2017年07月05日

それホントに可愛いかな?

こんばんは。
昨日は台風の影響で各地大荒れだったようですが、みなさんは大丈夫でしたか。
何かが起きた時必要以上に慌てないように、日頃から準備&イメトレ^^;しておくと心の持ちようが違いますよね。

実は先日、夜の9時頃に断水があって、つい「管理人室に行ってみなくちゃ」「他のお宅はどうかしら?」なんてバタバタしがちですが、そこで一呼吸おいて落ち着いて行動しないと、って、ルビーやチニタの目を意識するとそんな風に思えます。彼らを警戒させたくないですもんね。

結局、トイレは日頃からバスタブに水は張ってあったので流せるし、水も備蓄があったので夜のコーヒー(コーヒーで眠れなくなるという事がないのです。^^;)も飲めて、程なくして水も通ったので良かったです。

170705_01.jpg

警戒、という言葉で思い出すのは、ルビーは若い頃、沢山の同族達が集まるお散歩トレーニングに参加して、そこで年若いパピーなんかに会うと、必ずプレイバウに応えて一緒に遊ぶ・・・
ということをせず、^^;興奮して近くに寄り過ぎる彼らをプイプイ・・・プイプイ・・とことごとくかわして歩き、始終そんな感じでパックの中に居続ける、という犬でした。子供を産んだことがあるようなので、彼女がパピーを育てている時の姿がなんとなく想像できるなあなんて思ったものです。
ルビーを迎えた当初の私は、散歩で犬に会うと私の後ろに隠れるようにする彼女のことを見て「犬が怖いんだな」と思っていましたが、とんだ思い違いだったのはこのブログでも何度も書きました。
彼女は犬同士の互いのスペースを尊重して、自ら私を壁にして相手との刺激の調整をしていたんですよね。

こんな風に、知らないと中々犬達が何が”嫌”で何が”嫌じゃない”のか分からないことって沢山あります。
そして人は自分の感情を通さずに犬そのものを見る、ということがなかなかできない生きものだったりしますね。特に人の近くで暮らす動物達に対してはその傾向が強いかもしれません。自分もかつて様々なことを見誤っていたからそう思うのですが。

なので今日は参考になるイラストをご紹介しますね。


上で出てきたクジラ目は左から1、上から3個目ですね。
「近づかないで」ってなってますが”今その状況が嫌だ”ってことだと思います。
顔を近づけられたりハグ^^;されたり、カメラを向けられたりするとこんな風になる犬は多いのではないでしょうか。
クジラ目についてはこちらのサイトもどうぞ。


白目見えてる犬見て「かわいい〜」とか言ってる場合じゃないのだった。^^;
人目線をまず捨てないとですね。
ご自分の犬の写真にこういうのが沢山あるのを知ると凹んでしまう人もいるかと思いますが、^^;ぜひそこを一緒に乗り越えて行きませんか?!

”嫌だ”のサインって、初めから特に気を付けてやっていなければお手入れなどの時などに出やすいと思いますし、以前書いた”定位反応”もその中に一つだと思います。
お手入れにかぎらずお散歩時などにも出会った人が頭を上から撫でようとすると首をすくめる犬は多いんじゃないでしょうか。

まずは”嫌だ”のサインに気づけるように。
そしてそれが少しでもでたらやめてあげる。
もしどうしてもやらなければならない事だったら、次からは嫌だのサインが出ないように工夫する。
・・・などして、日々の生活を送る様にすると、犬との関係がもっと良くなるのではないでしょうか。
だって、嫌だって言ってる事を無理やりやられたらもっと嫌なんだってことは(ややこしい。^^;)、人間だってわかりますもんね。

と、書いてる私も日々、ルビーとチニタと共に”嫌だ”が出ない暮らしに楽しく取り組んでいます。楽しいことには”嫌だ”があるわけないので、これが毎日つづくというのは犬猫達の暮らしがずっと終わりまで楽しいものである、ということになるはず。毎日そんな風に暮らしていれば想定外の嫌なことが起きても、回復(勿論手助けします)も早いんじゃないかなと思います。それは犬にとっても飼い主である私たちにとっても幸せなことですよね。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 17:38| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

「この子お散歩が嫌いなんです」で済ませたくなかった

こんばんは。埼玉、朝から太陽がでて気持ちの良い一日でした♪

先日初めて猫のチニタを公園散歩に連れて行きました。

彼は室内飼育の猫だけれども、犬の勉強をしているうちに猫にだって当たり前に外の環境が必要だよね、と思うに至り、外を楽しくお散歩できるようにしてあげたいと思っていたのです。猫という動物の環境エンリッチメントの為のお散歩ですね。

環境エンリッチメントとは・・・
動物の飼育環境を改善するための実践的な工夫。動物を何もしない折に閉じ込め単調な生活を強いることが、苦痛を与え異常行動を発現させる。こうした指摘を受け、1980年代から環境エンリッチメントとして数々の試みが動物園でなされるようになった。
(『行動生物学辞典』東京化学同人より引用。)

我が家は動物園ではありませんが、^^;猫(チニタ)をある意味室内に閉じ込めて生活しているので、彼の環境エンリッチメントの為にお散歩を、ということですね。なので”チニタが心地よくお散歩できる”ということに重点を置きます。

170519_01.jpg

その為には、リードを付けたりハーネスを着けたりそれをつけて平気で歩けるようになったり(他にも色々、いろいろ。)色んなことに慣らさなきゃ!と思うかもしれませんが、私がまず最初に大切にした(そしてこれらもずっと大切にする)のは、私が彼にとって怖くない存在になるということでした。
チニタにリードをつけるのもハーネス着せるのも外に連れ出すのも全部私なので、彼に接する私、彼の隣を歩く私が彼にとって怖い人だったら、新しい環境で安心して歩けるわけないですもんね。

これ、ワンコさんも同じだなあと思います。
例えば子犬を迎えて初めてのお散歩。ワクチネーションの関係もあるので抱っこ散歩から始める人も多いと思いますが、きっと見るもの聞こえるもの感じるもの全てが初めてで特に小型犬さんは外というものに圧倒されてしまう子も沢山いるかもしれません。
そんな心細い気持ちでいる時、いつも叱られてる人に抱っこされてたらお散歩ってその子にとってどんなものかな。

* * * * *

ちなみに、叱った後に良い行動をしたら思い切り褒めているから大丈夫・・・でしょうか?
いつも叱る怖い人に褒められて犬は(猫は)嬉しいですかね。^^;安心するかな。
それに今怒っていたと思ったらすぐに笑顔になって・・って、そういうのっていつ起こり出していつ機嫌がよいのかわからない不安定な人って解釈されないかな、とか。

大型犬さんなど、中には叱りもものともせずスルーしてくれる子もいるかもしれませんが、でもみんながみんなそういうタイプの子ではないと思いますし、そう言うタイプの子でも叱らない方がいざという時頼りにしてくれるのは安定した人だと思いますよね。

そういう意味では・・・
チニタは知らない人が怖いので人気のないところを散歩していますが、何かあった時にも大慌てせずにチニタを保定してキャリーバッグにいられる安定した自分、というのをいつもイメージしながらでかけています。人形は顔かもしれないけど(これ知ってる人どのくらいいるのかな。^^;)飼い主は安定感が命です。^^;

・・・というところをチニタとお散歩しながら考えていたのでした〜。
猫のお散歩から犬のお散歩を考える、の巻。^^;

自分が一緒に暮らしている動物のことを勉強するのは勿論大切だなと感じますが、猫の事を勉強すると犬という動物が見えて来たり、逆に犬の勉強をしていると猫のことが見えて来たりしますね。
そういう意味ではこちらのテンプル・グランディンさんの本は本当におすすめです。


犬猫以外の動物達のことも書いてあるのですが、犬や猫にも当てはまるなと感じることが沢山出てきます。すると、人間という生きものがどんなに他の動物達と違っていて、じゃあ私たちはどんなことに気をつけてあげれば彼らと上手にそして豊に暮らしていけるのかな、って考えられますよね。もっともっと動物と仲良くなりたい方は人ぜひ読んでみてくださいね!




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 18:51| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

”逃げる”を考える

こんばんは。世の中はゴールデンウィークに突入ですね。
旅行や里帰りなど計画されてる方も少なくないのかな?みなさん楽しい時間が過ごせますように。

花や木が美しいこの季節。植物についてこんな記事を見つけました。


静かにそこに生えてるだけに見える植物も、色々知ってみると凄いな〜と思いますよね。
上記サイトには彼らが生き残る為または子孫を残す為の戦略(?)が色々紹介されていましたが、その中のひとつとして”毒をもつこと”も紹介されていました。
植物達は敵がやってきても”逃げる”ということができないので、自分たちの中に敵を遠ざけるもの(=毒)を持っているものが多くあるんですよね。これを知るとほとんどの植物が毒を持っているということはある意味当然のことなんだと納得がいくのではないでしょうか。

でもこれって逆に考えると、植物以外の生きもの達が移動できるのは”逃げる為”でもあると言えるのでは?なんて私なんかは思ったりします。
勿論逃げる為だけじゃなくて、食べる為(獲物を獲る為)とか散策する為とか恋のお相手を探す為など、他にも理由は沢山あると思いますが、移動できるのはなぜかということの理由の一つとして”逃げる為の手段”というのがあるといえるんじゃないかなあと。

逃げようとしてもそれが出来ないとき、(動物達は動けるので)身を守る為には相手を攻撃しますよね。
だから逃げ道を阻まれた犬(や猫)が攻撃に転じるというのは、彼らとしては当然の行動と言えるのではないでしょうか。

170502_01.jpg

犬達は(というか、人間もですが)パーソナルスペースというのをそれぞれ持っていて、その中に侵入されるのを嫌がります。だからお散歩中に他の犬に会った時に「挨拶しなさい」とばかりにリードを引っ張られて無理やり犬同士近づけられるのを嫌がるワンコさんがいるのは当たり前と言えるかもしれません。リードで繋がれていて逃げ場がないのでガウ!っと攻撃に転じてしまう場合も多いのではないでしょうか。

また逃げ場がないと言う意味では、無法地帯と化した閉ざされた場所も逃げることができなくてストレスフルですよね。
私は小さい頃習っていたお稽古事のレッスン場が正に無法地帯と化したことがあって、^^;小学校低〜中学年くらいの子達がフローリングの広い床を大きな声で走ったり転げまわったり、人の脚持って引きずり遊びをしたりという中にいなければならないことがあって、嫌なのに自分も追いかけられたり引きずり回されたりして心底疲れ果てたことがありました。^^;あれは無法地帯と化した(正しい介入者のいない)ドッグランと同じ状態だったなと、犬の勉強をしはじめて思い出すようになったのです。

そんな経験を思い出してしまう私なので、犬達が嫌だよ、恐いよ、助けてと言っていたらそれに応えてあげられるようになりたいなと強く思うようになりました。
そのために”嫌だよ”のサインを見逃さないようにしたいし、パニックになっている彼らを混沌から掬い上げてあげられる様な存在になりたいって思いながら勉強をしています。
そんな時必要な事は、やはりネガティブな気持ちに追い打ちをかけるような罰や叱りではないのですよね。人間仕様の叱りは犬には通じないばかりか彼らを怯えさせることに繋がるし、叱ってる姿は彼らにはとても不安定に映ると思うので。それでは犬達を救えないですもんね。
咄嗟の時にも彼らの気持ちがホッとして、”この人の側にいれば安心”と思ってもらえる様な接し方や在り方を日頃から意識したいと思っています。
ということで、今日は植物を見ていてふと思ったことを記事にしてみました♪



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 21:52| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする