2016年11月27日

引っ越し

近々親戚が近所に引っ越してくる事になりました。猫さんが一緒なんですよね。今まで一軒家に住んでいて完全室内飼育の子(2匹)です。初めての引っ越し、初めてのマンション・・・。

引っ越しの際には、今まで使っていたものをボロボロでもいいからそのまま持ってきてあげた方がニャンコさん的には安心だろうから、我が家だったらトイレや爪とぎキャットタワー、チニタが使ってるパイナップルハウスや隠れ家で使ってるカドラー、ホットカーペットの上で使ってるフリースの毛布、おもちゃなんかを持っていくかな。家具も、しばらくは同じのを使うと思います・・・って、結婚してから4回位引っ越ししているけれど、猫や犬がいなくても使い回しの多い家だったな〜考えてみると。^^;

161128_01.jpg

こういう経験を目の前で見ると、やっぱりその子が好きなものを沢山作っておくっていうのは大切なことだなあと思います。その代表的なもの^^;は飼い主さん、(つまり私)でありたいなあと改めて思ったりして。
それでもこれだけの大きな変化の中に身を置いたら、すぐにはなかなか安心できないだろうことはたやすく想像できるので、そうなった場合に身を潜める場所を今の私だったら沢山作ってあげるかな。(チニタの時はそういう配慮さえできなかったので教訓になってます。^^;未熟な飼い主を許してもらえて本当に感謝してます。m(__)m)

越してくる親戚達は、新しい部屋から今住んでいる家に何か持って帰って、猫さん達に新居の匂いを紹介したりもしているようです。猫さん的にどの位安心できるかとか、どのくらいで順応できるかは個体差もあるだろうしわかりませんが、出来る限りスムーズに新しい生活に馴染めるといいなあと思ってます。


応援よろしくお願いします♪

posted by カエデ at 14:48| Comment(0) | 社会化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

犬と一緒に寝てますか?・・とはいえ。^^;

こんばんは。
最近は、暗くなるのが早いからあっという間に夜がきてびっくりな今日この頃です。一日は24時間ってことには変わりはないのになんだか焦るのは私だけでしょうか。^^;

161116_01.jpg

昨日の夜も冷え込んで、ルビーとチニタもベッドに潜り込んできました。
今となっては当たり前のこの光景、でも実はルビーを迎えた当初、彼女と一緒には寝ていなかったんですよね。
預かりさんのお宅では犬部屋でそれぞれのケージの中で眠っていたというので、寝室の隣のリビングにケージを置いて、そこで眠ってもらっていました。

猫とは小さなころから一緒に寝ていたのに、犬って一緒に眠れないの寂しいなって感じたりして。どうしてあんなに頑なに寝場所を別にしていたのか今となっては自分自身謎です。^^;
なんか変だぞ、と思い始めて調べていくうちに、普通に犬と一緒に寝てる人が沢山いるのがわかったり、犬は社会的な動物だから人の近くにいることが好きなんだって知って、それで一緒に寝ることを決めました。

決めたからと言って、いつもケージで寝ていたルビーをいきなり私のベッドに運んできて一緒に寝ようとしたのではなく、^^;ケージのドアを開けっ放しにしてルビーが好きなところで寝られる様にしました。
ルビーとの関係をやりなおしている最中だったので、すぐには私のベッドを選んでくれなかったかな。だからベッドに来てくれた時は嬉しかったなあ。ちなみに、ベッドの上にあげたり、私の上でルビーが寝たりしても、ルビーはリーダーになろうとしたりしませんので。^^;

でも、犬さんによっては人にベッタリくっついて寝ない子もいますよねきっと。
私が一風変わった子供だった様に(きっと今ですけど^^;)、犬さんだって色々だと思ので、無理強いはしたくないですね。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 22:21| Comment(0) | 社会化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

ルビー、初の抱っこ散歩♪

こんにちは♪朝から太陽の陽射しが見られて嬉しい祝日になりました。

ルビーの腰の調子はまだ万全ではないのですけど、先生からあまり歩かせないのも筋肉が落ちちゃってよろしくないので、様子見つつ少しずつ歩かせてあげてと言われたので、今日は近所の公園まで抱っこで行って、園内を少しだけ歩きました。

161103_01.jpg

抱っこ散歩。パピーを迎えられた方はしたことあるでしょうか。
ワクチネーションの関係で、本当は外の色んな刺激に慣れやすい時にお散歩にいけなかった為に、色々警戒しやすくなってしまうワンコさんもいるかと思います。そういうことの予防として、抱っこ散歩をできるといいですよね。
もしすでにそういう時期を過ぎてしまっていたとしても、今からじゃどうにもならないという訳ではなく、社会化を意識してワンコさんに対する事で、関係はいつからでも取り戻せるんだって、ルビーやお仲間さんから教えて頂きました。

抱っこ散歩で大切なことは、抱っこする人が犬さんにとって信頼できる人であるかどうか、ということかなと思います。
昨日のお散歩トレーニングで社会化ということについてまた改めて考えたんですけど、未知の世界に一歩を踏み出す時、大切なのはその世界でちょっと嫌な事に出会っても帰ってその気持を癒せる場所(=飼い主さん=母犬のような存在)があるかどうかなんじゃないかなと思っています。
だから、私達飼い主は、ワンコさんがどういう動物で、どんな人のもとで安心できるか、自分を抑制できるか、母犬はどんな風にして子犬達を教育するか、ということを学ぶ訳ですが、それが犬飼いとしてのひとつの楽しみでもあるよね!とも感じています。だって、どんどん自分が変われるわけですよ、これってワンコさんの力でもあるんじゃないかなって思ってます。

ルビーを抱っこ散歩しながら、私達、パピーの彼女を知らないから抱っこ散歩もしたことないけれど、こうやって身を任せてもらってお散歩できる関係になれて本当によかったなって感じました。
社会化を意識しながらワンコさんと一緒に生活することが、実は彼らと穏やかに共に生きる近道なんじゃないかなって感じています。

161103_02.jpg

それにしても、以前は毎朝の様に訪れていたこの公園、久しぶりに来てみたら木々や草が大きく育っていて凄く元気を貰えました。毎日訪れていたらわからないかもしれないし、そのただ中にいると気づきにくい成長だけど、きっと私達も少しずつ少しずつ成長しているんですよね。周りにいる人の方が見えているかもですね♪


posted by カエデ at 15:25| Comment(0) | 社会化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする