2019年04月24日

犬にも人にも優しいリードワークを学びませんか?

こんばんは。
気圧が下がってきてますね。しかも明日の予想最高気温26度で明後日は17度だそうですよ。影響を受けやすいワンコ、ニャンコ&飼い主さん、どうぞご自愛くださいね。

190424_01.jpg
近所の道端のハナニラたちは、ピンクっぽい子がいてとってもかわいい♪

犬とのお散歩のお悩みをお持ちの方は沢山いらっしゃると思いますが、中でも引っ張りや吠えに困っているという方は多そうですね。

リードワークを習うようになってから、この”引っ張り” を ”自分(飼い主)が引っ張らないこと” で緩和できるということを知りました。

そして自分が引っ張らなくなると、リードのフラストレーションが無くなって犬が吠えなくなったり、またリードが張れていないことで犬らしいシグナルを出し合うことができ、それが彼らの警戒心をやわらげる(=お互いに安心する)ことで吠える必要がなくなった(のであろう)、というような場面にも多々遭遇したりしています。
普段のお散歩で吠えている犬が、お散歩トレーニングでは吠えない、という経験をする方は沢山いらっしゃいますよね。散トレではリードワークに気を付けて、犬たちが地面の匂いを嗅いだり、スペースを広く取りたい犬の動きを邪魔しないようにしたりして、彼らが落ち着けるよう配慮できる常連さんがいてくださるからだと思います。一緒に学び続けてくださるみなさんに感謝しております。

181213_002.jpg
昨年12月のリードワークワークショップ♪

こんなふうにして、リードワークとお散歩の快適さは深い関わりがあるのだなあと、リードワークを習うようになって実感するようになりました。お散歩トレーニングをするにあたってこれは必須事項だと感じているのですが、いかんせんまだ私にはその全てを誰かに教えることができる技術がありませんので、(しつこいようですが^^;)チャーリードッグスクールリードワーク・ワークショップ【5/6(祝) 横浜開催をご案内いたします。
「え?私引っ張っていませんよ、引っ張ってるのは犬ですー!」
という方もぜひ!↓ ↓ ↓ 


先日の横浜お散歩トレーニングでも、初めて3mリードを使った方がとても上手にそして楽しそうに歩いてらしたのが印象的でした。
優しいリード使いで犬も人も楽しくお散歩したいという方に届きますように!との願いを込めて♪


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月12日

リードワークあれやこれや

こんばんは。
今日もなんだか寒かったですね。春ってこんなに過ごしづらかったっけ?と感じるのは、私が年をとったからでしょうか。^^;

190412_01.jpg
昨日は本当に綺麗な一日でした♪

お散歩中、リードのテンションを解除することが犬達にとって色んな安心につながるんだなぁというのを(学んだというのももちろんありますが)実感としても感じます。

リードが張れると拘束感があるでしょうしそれは警戒心を煽るから吠えやすくなったり、
もしくはリードで繋がっている飼い主さん(犬にとって大切なもの)を守るために吠えたり、
はたまた飼い主さんと繋がっている感があるからこそ心置きなく吠える、とか。^^;

また、リードが張れっぱなしになることで自由に動けない居心地の悪さや(=自分が出したいボディランゲージが出せない)、
穏やかなシグナルを出せないことによって相手の犬から不信がられたりなど、私たち飼い主のリードワークは犬たちに様々なことに影響を与えているようです。

リードワークを習えば習うほど、自分がどんな風にリードを扱うか、そしてどんな風に動くか、ということなんだなというのを感じます。
犬に優しい犬具を使いたい、動物福祉に則った飼育をしたい、でも今はパニック的に吠える犬のお散歩をハーネスでするのがまだ怖くてできない、カラーやプロングカラーでないと不安でお散歩にいけない、という飼い主さんがもしいらしたら、ぜひ夏目先生のリードワーク・ワークショップへ足を運んでみてください。犬のことを想って悩む飼い主さんを、強く優しくサポートしてくださいます。(※ハーネスは、犬に優しい犬具だと言われていますが、リードワークによってはハーネスでも犬に負担になりますね。逆に言うと、プロングカラーでもリードワークによって犬に負担にならない使い方ができると先生はおっしゃっています。)

5月6日「リードワーク・ワークショップ」

犬のことを想って”動物福祉に則った犬との暮らしを”と願う時、同時にそこへ向かおうとしている(向かいたい)飼い主さんのサポートが必ず必要だと思います。頑張る飼い主さんが心無い言葉に追い詰められることがありませんように、そして歩む過程を大切にされますようにと願うばかりです。



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

リードワークに夢中♪

こんにちは。
良いお天気ですね♪今日こそお花見日和な感じでしょうか。こんなに長く桜の花がもったのは珍しいんじゃないかな?なんて思っています。
今日は本当はgirs-girs(グリグリ)さん主催のリードワークワークショップ(講師:夏目真利子先生)に参加する予定だったのですが、このところのルビーの様子を見て大事をとってお休みさせていただきました。ご迷惑おかけして本当にすみません💦

そんなルビ子、食いしん坊万歳とはこのことか^^;という感じで。
食べることを褒め、排泄することを褒め・・という、犬たちの(猫たちの)当然の行動を褒め称える暮らしは、こんな風に犬の一生を支えるんだなって実感しています。

181215_01.jpg
これは去年のさいたまでのリードワークワークショップ♪

それにしても今日のリードワーク・ワークショップ、本当に参加したかったな。
私がどうしてこんなにリードワークに夢中になるのかというと、犬の楽しみであるはずのお散歩に必ず必要なものがリードであり、でもそのリードの扱い方によって楽しみなはずのお散歩がそうでなくなってしまうケースが少なからずあるなと感じているからです。
例えば強すぎるリードのテンションだったり、逆にゆるゆるすぎていざという時穏やかに止められないとか、もしくは脚や体に絡まったりしていないかな?とか。それによる吠えや突進、固まって歩かないなど、人間的には問題行動ととらえがちなもので、犬だけでなく飼い主さんも困ってらっしゃる方が多いのではないでしょうか。
犬の心と体を傷める可能性のあるリードショックやチェックなどを一切使わずに、犬が嬉しかったり心地良いと感じるリードワークでお散歩できたら最高ですよね。

110208_02.jpg
ワンコの高速回転にも対応(笑)

ただ、まだ私はリードワーク全般を誰かに教えられるというところまで到達していないので、もう必死なわけですね。^^;なので、戸外でのトレーニングが夏休みに突入する前に、少しでも多くリードワークの勉強をしたいと息巻いております。(笑)

でも犬達に
「ちょっと落ち着け」
とカーミングシグナルをバンバン飛ばされそうないよう、普段は熱い思いをひた隠しにしています。(が、漏れてたらすみません!^^;)

ちなみに夏目先生のリードワーク・ワークショップは5月6日に横浜でも開催されます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

飼主さんもプロも一緒に学べるワークショップです。(前もって「犬の森」(オンラインサロンです)で学んでおくと、ワークショップでも理解しやすいと思います。)
犬たちが心地よいリードワークってどんなもの?って興味を持ってくださる人が一人でも増えたら嬉しいです。ぜひ一緒に学びませんか?



========  [「犬とまんまる」よりお知らせ]  =======
お散歩トレーニングはゆるゆるとした社会化のための場所。
犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 13:27| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする