2018年11月24日

犬を迎えるということは

おはようございます。
寒い日になりそうですね。今日は午後一杯外出予定な一日です。


181113_01.jpg
・・・またまた在庫写真

犬や猫の勉強をしているとよく言われるのが
「飼主は後から好きになったもの」
という言葉。

生きものには
”生まれながらに好きなもの”と、
”後から好きになったもの”がありますよ〜。

ということなのですが。

私たち飼主は犬や猫を迎えると、嬉しくてくれしくてその時点からすでに彼らの親や兄弟になったような気持ちになって、遠慮なく接しがちです。でも犬猫からしたらどうなのかな?

「今日から私がママよ。(パパだよ)」
という言葉が通じるわけもなく・・・。
もしかしたら母犬や兄弟犬から離されて心細い想いをしながら家(彼らにとっては知らない場所)に来たかもしれないし、子犬でなく成犬でもらわれてきたとしても、新しい環境に連れてこられるということはそれなりに不安を伴うもの・・・なのでは?
そこまで思いやってあげられなかったなあと、犬を勉強するようになってあらためて気づかされました。

私たちが”犬を迎える”ということは、彼らからすると”突然に新しい環境に身を置く”ということ。

181102_00.jpg

そんな中で、犬にとっても飼い主にとっても当然の幸せを、なぜか困難にしてしまうようなトレーニングがまだまだ世の中にはあるんだなあと感じます。
”母犬がやるように優しくマズルを掴んで上下左右に動かす”と謳っている動画をつい最近見つけましたが、犬の出す”嫌だ”のシグナルは無視されていました。

犬の気持ちはどうだろう?

私たち飼い主がやることは、まず彼らを安心させること。
ここは怖い場所じゃないと、優しい世界なんだよと教えてあげること。
怖いことがあったら飼い主の元に戻ってきて安心を得られ、また勇気をだして外の世界に出ていける、そんな安全基地のようなもの。
その為にも私は彼らから見て”大好きなもの”になりたいなと(ありつづけたいなと)、思っています。


==================[お知らせ]=================
■11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 00:58| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

犬と暮らすと見えてくること

こんにちは。
今日も昼間は気温が上がりましたね。今週からはいよいよ寒くなりそうな予報なので、いつでも豚汁が作れるように^^;買い物してきました。

こちらは昨日のルビー♪↓

ツイッターのTLに年を重ねた犬たちの写真が沢山あがってくるのですが、愛しいなあと思います。
ルビーも今15歳くらいですが、ほんとパピーみたいな表情をすることがあってかわいいなあと、彼女のパピー時代を知らない私はしみじみ思ったりしてます。

181108_04.jpg


181111_01.jpg

何かができる出きない関係なく、生きていることそれ自体が素晴らしい。
・・・というのは、私の場合は虫に教えてもらった部分も大きいかな。^^;(共感されないことが多い部分ですが。^^;)
でも、犬(猫)も、そしてどんな生きものも同じ。
ただ、出来ないことが増えてきても彼女自身が暮らしにくくならないように気をつけたいし、その為の飼主としての勉強は続けたいなと思っています。

180419_01.jpg

180419_02.JPG


年を重ねた彼女が、若いころとは違う一面を見せると、犬生の彩りを実感するし、その視線はルビーという一匹の犬を超え、お散歩や散トレで出会う犬達へと波及していきます。みんな色とりどり、そこに飼い主さんが加わってさらに深みが増すのですよね。


180315_04.JPG

180221_03.jpg


おしゃべりな子、あまりしゃべらない子、(犬の場合は”吠える”と言われる。^^;)
派手に遊ぶ子、おとなしめな子、
リアクションの大げさな子、控え目な子、
ビックリしやすい子、色々気になる子、おっとりさん。


181018_03.jpg

180411_01.JPG



どんな犬が悪くてどんな犬が良いというのはなくて、
色んなタイプの子があるから面白いんですよね。
犬を学び、自分の中の理想を犬に押し付けない姿勢が、彼らとの暮らしを豊かにするのかなと経験からも感じています。


==================[お知らせ]=================
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 21:39| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

犬をもっと知りたい

こんばんは。
雨で、予報より寒い一日になりましたね。もうチニタには冬仕様でもろもろ対応しています。
ルビーは、夜寝る時、私の布団で一緒に寝るようになりました。心も体もあったまるアンカです。笑。(お互いにそうでありますように。)

161116_01.jpg
在庫写真♪(2016年11月)
ポイントは、先代猫フーラがひっかいてボロボロにしたタオルケット。(写真後部)笑。

まだ読み切っていない半積ん読の中の一つ、^^;「イヌの動物行動学」の中に、深くうなづいてしまう項目を見つけました。


”「咬むイヌ」という現象の研究”というページで、咬まれたことによるヒト側の精神的・肉体的苦痛に言及したうえで、
”イヌの咬みという行動についてのデータの取り方が、咬むという行動の責任がイヌにあると考えられやすいやりかたをしている。”
ということが指摘されています。

「そうそう、その行動をさせているのは人(=私)(や私を含む環境)なんだよね」

と、思った私。

この辺のことは、私自身、昨年、動物の行動コンサルタント青木あゆみ先生の「動物の飼育管理のための応用行動分析学講座」を受講させて頂いて行動の科学的な視点を持てるようになると、さらに実感をもってわかるようになりました。

犬と仲良くなるために、私たちにできることはまだまだ沢山ありますね。
そう思えるようになると、今まで犬にしてきたことを後悔するよりもむしろ、犬をもっと学びたい!という気持ちに突き動かされて前に進むことだけ考えている自分を発見します。


==================[お知らせ]=================
■11月16日(金)、11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 21:50| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする