2017年06月16日

「動物の飼育管理のための応用行動分析学講座」


こんにちは。朝からお天気良かったですが、なんだか夕立が来そうな気配の埼玉です。

2日間ほど、近所に住む旅立ち近い猫の付き添いをしてました。
つくづく思うのは、やっぱり人と暮らす犬猫達は、抱っこ大好き、体のどこを触られても平気・・にしておいてあげると、最期の時もお互い安心していられていいなあと思いました。
犬も猫も個体差があって、きっと生まれつき警戒心が強い子や敏感な子、そしてそうじゃない子も色々いるでしょうけど、でもどんな個体でも上記のような状態にしてあげることは可能だと思うのですよね。(勿論私もそれをずっと意識しながら暮らしています。)この3日間くらいはずっとそんなことを考えていました。

今週はそんな感じでちょっと忙しかったんですけど、先週の土曜日には、去年3回まで受講させて頂いた青木愛弓先生の「動物の飼育管理のための応用行動分析学講座」第4回目に参加してきました。

170616_02.jpg

一緒に暮らす犬や猫(もしくは他の伴侶動物達)の問題行動。
私たちは”問題行動”だと思っているけど、困っているのは実は犬や猫達だったのね、という視点を持てるようになる講座です。

今回も、彼らがどうしてそういう行動をとらなければならなかったのか、それを作り出しているものは何だったのか・・・ということの答えがここにも、そこにも、あらこっちにも!^^;という感じで解き明かされていく感じがした講義でした。

動物の行動だけでなく、自分の行動も分析していくからこそ見えてくる新しい世界に、きっと私だけじゃなく、先生の講座に参加されている全ての人が自分にツッコミを入れ^^;(講義中は先生が音速よりも速いツッコミを入れて下さいます。^^;)

何かできるようにしようとか、何かに慣らせようという気持ちが強過ぎると、どうしても気持ちが急いて動物に親切じゃないことをしてしまいそうになる私達人間ですが、そうなりそうなところに直にツッコミを入れて頂きながら勉強できるのは本当に貴重な体験だなと感じています。
やっぱりユーモアや笑いってリラックスできていいなあって毎回思いますね。警戒心が解けますもんね。犬や猫達も私たちといる時にリラックスできたらいいなあと思います。

さてさて、そんな青木先生のハズバンダリートレーニングセミナー(主催:チャーリードッグスクール)が福島、東京、北海道で開催されます♪

一緒に暮らしている動物の問題行動にお悩みの方、またはもっと彼らと仲良くなりたい方、はたまたお仕事などで動物に接する機会のある方など、ぜひ青木先生のセミナーで一緒に勉強してみませんか。先生のお話しはとっても楽しいですしきっと大きなヒントが頂けると思います。
なかなかない機会だと思いますので少しでもご興味のある方はぜひ♪


『ハズバンダリートレーニングセミナー
ーはじめの一歩の前の下ごしらえ。やさしい手を目指してー』




私は東京講演に参加予定です。もう今からワクワク待ち遠しいです♪




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 15:19| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

CDSリードワーク座学に参加しました♪

こんばんは。今日はチャーリードッグスクールのリードワーク座学に参加しました。

犬達のQOLを高める為の環境エンリッチメントの中でもひときわ大切なお散歩。そのお散歩で私たちは彼らをリードで繋がらなければなりません。
その時、自分のリードワークの未熟さのせいで犬たちのフラストレーションを招き、過剰な吠えや突進を引き出してしまっているとしたら・・・?

今日は沢山動画も見て、自分のリードワークを振り返ってみましたが、
犬達は「それ居心地悪いんだけど」って言っていたのね、思いました。^^;

そして多くの犬たちは多少居心地悪くても我慢してくれていたのね、ということもわかりました。
ああ・・犬達の方が成熟しているんだな、とさえ思います。冗談抜きで。

自分の未熟さが浮き彫りになると、長く一緒に暮らしているルビーにはなおさらそれを感じ反省と感謝の気持ちと・・・そして尊敬の念が込み上げてくるのですね。
犬は本当に寛容で、許されているのは人間の方なのだなと。
だからいつまでもそれに甘えずに、自分が成長してどんなワンコさんにも「この人とお散歩してると凄く心地よいな」って思ってもらえるようになりたい!

170504_01.jpg
今日活躍してくれたでっかいトルソー。名前はわかりません。^^;

リードワークの動画を見ながら、先生がなぜそうしているのか、どこでリードをどのくらいゆるめているのか(端からみると緩んでないように見えることもあります)、そのあと犬が先生のあとをついていくのはなぜか、先生が犬のこちら側を歩かず反対側を歩く選択をしたのはなぜかなど、細かいポイントを教えて頂くと今までと全く違う世界が見えてくるようになります。

犬たちが苦しくない身体を傷めない止め方や、リードをゆるめて犬に動いてもらう技術(リードを引いて合図を送ってから緩めるのではないですよ)を学んでいるんだけれど、それ以前の犬との関係(犬に好かれる動きができるか)がこれまた大きなポイントで。
そしてそれは彼らとの生活全般のヒントになるもので。

犬のボディランゲージを真似して犬と通じ合えるってことは、私たちのような犬好きな人間にとってはこの上なく嬉しいことです。そう思いませんか?
ぜひみなさんも犬に心地よいリードワーク、一緒に学んでみませんか?
チャーリードグスクールの情報はこちらからどうぞ♪






応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:39| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

リードワークワークショップに参加してきました♪

チャーリードッグスクール・リードワークワークショップに参加してきました♪
ワンコさんも楽しく、そして勿論人も楽しく、且つお互いの身体に負担のないようにノーリードの様に楽に歩く事がきるようなリードワークを学んでいます。
そして世の中には、犬と飼い主以外の人達も一緒に道を歩いているということを忘れてはいけないなと改めて思いました。3mリードを使っているのですが、3mのばしっぱなしで使ったり地面に引きずった状態で使ったりはせず、周りの方達に脅威を与えない為にも、危険な場所ではリードを短く持って穏やかに止めて「マッテ」を教える、ということも同時にめざします。つまり、世の中の全ての人にとって優しいリードワークを学んでいるということになるのかな。

今日はそんなリードワークセミナーの最終回(5回目)でした。

170205_01.jpg
修了証明書も頂きました!となりは教科書♪

あっという間でびっくりです。5回じゃおよそ習得できない身体運用なんだなということはわかりました。^^;

でも、いつだったか先生が

「大切なのは”出来た”ということではなく”やること”」

とおっしゃっていたのを私はずっと覚えていて、だから今日のワンコさんとの自由歩行の実技の時も、私にはちょっと難し目に感じるけれども一緒に歩いてみたい子と歩かせて頂きました。
途中で先生から頂く助言や行動が、凄く勉強になる瞬間でした。リードワークなんだけれども、良くない行動に移る前にワンコさんの気を逸らせたり好きなものが繰り出されるんだな〜って、本当に勉強になります。

今日はハーネスではなく首輪のワンコさんのリードも持たせて頂いたのですが、現地で先生に助言頂いたことと同じ内容のことが教科書にメモ書きしてあるのを帰宅後に見つけて、あ〜できてなかったなあと反省。^^;

先生と同じようなリードワークに到達してはいないけれども、決して罰を与えおとしているのではない人間達が、代わる代わる色んなワンコさんのリードを持たせてもらうので、ワンコさんもそれを感じ取ってくれてるのかなと思いました。なんだか和やかな雰囲気がいつも漂っています。勿論みんな真剣なんですよ。^^;
そんな私達にいつもお付き合いしてくれるワンコ先生に応える事ができるよう、これからもリードワークワークショップに継続して参加して腕を磨き続けたいと思っています。イヌにもヒトにも(犬を飼ってない人にも)優しいリードワーク、皆さんも一緒に学びませんか?→ チャーリードッグスクールFBページにセミナーなどの情報が載っています。

今日もお付き合いしてくれたワンコさん&飼い主さん、そして夏目先生、どうもありがとうございました!また宜しくお願い致します♪


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 22:25| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする