2018年11月25日

イヌとヒトが暮らすとは

こんばんは。
昨日は下北沢のダーウィンルームで開催された「環世界研究会『イヌのひみつ』」に参加してきました。

環世界(ウムヴェルト)という言葉はご存知の方も沢山いらっしゃると思いますが、私はこちらの本で初めて知りました。


生物学者ヤーコブ・フォン・ユクスキュルのこの言葉をこんな風に紹介しています。

動物の生活を理解したいならば、彼がウムヴェルトと呼ぶもの - 動物の主観もしくは「自己世界」(環世界、もしくは環境世界を訳されている) - を理解することから始めなくてはならない。このウムヴェルト=環世界とは、動物が見たその生活がどんなものかを示している。(「犬から見た世界」p.36)

私たちは人間なので、犬たちの世界をその主体として体験することはできないけれど、今現可能な範囲内で彼らのことを理解し、彼ら自身が体験している世界を想像してみる。その為に、イヌとはどういう動物なのか?を学ぶと今まで見ていたのとは違うものが見えてくるようになる瞬間があります。そしてきっと、未来の私も今とは違うものが見えるようになるんだろうなと思うとワクワクします。

181125_01.jpg

動物行動学者の方が今、イヌをどんな風に語られるのか生の声を聞いてみたいと思って参加してみた環世界研究室でした。面白かったです。

彼らの方から人に近づいてきたであろうとされている犬。人と暮らすことが自然とされるイヌ。動物の中でも稀有な存在だと思いますよね。だからこそ、彼らは私たちのやろうとしていることを推測し、それに沿い、協調して行動できる能力にたけているようです。

なのに私たちのすぐそばには家庭犬の咬みの問題が横たわっています。本当は仲良く暮らせるはずの彼らとの間に齟齬が生じるのはなぜなのでしょうね?イヌの寛容さに甘えすぎていないか。ブリーディングに問題はないか、理由は一つではないと思います。

イヌとヒトは、支配するされるという関係では成り立っているのではないと気づいた参加者の方が、以前一緒に暮らしていた犬への申し訳なさを吐露してらっしゃいましたが、10年前の自分を見ているようでした。きっとみんなが通る道。そして
知ったら目の前に広がったより豊かな道を進むのみ。まだ気づいていない人に届きますように。


==================[お知らせ]=================
■11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 18:02| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

お散歩でのリード使い

こんばんは。

最近は夜中の2時頃になるとルビーがトイレに一度起きるようになりました。排泄のが増えて体重も落ち気味なんですが、これ以上落としたくないなあ。

それでも食欲はあるし、お散歩も毎日それなりに楽しんでいます。

トボトボとしか歩かなくなっても、3mのリードが重宝することがあります。例えば、彼女の狭くなった視界に上手く入って(歩く方向を示す)ターゲットになりたい時に少し距離をとった場所からそっと視界に入ってあげるとびっくりさせることなく進行方向が示せたりします。

181104_03.jpg


お散歩でのひっぱりや、また逆に歩かないなどのお悩みをお持ちの方は意外といらっしゃるのでは?と思いますが、どうなのかな。

それらの理由は一つではないと思いますが、ちょっとしたリードの使い方が影響している場合もあるのかも、と思うことがあります。

犬に優しいリード使いを、を思っていても、優しいってどういうことか、またどの程度のことが彼らにとって優しいのか、などなど、具体的なことを知るには実際に先生に教えて頂くのが一番わかりやすいのではないでしょうか。

ということで、先生の投稿をシェアさせて頂きます。↓




12月13日、「犬とまんまる」はCDS夏目真利子先生をお招きしてリードワーク・ワークショップを開催する予定です。少しでもご興味のある方はぜひご連絡ください。(メールは ruby080721☆yahoo.co.jp まで。 ☆を@に変更してお送りください。)

お散歩でお悩みの方も、特に悩んでいないけれど、もっと犬と楽しくお散歩したいという方も、一緒に楽しく学んでみませんか?お申込み、お待ちしております!


==================[お知らせ]=================
■11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
※今年最後のお散歩トレーイングになります。ぜひご一緒しませんか?
==========================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

「犬との暮らし方教室」に参加しました。

こんばんは。
今日は(今日も?^^;)小田原まで行ってきました。今回は猫ではなく「犬との暮らし方教室」参加のためです。

181112_01.jpg
今日もLeaLeaさんのランチ&デザート美味しかった♪

犬はその寛容さで人間のすることに耐えてしまう子が多いから、猫にだったら絶対にできないような対応をしてしまうところがあるなあと思います。

私たちが
「ちょっと嫌がってるけど、これくらいのこと」
と思ってやっていること。それを一度見直して、嫌がったらやめてあげる、無理強いしない、と接し方を変えるだけで、彼らからの信頼度が変わってくるのでしょうね。

彼らはとても観察力が優れていて鼻が良いから、きっと私たちの出す緊張や怒りのにおいも嗅げる。それは彼らの警戒心を煽るもの。だから私たちはいつも安定してリラックスしている必要があるんですよね。
爪切りをもって真顔で近づいてくる私たち飼い主を、犬たちが怪しいと感じない訳がないなと、今ならわかります。^^;


180925_02.JPG

今日は「お散歩の悩み」というテーマでしたが、お散歩は日々の暮らしの中にあって、その中の色々と繋がっているから、やっぱ日ごろからの接し方が大切だなあと思います。

犬として、またその成長過程で当たり前に出てくる行動に人間側が穏やかに対応したり怯えさせたりしない、ということは、犬たちからすると生きていく上で一番大切な”命の安全を保障される”ということ。

そう考えると、嫌がることを無理やりして、そのせいで噛むようになった子をさらに殴ったり罰を与えたりして、ただただ大人しくさせることだけが目的のようなトレーニングは空しく感じます。犬にも嫌なことを「嫌!」と言える環境を提供したい。その小さな「嫌だ」のサインを受け取って、「ごめんごめん」って返して(やめて)あげる、そんな当たり前のコミュニケーションが出来ればいいなと。せっかく楽しく一緒に暮らすために迎えた犬とより楽しく双方が幸せになれるような暮らし方のお手伝いが出来るようになりたいと、今回も強く思いました。


==================[お知らせ]=================
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 11:50| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする