2018年09月16日

聴いてもらうということ

ひょんなことから、久々に目を通したお気に入りの本。


お気に入りというか教科書というか。

犬達も、安心して自分を表現できて、それをただただ聞いてもらえたら楽だよね、と思いました。

何も聞いてくれようともせずに無理やり自分を変えようとする人よりも、
ただただ自分の話を聞くということをしてくれる人がいたら、どんなに心休まるだろう。

パニクった時やいきり立った心に届くのは、そんな人の声や介入なのかもしれないなと思います。

150903_02.jpg

犬の言うことを聞けるようになるには、彼らのことばを知らなければならない。
そして聞こえているということを彼らに伝える為には、
彼らに通じるような方法でそれを伝えることが必要なんだなとつくづく思います。

だから、今よりももっと犬達のボディランゲージを理解して、
もっと使えるようになりたいなあと思います。





* * * * * * <<<座学のお誘い>>> * * * * * * * 
犬との暮らしに悩みの方、お散歩トレーニングに興味のある方、
ぜひ参加してみませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
            
   2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45
******************************
↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | ボディランゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

犬からのメッセージ

夏の疲れがたまってきて、ルビーとチニタの寝る寝る攻撃に抗うのが難しくなってきた今日この頃です。^^;みなさんは夏バテなどされていませんか?


ツイッターに上がってきたdocdogさんの記事。もう2年前のものですが、読んでみてあらためて「わ〜勘違いしてた!」という方も多いのではないかと思います。

記事の中に出てくる、"人に前足をかける"や"マウンティング"の意味も、「支配整理論」が自分の中に残っていると、ボディランゲージさえも読み違えたりするかも、と思いました。犬からのせっかくの「大好き」のメッセージも読み違えてしまうかもしれません。

まだまだ"人より上になってる"とか"人をばかにしている"と言われがちな犬たち。たとえ彼らとの暮らしが長くても、科学的な新しい情報を得ていなければ犬を誤解したままになるでしょうし、それはとてももったいないことなんじゃないかなと思います。

180803_02.jpg
本文とは関係のないチニタの写真をどうぞ。^^;

新しい情報によって犬に対する見方がかわり、接し方がかわると、犬との暮らしの困りごとが解決したり、またはその糸口が見つかったり、彼らとの暮らしがより楽にそして豊かになるのではないかなあ。そのためにも、自分自身しっかり学び続けなければと思いました。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | ボディランゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

洗練された生き方

こんばんは。
台風13号が昨日の予報からは少し進路がずれて、関東地方沿岸部を通っていきそうです。微妙に進路が変わるので、最新情報から目が離せません。

先日こちらの講座を受講しました。
「昆虫学入門 -多様性を探る- Exploring Insect Biodiversity」

普段はなかなか直接話を伺う機会のない昆虫の先生の講義ですから、毎回ワクワクしながら受講しました。
丸山先生の昆虫に向ける眼差しも魅力です。これは7/23から8/3までNHKラジオ第一放送で放送されていた「子ども科学電話相談」でも感じたこと。先生方がご自分の研究対象である生きもの達を誇りに思ってらっしゃるのを感じました。
その姿は私を元気づけ、勇気づけてくれます。


犬を好きな人たちも、もっと彼らの素晴らしさを素直に認めてもいいんじゃないかなと思ったりします。
ボディランゲージを知って、犬たちが争いを避けたい動物だということを知れば、彼らが危険な動物だとあおることもできないはず。繁殖から接し方に至るまで、彼らの危険な行動を引き出しているのは人間の方だって、私たちは気づけるのではないかな。
そんなことを思った夏休み前半でした。
・・・休んでないけど。^^;



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | ボディランゲージ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする