとき、何を用意したら良いのかどういう心構えで犬を迎えればいいか、考えたり悩んだり調べたりします。
私が犬を迎えようと思ったとき、いくつかの保護団体さんを訪ねましたが、そういった場所でも心構え的なことを伺うチャンスがありました。
犬を迎えてお散歩をし始めればそこで行き会った人からも様々なアドバイスをもらう機会があったりします。
でもそこで得られる情報が正しいかどうかは分からないものだったりしますね。そして情報をくれる人もそれが良いと信じているから教えてくれるのだと思います。

犬と私たち人間は種が違うので生活様式もコミュニケーションの取り方も違います。もちろん人間の言語は犬には通じません。
新しい家庭に迎えられた犬達の状況を説明する例としてよく使われるのが「もし自分が知らない国や星に連れてこられたら?」を想像してみることだと思います。
想像してみて、例えばそこで「すみませーん!」と誰かを呼びとめて道を尋ねようとしたとして、そのときいきなり大声で怒鳴られたり、殴られたりしたら・・・?
怖くて気持ちが動転しますよね。わたしだったらそうです。そして次その人が近づいてきたら自分の身を守る為に戦おうとさえすると思います。身を守る為に戦おうとする私はいけないでしょうか。

上記は”教育やしつけの為には叱らないと”、と私たちは犬達にこういう理不尽なことをしていないかな?というお話し・・・。

まだまだ幼い子犬を押さえつけて、敏感なマズルをギュッと掴んで我慢させようとしたりひっくり返したりというのは、決して母犬の様にしつけてることにはならないというのを知りました。母犬がする教育行動を人間目線で理解して真似しても、犬の様にはできない私たちなのだと思います。
また、子犬ではなく成犬でも、それまで叱られてきたことによる警戒心からの吠えや咬みを更に叱ったりして、時には力でねじ伏せようとして犬壊してしまったり悲しませたりしていないかということをいつでも見極められる自分でありたいです。

だから、そんな悲しい思いをさせたくないから、叱りたくなるようなシチュエーションを作らないように、失敗を未然に防げるように、まずは環境を整えることが大切なんだなというのが、”叱らない”ということの中のひとつの意味になるのかなと思っています。
”犬を悲しませない”ことは、”心の中の安心の場所”づくりの一つだと思います。

こんなことを考えていると、犬という命を迎えたことで私は沢山の経験をさせてもらっているんだな、良いもの沢山もらっているなと感じます。だから、そんな沢山の意味のある出来事の中で訪れるほんの小さな(とは感じないかもしれないけれど^^;)嫌な出来事、、、例えば自分を省みる事や自分を抑制すること(私はこれを犬からもらった二つの”じせい”=自省、自制と呼んでいます。^^;)、それに耐える強さが求められているのかな・・・。
何か辛い事、キツイなと感じることがあった時、私はいつもそれを思います。犬(や猫)の前ではいつも安定した自分でいたいなと思っているから。
皆さんにとっても犬達がそんな存在でありますように。

ということで、今日ももうお昼になしました。実はPCがネットに繋がらなくなっちゃってアワアワしてたのですね。^^;
寒い一日になりそうですが、みなさま風邪ひかないようお気を付けくださいね。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 12:02| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする