2019年03月12日

トレーニングの結果というよりも

犬にこうなってほしいああなって欲しいという希望があって、それに向かって進んでいる時、その希望(というか目標?)に到達すれば問題がなくなるかというと、実はそうでなかったりすることがありますね。

例えば、手に負えないと思っていた犬がトレーニングの結果とても落ち着いたように見えるけれど、果たして彼は(彼女は)幸せなのか?を自分の胸に問うた時など。

190311_121128.jpg
懐かしい2012年秋の写真。お散歩中、後ろを歩く飼い主B(夫)を確認しながら歩くルビー。


犬と人との関係に「支配性理論」を当てはめることは違うということが科学的にわかって来て、
「ああ自分、やっちゃったな」
と気づく。
でも、そこで目をそらさずにがんばって向き合って、
「よし、ちゃんと向き合ったぞ」
と思う。
なのにしばらくしてまた同じことしている自分に気づいたりして
「また〜?!・・(泣)」
と愕然とする。(笑)

・・・みたいなことって多々ありますよね。

色んなことを知って理解したつもりでいても、自分の中に根付いているものを発揮^^;してしまうことって、あるなあと思います。そしてその度に修正するということの繰り返しだったりしますね。

でも、自分以外の命と真剣に向き合っていると、こんなことの繰り返しが当然のようにあるんだな、と思うようになりました。だから、学びは一生涯、ということなのかもしれません。

190219_01.jpg

でも自分が少しずつ少しずつ変化するその学びの過程で、犬との暮しが好転していくのを感じる人は少なくないのではないでしょうか。
例え自分が当初思っていた目標に到達していなくても。

少しずつ歩むその過程がその犬その人に与える影響って大きいんだなって感じています。
過程の大切さを計れるものがあったらいいのにね、とか。^^;もしそういうものがあったら、犬と人間はもっと日々(過程)を大切にしながら、ゆるゆると自然に暮らすかもしれない、なんて思ったりします。



============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 08:00| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月10日

道草の道の味

おはようございます。

うっかりマスクを忘れて外出したらくしゃみが止まらない昨日でした。^^;くしゃみも何度もしていると体力奪われるので疲れますよね。気を付けないと。

190310_01.jpg
昨日道草して撮ったクリスマスローズの写真♪

先日パラパラと読んでいた「こころの処方箋」(河合隼雄著)。
優しいことばで核心をついたお話しの数々。好き嫌いは分かれると思いますが私は面白く読みました。この本の中に、こんなことが書いてありました。


大人は子供に「道草をしてはいけない」という。
でも子供は、植物や虫、近道の発見などスリル満点の道草が大好きだ。

あるとき、豊かな生き方をしている方に、どうしてそんな生き方ができるようになったのか聞いてみたら
「結核のせいですよ」
と。

どういう意味かというと、学生時代に結核にかかって、周りのみんなが当然のようにしていることができなかった時期があり苦しかったけれど、大人になった時、そのころの経験が無駄ではなかったと思われる。
人と同じことができない辛さや悔しさを知ることができたから、弱い人の気持ちがよくわかったり色々なことに思い悩むことは意味のあることだと思えるようになったと。結核による”道草”のおかげでそう思えるようになったのだと。

”道草”によって”その道の味を知る”ことができた子どもも同様に、人生の色いろに何かしらの意味を見いだせるようになるのではないか。
目的地に早く着くことのみを考えている人は、その”道の味”を知らないのではなかろうか、と。


ああ、自分の犬育てと重なるなあと思ったのです。
犬との暮らしはじめて悩んだ時期も、この”道草”に例えられるのかもと。

あの悩んだ時期(=道草)のおかげで犬という生きもののすばらしさがわかったり自分を顧みたり、学ぶ楽しさや同じ方向を向いて学ぶ仲間に出会えた。犬育ての”道の味”を知ることができた・・。

190218_01.jpg

でも、今現在悩みの中にいると、なかなかそんな風には思えないものですね。だから、そんな道を一人であるくのは大変だから、一緒にその道草のお供をさせてけたら嬉しいなと思います。

お散歩トレーニングは、犬との暮らしに悩みを抱えた人や今はそこから抜け出した人、また犬との暮らしをもっと豊かにしたいと願う人などが集って、その日みんなで会ったこと、歩いたこと、同じ空間・時間を共有したことを祝福するような、そんな場所。
そこにくればホッとできて、なんとかその大変な時期をやり過ごせる、そんな場所。
まだまだ未熟な私ですが、そういう時間・空間を作れるようがんばりたいなと思っています。



============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 08:30| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

自分をチューニング

おはようございます。

土曜の早朝からトイレを詰まらせて格闘してしまいましたよ。^^;
ルビーのウン様をトイレットペーパーで厳重にくるみすぎた模様。皆様もお気をつけくださいね。

一昨日ちょっと外出しているうちに、静岡や神奈川の一部では雹降ったり雷なったりしていたようで、帰宅後ニュース見てビックリしたのを思い出しました。
昨日の記事の中では触れなかった犬たちが過剰反応してしまいがち(彼らからしたら過剰反応ではないのかもしれません。)なものに、雷もあるなと思い出したのです。

ちょうど昨日こちら「犬の森」でそのお話しが出て、難しい問題だなと思いつつ、ああそんなこともあるかぁ、生きてるとそういうことあるな、なんて感じたのでした。↓※ご興味のある方はぜひ。犬周りの興味深い事柄が毎日発信されている有料サロンです。↓



ところで我が家のチニタ君(猫)、しばらく上がれない場所がありました。
キッチン内にあるスツールなんですけど、以前そのスツールがあるところに別の台が置いてあったのですが、それがたまたま車輪付きのものだったものだから、飛び乗った時にそれが動いてビックリしてから、その場所に置いてあるものの上には乗らなくなっていたのです。

でも先日チニタのご飯をそのスツールの上においたまま他の用事に気がそれて忘れてしまい・・・。^^;

しぱらくして、
「あ、ご飯あげてない!」
と気づいて目をやると、スツールに乗っかって美味しそうにご飯を食べているチニタの姿が。

190309_01.jpg
日向ぼっこ中のチニタ♪

この解決策(?)が良いとか悪いとかいうことではなくて、そういうこともあるんだなあと。

でも例えばご飯やオヤツをスツールの上に置いて
「ほら乗って」
とやったらそれはとっても"罠"っぽい。^^;
ますますチニタを警戒させることになっていたかもしれませんね。

* * * * *

ひょんなことで問題がなくなったり、もしくは問題はなくならなくても暮らしが楽になったり豊かになったり・・するものだったりしますね。でもそれも、学びの上で実感できる幸せなのかもしれません。

犬の暮らしやすさを考えたり伝えたりしようと思う時、それは単なるうわさや都市伝説のようなものではあってはならないから、今ある最新の科学情報を入手したり、その科学も分野が色々あるから偏りすぎないように気を配る必要があるなと感じています。

そんな風に時には近くから、そして時には遠くから全体を見て、変数だらけのこの世界でどんな風に生きるのか。犬と暮らすとそんなことまで考えるようになるから不思議です。
自分や自分の犬との関係を、程よいところにチューニングする感じで暮らせるといいじゃないかな?なんて思っています。


さてさて、今日は実家へ行ってきます。皆さんも素敵な土曜日をお過ごしくださいね!



============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 08:48| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする