2017年06月29日

犬がリーダーになってますと言われたら

こんばんは。今日も湿度が高くてあまり過ごしやすいとは言えない一日でしたね。

170629_01.jpg
4月の写真です。今こんな陽射しの中出て行ったら犬達大変ですよね。


家庭犬のトレーニング。大切なことは、人間との生活においてお互い困った事態に陥らないように、失敗するような環境要因を出来る限り取り除いてこの先問題となるような行動が出ないようにすること、そしてそれ以外の行動にはその動物が好きなもので正解を教えてあげる、ということかなと思いますが、これって人間にも同じことが言えるんじゃないかなとふと思いました。

このブログでも何度も書いていますが、犬の世界で今も信じている人が少なくない『支配性理論』(パック理論、リーダー論、ドミナンス理論などと呼ばれる事もあります。)は、不自然なオオカミの群れの研究から導き出された”家庭の中の犬は階級を作るから、犬が一番上に立って人間を攻撃しないように、まずは人間が犬を力でねじ伏せて人間がリーダーだということを教える”という理論です。
実験に使われた(犬の祖先と言われている)オオカミの群れが実際の彼らの自然な生活形態と違っていた為、この理論はオオカミにも当てはまらないし、だとしたら犬にも当てはめるのはおかしいのでは?と言われてからかなり時が経ちますが、いまだこの理論は犬の世界に残ってしまっているようです。

この記事のタイトルにある「犬がリーダになってます」という言葉も、この考え方から導きだされた言葉だと思います。また、「支配性理論」は捨てたと言いつつ、自分で気づかないうちにその姿勢を内包した犬との付き合い方を続けていたり、また人に勧めてしまったり、ということもまだまだ沢山あるように思います。

そしてこの理論の通りにやってみたばかりに、犬の攻撃性が増したり(人は”攻撃”とみなしますが、彼らからすると自分や自分の大切なものを守る為の行動だと思います。)、それによって一緒に暮らす事が辛くなってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

* * * * *

それを信じてその通りにやってしまったら失敗してしまう・・ということが目に見えているであれば、私はやっぱり”その情報間違ってますよ〜”って言う必要があると思っています。
初めて犬を迎えた飼い主さんや今犬との関係につまづいている飼い主さん達が失敗しないような環境整備。「支配性理論」が間違っていることを知り、またその為に犬達との関係がこじれてしまっている人が沢山いることを知った私に出来る事。
こうやって
「その情報間違ってますよ〜」
って発信することもその一つなんじゃないかなと思っています。
誤解され続ける犬達と、その誤解が生んだ犬と飼い主さん双方の辛さを救える情報の発信に努めたいと思います。



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 17:50| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月22日

犬達が触れられたい人

こんにちは。
一日空いちゃいましたが、今日もこのあと実家へ行く予定があるので予約投稿です♪

ルビーを迎えた2007年頃に私がネットで目にした犬のしつけ情報の大半は、今からするととても古いものでしたが、そういうものは今も同じようにネット上に転がっていて、もちろん新しいものも沢山あるけれども古いものも混在したままそこにありますね。ネットだけでなく書籍でも同じことが言えるかなと思います。それらを信じて試してしまってワンコさんとの関係がこじれてしまうということが多いのかなって最近強く思うようになりました。かつての私もそうだったように。

170422_01.jpg
去年の4月。お仲間さん達と♪

不自然なオオカミの群れの研究から導き出されたとして、今では否定されている「リーダー論」(アルファ論)やその流れで犬を力で支配しようとする強引なマズルコントロールやホールドスチール、それにお散歩中に少しでも犬が前を歩こうものならリードをガツン!と引く(身体を傷めます)などは、犬に支配されないように人が犬を支配する、的な流れで広まったと思いますが、どれも犬を心身ともに傷つけ、問題行動と呼ばれるものに発展する可能性があると私は思います。
吠えを止める為にテレビなどでも紹介される天罰法(飼い主がやったことが分からないように犬をビックリさせる)も、家の中でやってしまえば彼らからしてみれば家の中がくつろげる場所でなく警戒しながら過ごさなければならない場所、もの、人であふれている、という状況になってしまうと思います。吠えが止まっても次の問題行動が出る可能性もありますよね。

流通の問題から、子犬達が家庭に迎えられるまでに犬として健全に育っていない可能性が高い日本の子犬達との取り組みが、彼らを”嬉しい”で満たすものであるといいなあと思います。
例えば、マズルをギュッと掴んで嫌がるのを無理やり力で抑えてその結果口を開けてもらえなくなったり攻撃行動を引き出してしまうより、マズルを触ったら嬉しくなっちゃってデレっと脱力してくれた方がお互いに幸せなんじゃないかなと私は思いませんか。自分の過去の失敗からもそう思うのですよね。

育てるとか一緒に暮らすということが、もしかしたらもともと難易度の高い日本の犬達を迎えた飼い主さん達が、誤った情報を取り入れて悩みを深くしないよう、私もがんばらなくてはと思いました。
大きくなってなんらかの理由で暮らす場所が保護犬さんや、もちろん健全に親犬の元で育った犬達も、新しい環境に連れてこられた時、まずは”嬉しいこと”で満たされますように。私達が彼らにとって”嬉しいもの”であれば、力で支配して無理やりこちらを振り向かそうとしなくても、犬達が自然と見たくなる(聞きたくなる触れたくなる)ものなんじゃないかなと思います。犬達の嬉しいことがなんなのか、いまいち分からないという方も一緒に勉強してみませんか?


昨日見た映画「マイビューティフルガーデン」。

登場人物たちは荒れた庭を作り直しながら自分の心を耕していたんだなと思いました。植物ではないけれど、犬という生きものに接する私達も同じなのかもしれません。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 12:00| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

どんな瞬間を探しますか?

こんばんは。
あれ?今日はFB投稿してなかった!と気づき出てきました。^^;

そして長くなったのでブログ記事にしてみました。^^;

今日はとっても暖かかったですね。ルビーとのお散歩で、また公園に行ってきました。まだ蕾が多かったけれどショカッサイの花畑がいよいよ出来上がりそうです。

170330_01.jpg

穏やかに歩くルビーを見ながら、彼女とのお散歩が全く楽しくなかった9年前を思い出していました。どうして楽しくなかったか。それは私が日頃から彼女を叱っていたからなんですね。
叱る事は、犬達にとっても問題行動のレパートリー^^;を増やしてしまったり、常にビクビクするようになったりという副作用があるだけでなく、人間側にとっても、叱ってるその子を可愛いと思えくなっていくというネガティブな一面があることを、9年前の私は経験していたなあ、とふと思い出しました。

困ったことはされないように家の中の環境は整えて、またやって欲しくない行動以外を全てマークする(褒める)ような勢いで、
食べる事を褒め、排泄することを誉め、目覚めた瞬間を褒め、ベッドから一歩出た瞬間に褒め、・・・できて当たり前と思っていることをかたっぱしから褒めたらどうだろう。穏やかな声と笑顔で。

* * * * * *

そして私に見えてきた景色。それは・・・。

ルビーではなく私に問題があったが為に^^;彼女の様々なことが問題に見えていただけ・・ということでした。

褒めることが出来るようになって、(そして、そのおかげで自分が落ち着けるようになって)初めて、そのことに気づいた、という切なくもどこか愛しい思い出があります。

叱る瞬間を探すより褒める瞬間を探して笑顔でマークする方が、犬達は褒められた行動を選ぶようになると思いますし、私達人間も気持ちが楽になって毎日が楽しくなって、彼らと(もちろん猫達とも)ずっと良い関係が作れると思いますよ。



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 22:00| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする