2016年11月14日

犬らしさ

ツイッターのお友達のリツイートで
大人にとっての”(子供のための)遊び”と当の子供達自身が”遊び”と思っていることの間にはズレがある、というような記事を読んで、あ〜わかるな〜って。

大人が「さあ、みんなで遊びましょう」「お友達と遊んできなさい」
と言って他者と一緒に遊ぶことを”遊び”と表現しても、そういうこと以外に興味がある子も・・・いる。
子供達の好奇心の対象は大人が気づけないところにあったりしますよね。子供だったことがある大人達が忘れてしまっていること。

でも自分が何を楽しいと思うかを自分以外の人に理解されたり共有されることは喜びなんじゃないかな、と思います。

この大人と子供の間に起きていること。飼い主と犬に起きていることと似てる・・・って思ったのでした。

「犬の犬らしさを考慮する」
ときには、正体不明のものの中で好きなようにころがらせてやることだ。ぬかるみの中をほっつきまわるのも我慢しよう。可能ならばリードをはずして歩かせてみる。リードを外せない場合でも、首ねっこをリードで引っ張ったりするのは絶対にしてはいけない。甘噛みと本気で噛みつく事の違いを覚えよう。
(p.327)

ルビーは若い頃、ミミズの干からびたやつが大好きでした。今はもう飽きてしまったみたいですけど。
泥や生きものの死骸は汚い、なんて感覚は犬達にはきっとないんですよね。猫も馬もネズミも、それに虫だって。そりゃあそうですよね。生きものとしては私達人間の方が特殊なのかなって思ったりします。

161114_01.jpg

チニタは狭い枠の中にはまり込むのが好きです。これも人間にはわからない楽しみかもですね。でも分る人もいるかも。(笑)


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 19:05| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月11日

安心な場所

こんにちは。朝から冷たい雨の降った一日でした。予想最高気温12℃ということでしたがどうだったのかな。

ホットカーペットに寝転がるルビーとチニタ。
いいなあ犬や猫は。雨の寒い日でも温かい場所で安心してのんびり眠っていられて。
床にベッタリはりついて寝てる姿を見ていると「かわいいなあ・・・」って。

161111_01.jpg

・・・かわいいなあ。

ワンコさんの寝てる姿が可愛くて、つい撫でたくなる人って多いかもしれませんが、もし自分が寝てる時突然撫でられたらびっくりしますよねきっと。

寝ている時だけじゃなく、日々の生活の中でワンコさんが好きだから、可愛いから撫でたいって人は沢山いるかもしれないけれど、ワンコさんの身になって考えてみると・・・。
という話しになるといつも思い出すのがこれです。↓^^;

小さい頃、母の買い物に一緒に行って、時々行き会う母の友人たちが私は嫌いだったんです。
甲高くて大きな声で
「かわいいわね〜!」
って叫んで(叫んでるつもりはないのだと思いますが。^^;)、勝手に頭をなでたり
「この方がかわいいわよ」
とか言って、おかっぱの髪の毛を耳にかけたりするので。

「さわるでない!!」

って、幼心に怒り心頭だったですよ。^^;
まず甲高い大きな声が嫌いだったし、その大きな声の人が上から手を伸ばしてくるわけですもんね。
怖いよ〜〜。

そう・・・怖かったんでしょうね。恐怖は怒りに変わりやすいそうです。

犬が本当に安心していられる環境ってどんなものかな?って、ルビーを迎えて初めて真剣に考えたけれど、自分に当てはめたら分りやすい事が沢山あったな。どうしてそういうこと忘れちゃってたんだろう。
忘れないと、嫌だった気持ちにフタをしないと生きづらいから・・というのもあったかもしれないけれど、私は好きな相手にそんな思いはさせたくないから、気づいたら(思い出したなら)修正できる自分でありたいって思ってます。

あ、ちなみに私、その可愛いって言ってくれた人に向かって凄い顔して「べーーーっ!!」ってやったらしいです。犬だったら吠えたってことですよね。^^;


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 18:15| Comment(0) | 問題行動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする