2018年11月12日

「犬との暮らし方教室」に参加しました。

こんばんは。
今日は(今日も?^^;)小田原まで行ってきました。今回は猫ではなく「犬との暮らし方教室」参加のためです。

181112_01.jpg
今日もLeaLeaさんのランチ&デザート美味しかった♪

犬はその寛容さで人間のすることに耐えてしまう子が多いから、猫にだったら絶対にできないような対応をしてしまうところがあるなあと思います。

私たちが
「ちょっと嫌がってるけど、これくらいのこと」
と思ってやっていること。それを一度見直して、嫌がったらやめてあげる、無理強いしない、と接し方を変えるだけで、彼らからの信頼度が変わってくるのでしょうね。

彼らはとても観察力が優れていて鼻が良いから、きっと私たちの出す緊張や怒りのにおいも嗅げる。それは彼らの警戒心を煽るもの。だから私たちはいつも安定してリラックスしている必要があるんですよね。
爪切りをもって真顔で近づいてくる私たち飼い主を、犬たちが怪しいと感じない訳がないなと、今ならわかります。^^;


180925_02.JPG

今日は「お散歩の悩み」というテーマでしたが、お散歩は日々の暮らしの中にあって、その中の色々と繋がっているから、やっぱ日ごろからの接し方が大切だなあと思います。

犬として、またその成長過程で当たり前に出てくる行動に人間側が穏やかに対応したり怯えさせたりしない、ということは、犬たちからすると生きていく上で一番大切な”命の安全を保障される”ということ。

そう考えると、嫌がることを無理やりして、そのせいで噛むようになった子をさらに殴ったり罰を与えたりして、ただただ大人しくさせることだけが目的のようなトレーニングは空しく感じます。犬にも嫌なことを「嫌!」と言える環境を提供したい。その小さな「嫌だ」のサインを受け取って、「ごめんごめん」って返して(やめて)あげる、そんな当たり前のコミュニケーションが出来ればいいなと。せっかく楽しく一緒に暮らすために迎えた犬とより楽しく双方が幸せになれるような暮らし方のお手伝いが出来るようになりたいと、今回も強く思いました。


==================[お知らせ]=================
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 11:50| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

キャンパスおだわら「猫との暮らし方教室」最終回♪

こんばんは。
今日は「猫のとの暮らし方教室」(最終回)を受講しに、小田原まで行ってきました。

181104_01.JPG

講座前のランチ&デザート♪

猫の習性やボディランゲージ、そして家の中で暮らすことが多くなった猫の為のエンリッチメント、また、しつけってなんだろう?ということなどを学んできて、今日はリンパマッサージの仕方をかなり丁寧に教えて頂きました。

でも、気持ち良いであろうマッサージも、猫が
「今は嫌なの」
「その部分は触られたくないの」
と言っていたら、いくら良いこととはいえ止めてあげる。

こんな猫の世界では当たり前の姿勢も、
相手が犬となると我慢を強いてしまいがちなのは、本当になぜなんでしょうね。
(犬の世界もなんとか変えたいですね!)
・・というように、今日も犬たちへの懺悔を若干感じながらも、^^;楽しく猫のことを学んできました。

181104_02.jpg
帰宅後、チニタはスリングの中でスヤスヤです♪

心に残ったのは、
しつけって、嫌なことを我慢させて無理やり強いることではなく、
やってほしいことを「こうして欲しいんだ」って伝えること。
その為にも、彼らが嬉しいと思うことを登場させて、褒めてあげることが大切なんですよね。

猫ってこうだったのね!
(犬ってこうだったのか!)

彼らの習性、彼らの愛情表現。
そんなものを知ると、どんどん猫が(犬が)好きになり、
すると彼らの幸せを願うようになり、
・・・その流れの先に猫(犬)をいじめたり遺棄したり・・という事からは縁遠い世界が広がっている気がしています。

だから、私達にできることは、まずは彼らがどんな動物であるかを知ること。
でも、まだまだわからないことが多い猫(犬も)だから、さらに知るために学び続けること。
そうし続けることは、時に自分に変化を求められ、辛くなったりすることもありますが、
でも好きな存在の為ならなんてことない・・・。
そんな、いのちに優しい世界をみんなで作っていけるんじゃないかな、いけたらいいなと思った一日でした。
月に1回、3ヶ月通い続けた「猫との暮らし方教室」、今日で最終回ということで寂しいですが、また受講できる機会があると嬉しいです。

夏目先生、ご一緒したみなさま、楽しく有意義な時間をありがとうございました!

==================[お知らせ]=================
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村



posted by カエデ at 23:00| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

本当のことはどこにあるんだろう?

こんばんは。
穏やかに晴れた埼玉でした。明日の朝は冷え込みそうですね。風などひきませんように。

昨日の夜は「科学絵本のこれから」(澤口たまみさん×舘野鴻さん対談)を聴きに、下北沢ダーウィンルームまで行ってきました。(以前書いた澤口さんの「虫のつぶやき きこえたよ」の感想はこちら。)今日の記事の題名は、この対談の中からお借りした言葉です。

虫に興味がない犬猫飼いさんは、
ここから下は”虫”を”犬”や”猫”に脳内変換してお読みください。





虫たちを観察していると込み上げてくる、切なさにも似た感情の正体は、そうだ"愛しい"という気持ちだったって、あらためて思いました。集まった人はきっとみんな虫が好きなんですけど、でも虫だけじゃない、様々ないきもの、子どもや私たち自身を含めた”いのち”というものを考えた2時間。


なんだかよく分からないから怖い、嫌い、と思ったり、邪険に扱っていた虫も、


あ、この生きものって、こんな風に子供の世話をするんだ。

こんな風な足の運びをするんだ。

食べるとき、こんなことしてるんだ。

こんな風に仲間を助けるんだね。


・・・って。

その生きものの事を知ると、一気に自分が裏がえるような、見方が180度変わってしまうことってホントありますね。


181028_02.jpg


科学の助けを借りてわかること。そしてわからないこと。

科学が教えてくれることは、

「これはこういうことなんだよ」

ということと、

「これはまだわかってないよ」

ということなのかもしれません。


虫に心(愛)はあるの?(あるよね?)


彼らの行動を見ているとそう言いいたくなる瞬間があります。

でも科学の世界ではそれは言えないから・・・。


だから私たちは目の前のいのちに対して

「本当のことはどこにあるのかな」

を考え続けるんでしょうね。


わからないまま、でもそうやって揺れ続けることが大切なんじゃないかなとおっしゃるお二人の言葉に救われた私。

そうやってずっと終わりまで生きていくこと。そんな私も虫たちと同じひとつのいのちなんだなって。そういう意味では同じ存在のいのちに対して、誠実でありたい。もちろん犬に対しても。そんな気持ちを体験させて頂いた夜でした。

==================[お知らせ]=================
■11月8日(木)「つくばお散歩トレーニング」
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 19:55| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする