2016年11月02日

さいたまお散歩トレーニング

こんばんは。今日は一日寒かったですね。手が届きそうなほど低い雲が垂れ込めて、予想最高気温13度。わ〜ん!と思ってでかけましたが、本当に寒かった〜。^^;

今日はハク母さんのお散歩トレーニングに参加いたしました。
9組のワンコさん&飼い主さんと一緒に歩いてきました。
夏前にお会いして以来の方ともご一緒できてとっても嬉しかったです♪

161102_01.jpg

なんだか今日は若い子からベテラン犬さんまでみんな凄くよく歩くし、元気に走っていましたね。
匂い嗅ぎを沢山して探索して、距離を取りつつ仲間を意識しながら一緒にそこにいる・・だけに人間には見えるけれど、犬達はちゃんとボディランゲージで会話してるんですよね。だから距離があっても一つのパックとして歩ける仲間。というかお互いのスペースを尊重できるからこその仲間、というか。ボディランゲージについては色々見落としてしまうことの方が多いので私も勉強中です。
普段のお散歩では細い道や人通り車通りの多い道も歩くから、そういう時危険じゃないように脚側であるく練習もするけれど、でもその前に犬が犬としての欲求を満たせて安心できるような取り組みがあって、それを支えているんだなって思っています。

161102_03.jpg
ひじきちゃん&小麦のかぁちゃんによるデモ♪
さすがでした〜☆

ハク母さんから、ハク母さんのワンコさん”ももちゃん”のお話しがあって、社会化に必要なものってなんだろうって考えました。
社会化というのは簡単に言うと”色んなものに慣れる”ということだと思いますが、慣れればパニックに陥ったり、嫌なことがあってもそれを主張せずスルーできたり、ということだと思っています。それって前回も書きましたが抑制という側面もあると思うので、社会化されたワンコさんは幸せなんじゃないかなって思っています。(ちなみに私は自分の社会化に取り組み続けています。^^;)

私達人間もそうですが、何かあったとき頼れる場所、存在があったらいいなって思いますよね。
いったんそこで羽根を休めて傷を癒して、癒えたらまた「さあ、そろそろ行ってみよう」って思えるから。自分には安心できる場所があることがわかっていること(安心感)は、安定につながるんじゃないかなって思います。
そんな”頼れる存在”自分になりたい人があつまるから、今日のお散歩トレーニングもそういう空気に包まれていました。
寒かったけど心が温かくなったのはそういう訳なのでした。

161102_02.jpg
ジャムちゃん&ジャムラ母さんによるデモ♪
かわいかった〜☆

犬育て、毎日色々あって辛くなってしまう人が沢山いると思いますけど、癒す場所が欲しいのは飼い主さんもきっと同じですね。だから飼い主さんの港みたいなこんな場所が沢山できたらいいな。

ハク母さん、今日は遠くからお越しいただきましてありがとうございました!ご一緒したみなさまも素敵な時間をありがとうございました♪またどうぞよろしくお願い致します。


posted by カエデ at 20:54| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

お散歩トレーニング

こんにちは。
お日様が見えそうで見えない今朝の埼玉です。

チャーリードッグスクール認定インストラクターであるハク母さんがさいたまお散歩トレーニングを開催されます。


参加される方にはぜひ読んでおいて頂きたいのでリンクさせて頂きますね。


犬さんにとって、至福の時であろうお散歩。
そんなお散歩が辛くなってしまっている犬さん&飼い主さんはいませんか?

161029_01.jpg

問題を抱えているワンコさんや飼い主さんが、誰からも責められずにお散歩できる場所です。
普段のお散歩で警戒心バリバリの犬さんが
「あれ?なんだかいつもと違う。この世界って思ったより良いものなのかも」
って思ってもらえる様な場所になりますように。
そういう場所をみんなで作り上げることができますように♪
posted by カエデ at 12:00| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

お散歩トレーニングで得られるもの


いつだったかのお散歩トレーニング、基礎トレを終えて広場から”終わりの会”の場所へ戻る時、先生

「ひとことも言葉を発しないで自分の犬と歩き出して下さい」

と言われたことがありました。

みんなワンコさんが付いて来てくれるか心配だったかもしれないけれど、一組、二組と林の静寂の中をワンコさんと飼い主さんペアが歩き出しました。
一組目が歩き出してかなり距離をとって二組目、そしてまた距離を開けて3組目・・・。
ワンコさんと手をつなぐように静かに歩き出すお仲間さん達と、それを包み込む林の音。
美しかったなあ。

これっていつか夏目先生がおっしゃってた

「飼い主さんの周りにワンコさんが円を描き、その小さな円が沢山集まって大きな円を描いている」

という光景。

その直線バージョンだなって思ったのでした。

160630_131205.jpg

他犬に対して吠えが出ちゃうワンコさんも、他のワンコさんから十分距離をとればパニクらずにみんなと歩けるんですよね。
もし近づきすぎて吠えたり突進したりしたら、叱らずにその時できる穏やかな方法で両者距離をとる努力をします。

一見難しそうに思える”叱らずに吠えを止める”ということも、日々を共に過ごしているワンコさん飼い主さんなら、ある程度できるようになるんだなというのが私の印象です。
それに、先生ができるのだから私達だってどのワンコさんとも出来るはず!ということでリードワークやボディランゲージ(自分が使える様になる)や理念を今一度深くふかく勉強しています。

人間がやみくもに命令したり叱ったりしなくても、距離やボディランゲージや匂いで犬達とうまくやっていけると思います。むしろその方が平和です。
言葉や力で何かを伝えようとやっきになる人間を見て、犬達は
「落ち着いて、落ち着いて」
ってシグナルを沢山だしているのだと思います。そういう動画をネットで沢山目にします。

人は主に言葉(言語)でコミュニケーションを取る生きものだから、どうしても犬にもそれをやってしまって、でも犬達はそれを理解しないから今度は力ずくで・・・
となりがちなトレーニングがあると思いますが、お互いの間に齟齬が生まれ、関係が悪化してしまうケースが多いのではないでしょうか。

犬達のことば(ボディランゲージ)を見て、それに見合ったものを提供してあげられる飼い主が、犬に信頼され、意志の疎通が図れるようになるのだと思います。
お散歩トレーニングはその絶好の場所でした。
お散歩トレーニングの時くらい、いや、その時だからこそ言葉(人間の言語)でない犬の世界を感じたい。
犬の世界にいられる事を楽しめる人間でありたいなって思います。

犬達はきっとおやつをもらうのも嬉しかったり楽しかったりするかもしれないけれど、でもそれよりも犬としての高次の喜び・・・

同族と共にに歩く事。

それも、お互いのスペースを尊重しながら一緒に歩く事。


これをルビーには与え続けてあげたいなと思っています。

posted by カエデ at 20:20| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする