2018年05月05日

たかがリードされどリード

*******************************
青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」
*******************************

おはようございます。(書いてるうちに、こんにちはの時間になったけど。^^;)
今朝も公園散歩行ってきました。この季節は本当に朝の公園が気持ち良くて、あ〜もう一日中外にいたい(笑)と思うくらい外っ子になりそうです。

180505_01.jpg
お散歩終わってご飯食べてぐっすりのルビーです♪

公園の入り口で若そうなフラットのお散歩している方とすれ違いました。

お散歩も、リードを引っ張らないだけでびっくりするほど楽になるんだろうなあと思ったりします。

お散歩トレーニングでは3mリードを使用して引っ張り合わずに歩くのを目指しているので、何回か参加されると3mリードの基本的な使い方がわかって、初めて使う方などは目から鱗なんじゃないかなと思います。ダラっと延ばしっ放しにして使うのではなく、リードが絡まったりねじれたり、犬の脚にまとわりついたりしないように、両手でリードをさばきながら歩くので、結構人間の方が動く必要があるのですが、そうしているとお互い犬語も出しやすいし(=仲良くなれる)一体感が生まれるなあと感じます。

先生の歩行などを見ていると犬となめらかなダンスをしている様に見えるんですよね。

180505_02.jpg
エゴノキの花だそうです♪

3mのリードをただ使えばいいということではないので、お散歩トレーニングはリードの使い方を模倣学習する場としてもとてもいいなと思うようになりました。
大型犬や引っ張りの強い子のリードワークについては、私も学びの途中ですので先生をご紹介できます。遠慮なくお問い合わせくださいね!
さて、あと一日でGWも終わりですね。気圧もお天気も安定した一日になりそうです。楽しい一日になりますように♪


 
**************************
「埼玉県動物指導センター見学会」に参加しませんか?
5月31日(木) 10:30〜(1時間程度)
詳細はこちらから
**************************

応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 11:48| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

リードワークとボディランゲージの関係

こんにちは。
朝から降っていた雨があがった埼玉です。なんだか陽も出てきましたよ〜。嬉しいけど蒸しそう。^^;

先日のCDSリードワーク・ワークショップでは、犬たちのボディランゲージを観察したりもしてました。

参加犬テルモくんによる「オンリードのおいで」が見えた。^^;

オンリードのおいでは、
「おいで〜♪」
と言いながら後ろを向き、リードを(引っ張らずに)送り出しながら犬から去る、という動きのことをいいます。
犬は去って行こうとする飼い主さんを(リードはゆるゆるのまま)「待って〜〜」と追いかける、ということになります。

先日の参加犬テルモ君の動きはまさにこれでしたね。
テルモ君が「行くよ〜」とボディランゲージで言い、私たちが「は〜い♪」とついていくという。(笑)

180422_01.jpg

3mリードとハーネスが推奨されています。(犬とまんまるでも同じです。)

リードのテンションが強過ぎるとお互いに引っ張り合いながらお散歩することになって身体にも負担ですし(歪みを生じさせるので)、またリードが張りっぱなしだと興奮にも繋がるので、なるべくテンションかからないままお散歩できたらお互いに楽ですよね。3mあればリードを緩めたまま歩かせてあげることが容易になるんじゃないかなと思いますし、それを実感しています。(勿論長くできない様な場所では短く持ちます。)

さらに、犬が他の犬に会った時に”敵意はありません。仲良くしたいです”という頭を下げるボディランゲージなども出せるので、お互いに穏やかな意思表示が伝わって無用な争いを避けられるということにも繋がるかと思います。短いリードと首輪だとこれがなかなか出来ないので、ボディランゲージを出させてあげる為にも3mリードとハーネスはおススメです。

ただ、今はまだハーネスは無理、という方も沢山いらっしゃると思うので”いつかそうできるように”を目指せたらいいですよね。これじゃなきゃ絶対にダメ、というのは暮らしにくさに繋がってしまいますので、一度に何もかも変えようとしなくても大丈夫だと思います。

180425_02.jpg

より良いものを求める気持ちは学びを加速させて、より犬との暮らしを楽しくしてくれるのではないでしょうか。そんな飼い主さんが一人でも増えたら嬉しいな〜。全力で応援したいです。


 
******************************************
6/16、青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」 開催します♪
ブラッシングや爪切りなど、猫の身のまわりのお世話を
お互いに心地よく行うためのハズバンダリートレーニング。
ハズバンダリートレーニングには”下ごしらえ”が大切です。
ハズトレをスムーズに進める為に
ぜひ一緒に学んでみませんか?
同内容のセミナーが福岡でも開催されます♪(6/10)
******************************************



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 13:16| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

”叱らない”はリードワークでも

こんばんは。今日はチャーリードッグスクールのリードワーク・ワークショップに参加させて頂きました。

170517_01.jpg

犬とのお散歩は文字通り”犬達の為のお散歩”。
その為のリードワーク・ワークショップ。

何度参加させて頂いても新たな気づきのあるワークショップです。
多分従来の犬のトレーニングをイメージして参加されると色んな意味で^^;びっくりするような内容だと思いますが、でもこれをワンコさんを迎えた時から意識していれば、彼らとの生活がもっとスムーズに行ったのではないかと思う方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。そのくらい、犬のトレーニングの世界では異質なものなのだろうなと今日改めて感じました。

でも参加されるとわかると思います。ワンコさん達が生き生きとしていることを。(もちろん飼い主さんも♪最初戸惑いがあってもきっと生き生きしてきます。)

オンリードでも犬がオフリードのような感覚で歩けるように、私達飼い主が勉強する場所なのです。
でも犬達がリードをつけてお散歩することは、普段の生活の中の一部なので、リードで繋がっていない時から”叱らない”を実践するところから始まるんですよね。
私とルビーの関係も、私が叱るのを止めた時から新しいスタートを切ったと思っています。本当にそうなんです。もし今までご自分のワンコさんを叱っている方がいたら、それを止めるだけで彼らとの関係がガラっと変わるはずと思います。(なぜなら叱りは彼らを怖がらせたり不安にさせたりするものだから。)

そして、その”叱らない”の延長線上にリードワークもあるんだなって、今日は強く感じました。なぜなら私は今まで自分が意識しないところでリードワークで彼らの事を叱っていた(不快な思いをさせていた)ということがわかったからです。

叱る事を意識的にやめ、更に無意識でやってしまっている”叱り”も修正できるように。そうすればもっと彼らの信頼を得て、彼らと調和しながら生きていける。そういう希望が見えてくる場所です。

170517_02.jpg

犬達の、人間から見て困った行動を引き出しているのは自分だったんだ!って気づいた時の衝撃^^;と共に、なぜか自分の中に明るい光が差し込む、不思議な瞬間がこのワークショップにはあります。
自分は今まで間違っていたけど、修正すれば彼らの笑顔が見られるって確信できるからかな。

リードワーク・ワークショップ、夏の間はお休みですが、秋からまた単発で開催して頂けるようです。また座学なども随時開催されていますのでご興味あるかたはぜひ一緒に学んでみませんか?きっと新しい世界が見えてくると思いますよ♪





応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:56| Comment(0) | リードワーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする