2017年04月27日

練習だと思っていたけど

昨日はモフモフさん(ハク母さん)のお散歩トレーニングに参加してきました♪

道満グリーンパーク、繊細な色合いの新緑に包まれてとっても優しい空気が流れていましたよ〜。

170426_01.jpg

気温が低めだったのでルビーも連れて行こうか悩みましたが、風が強くて気圧も急降下中だったのでやっぱりやめておきました。

昨日は「名前を呼んでおやつ」「ノーズワーク」「オンリードのおいで」について説明を頂き、それぞれ自分のワンコさんとやってみたりしました。

私は単独参加だったのに、なんとデモをやらせて頂きましたよ。
もちろんエアーで。(^-^)/

数年前は人前でルビーとデモをするなんてハードルが高過ぎてできなかったことなのに、上手く出来なくてもやったことを誉めてもらい続けた結果・・・

なんということでしょう。今では相方がいなくても素知らぬ顔して出来るようになりました。(笑)

170426_02.jpg

もともと人前で何かをするということが得意ではない性分の私ですから、「名前を呼んでおやつ」のデモは、家で何回も練習してから散トレのデモに臨んだなあと、昔を懐かしく思い出したりしていました。

出来る所で練習・・・。
例えばまずお風呂に入りながらブツブツと説明の練習をして、部屋の中でルビーと一緒に練習して、お散歩前に玄関で練習して、お散歩の途中の公園で練習して、と、徐々に色んなところで出来るようになってから散トレでトライしました。

170426_03.jpg

でもある時気づいたんですけど、お風呂やお散歩でやってみることを”練習”だと思っていたけど、本番の一部みたいなものでしたね。

その取組み自体が生活の一部となるようなものであるから、というのもありますが、もひとつ違う視点から見ると、みんなの前でやろうと思ったら、”出来る環境で何回もやってできた”っていう経験があった方が、他のところでも同じようにできる可能性が高いですもんね。

そして”出来る環境でやる”時は、落ち着いて楽しくできるから、というよりむしろ楽しく取り組むを意識するから、別の環境でやってもその時感じた”楽しい”とか”リラックス”した感じが蘇ってくる・・・つまり本番でも楽しくリラックスしてできる、ということに繋がるんじゃないかな。
だから練習と思える下準備の段階から全部ひっくるめてを取り組みって言うんだな、とつくづく思ったのでした。

昨日の私、ルビー抜きでやった「名前を呼んでおやつ」でしたが、
「名前を呼んでおやつのデモをします」
って言った瞬間、ルビーと一緒にやっている時と同じ”幸せスイッチ”が入った様な気がしましたもんね。

犬達もきっとそうかもですね。
家の中で出来ない事は外ではできなくて当たり前かもしれませんね。


170426_04.jpg

昨日、デモを一通り終えて、ハク母さんに
「ルビーちゃんが見える様でした」
って言って頂いた瞬間、とっても温かい気持ちになって、バーーーッと上に書いたような事が頭の中を駆け巡ったんですね。
ルビーと散トレにまつわるあったか〜い記憶がバーッとよみがえったのでした。だからその後もずーっと、いつにも増してあったかくて優しい気持ちのまま、お散歩トレーニングの時間を過ごす事ができました。感謝の気持ちでいっぱいです。一晩明けてもあったかい気持ちが続いているので、凄く長持ちな(笑)幸せ気分を頂いたみたいです。

そんなわけで、夏休み前のお散歩トレーニング、とても楽しく過ごす事ができました。ハク母さん、今回も遠いところからお越し頂き、ありがとうございました!ご一緒したみなさんも素敵な時間をありがとうございました♪
また秋からも引き続き宜しくお願い致します!




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 16:14| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

宇都宮お散歩トレーニング

こんばんは。
今日はgris-grisさん(小麦のかぁちゃん)の宇都宮お散歩トレーニングに参加しました。ルビーにはお留守番をお願いして、ワンコ先生に学ぶべく単独参加してきました。
gris-grisさんによるお散歩トレーニング第1回目でしたが、大中(?^^;)小色とりどりのワンコさんがそろって、一つのパックになって歩きましたよ。

170419_01.jpg

170419_02.jpg

ほんとうに犬達って犬種だけでなく大きさもまちまちで・・・
でも彼らはみんな同じ社会性の高い犬という動物で。
だから犬同士(飼い主さんも)安心しながら一緒に歩けるこういう場所って貴重だなと改めて思いました。

最初それぞれの距離感がわかりずらくて多少ワチャワチャしたとしても、叱りや罰ではないもので穏やかに制御して、十分な距離をとりながら歩いていると、ワンコさん達はシグナルも出したり受け取ったりできるようになって、本当に穏やかな空間が出来上がるんですよね。
また、そういう空間を作れる様、普段の生活の中で取り組んできたことを実践する場所でもあるなと感じます。

170419_03.jpg

170419_04.jpg

ビックリしたり、イラっとしたりって、生きものだから多少あると思いますが、それが過剰な吠えや咬みなどとして表れない=過剰反応しないで済む=慣れる、ということだと思いますが、慣れと警戒心は相容れないものだから、叱りや罰など犬達を警戒心を煽るものは使わないようにした方が良いよね、と私は思っています。

今日もみなさんデモをしました♪↓

170419_05.jpg

170419_06.jpg

170419_10.jpg

170419_07.jpg

お天気が良くて夏日になりそうだったので薄着していったら、なんと雨に降られ、晴れたと思ったら今度は強風が吹き、^^;でもさすが動じない犬飼いさんばかりでした。むしろ楽しんでる的な。^^;
170419_08.jpg

宇都宮、本当にのどかで素敵なところです。いつ来てもまったりとした何とも言えない空気が流れているんですよね。
端からみたら何もしてないんだけれど、あえて言うとしたらリラックスしてます。まずはリラックスを目指してます、という感じでしょうか。
良い学習をするにはリラックスが大切ですもんね。
小麦のかぁちゃんがおっしゃっていた通り、犬さん達も穏やかさに導かれて楽しく過ごしたのではないかなと思いました。私も本当にリラックスできて楽しかったです。・・・が、帰宅して写真や動画を見てみると、その場では気づかなかったワンコさん同士の会話が見えて来たりします。その場でも感じ取れるよう、私はまだまだ修業が必要だなと感じました。^^;

宇都宮に行くのはこれで何回目かな。いつも駅からの送迎など、みなさまお世話になってしまいすみません。ありがとうございます。m(__)m
そして、今日も変わらず満たされた散歩トレーニングでした。小麦のかぁちゃん、幹事のハク母さん、そしてご一緒した皆様、素晴らしい時間をありがとうございました!


おまけ。

170419_09.jpg
完全(では微妙にないけど)一致。(笑)


みなさま、またご一緒できるのを楽しみにしています!


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 22:25| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月16日

そこはどんな場所ですか

昨日参加させて頂いた「CDSつくばお散歩トレーニング」。
お散歩トレーニングという場が犬達にとって”良いものと”となるように、”良いもの”として条件づけられるように、私達飼い主はふるまう訳ですが、”犬達が気持ち良いように”と思うと自然と叱りや罰的なものがなくなって、お互いを批判したりということもない暖かい場所が出来上がっていきます。

170416_01.jpg

勿論犬が吠えたり突進したりしたら止める努力をしますが、その止め方が罰や叱りだったり犬がびっくりしたり警戒するものではないのですよね。そういうものであったら犬たちだけでなく私達人間もピリピリしてしまって、そういう空気は巡り巡ってまた犬達の警戒を高めるのではないかなと思います。
だからこそ、いつも自分の声(や存在)が犬達の中で”聞いたら(現れたら)興奮レベルが低くなるような”声(存在)であるように、普段の生活の中で取り組みます。私もずっとルビーと取り組んでいます。取り組むと言っても大げさなことではなく、”犬にとって良いもの”と”自分”をいつも一緒に彼らの前に提示する、ということを意識するだけです。大袈裟なことではないけれど、これって言ってみればいつでもどんな時でも穏やかで機嫌の良い存在であることを求められるので、すべきことは派手じゃないけど実行するのは結構難しいことなのかも、と思う事もあります。

でもきっと犬達はがんばってそうしようとしている私達のことをしっかり見てますね。自分を律する私たちのことを。人間のような言語を持っていないからなおさらそういうものに敏感なんじゃないかと感じたりします。
そして彼らは誰の側が落ち着ける場所かわかっていて、そういう人の足元にスーッと寄っていったりしますね。その人の醸し出す空気の中にポコンと^^;入って行くように。落ち着けるということは心地よいことなんだろうなあと思います。

170416_02.jpg

すごいなあと思ったのは、先生が強い犬がするような静かなボディランゲージで吠えてるワンコさんを諌めた時でしょうか。実は強い犬って相手に吠えたり攻撃したりはしなくて、視界にスッと入るだけで相手の興奮レベルを下げることができるのですよね。
そういう方法で犬達に対する人が増えたらきっと、彼らと私達の作り上げる世界は静かで穏やかで、今は色々パニクってる子もそんな必要はないんだ(大騒ぎしなくていいんだ)と感じられる場所が作れるんじゃないかな・・なんて思ったりしています。

もちろん私もまだまだ学びの途中で、でも私と同じようにそういった存在になるべく努力をしている仲間達の集う場所は、いつもリラックスした空気が流れていて、本当に心地よくて。

実は私が条件づけられているのだなと思いました。

あの場所が居心地が良くて、何度でもまたあの空間に身を投じたいと思うほど心地良いものとして条件づけられているのでしょうね。
そういうものを犬達にも用意してあげられたらいいな。
170416_03.jpg
いつかの道満

誰が良い子で誰が悪い子とか、誰が出来て誰が出来ないかとか、評価させることのない場所で、だからこそ逆説的に色んなことが出来るようになっていって。犬達も私達飼い主も、本当に大切なものってなんなのか自分のペースで探して。
犬達だけでなく私達飼い主もノーズワークしてるみたいなものかも、なんて思ったのでした。
犬達(猫達)と暮らしていく中で見えてきそうな大切なもの・・・宝物。みなさんも、そして私も、探し当てられますように!


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 18:48| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする