2019年06月15日

「君は、おれのもの」の意味するところ

こんばんは。
今日は一日中雨。チニタも近所の親戚宅の猫もベッドと一体化しそうに眠っていましたよ。

190615_01.jpg


小さい頃一緒に暮らしていた猫は、私や姉が親に叱られて泣いたりしていると、わざわざ部屋に入ってきて隣に腰を下ろしたり寝そべったりして、しばらく静かに一緒にいてくれるような猫でした。

悩み多き子供時代。^^;鬱々とした気分でいる時も、庭で植物や虫を相手にしているといつの間にか落ち着くことができたのも、彼らがただ(側に)居るということが上手だったからなのかなと思ったりします。


190615_02.jpg

・・・という貴重な経験を大人になる過程でいつの間にか忘れて、犬を迎える頃にはすっかり(よろしくない^^;)情報の渦に呑まれていた私です。

でも何かが間違っていると思って学び始めた犬のこと。


「ムツゴロウの動物交際術」という本の中に、犬がお尻(尾の付け根)をつけてくる、というような行動は

「君は、おれのもの。おれ、君のもの」

という意味がある、と書いてあって

「わぁ〜〜♪」

と嬉しくなれたのは、

君は、おれのもの」
のあとに、
「おれ、君のもの」
と書いてあったから(信頼してる、大好きって意味だと)理解できたのかもしれません。


でも、いわゆる『リーダー論』(支配性理論)に浸かってしまっている時に

「君は、おれのもの」

の部分だけ読んだら、もしかすると

”人を支配しようとしているってこと?”

なんて考えてしまったかもしれないなと思ったりします。

それを思うと、犬との間に齟齬を抱えたまま暮らすことにならなくて良かった(ルビーの為にも自分の為にも。)、学ぶといいことあるなあって心から思うのですよね。

出会った犬が大喜びしたり飛びついたりしてくれなくても、もしかするとこんな風に静かな感情表現をしているかもしれません。

彼らのそういう静かな表現をもっと知りたいと思うから、犬の学びの旅はまだまだ続きます。


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓


posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

犬猫自身の暑さ対策

こんばんは。
今日も暑かったですね〜。
でも関東地方も梅雨入り間近とかなんとか。
ということは今日は貴重な晴れだったのかな?

190606_01.jpg

暑くなってくると犬たちの暑さ対策も色々気になってきますね。

エアコンや扇風機の他にも、除湿機(我が家も導入済み)やひんやりシートを併用して、色々工夫されている方も多いのかな。

不自然に毛をカットされた犬たちの写真がツイッターに上がってくる季節でもあります。こちらの記事を読んでいただければなあ。


犬の様にパンティング(ハァハァと口で洗い呼吸をすること)をしない猫たちも、彼らなりの体温調整法を身に着けているようですよ。


犬や猫が少しでも快適に、かつ彼ららしく過ごせたらいいなあと思っています。


↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 22:31| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月23日

犬は犬語で

こんばんは。
明日は暑くなりそうですね。5月なのに30度だとか。犬飼いには悩ましい季節がやってきます。この夏はどうなるんでしょうね。

190523_01.jpg
なんだかアンニュイなチニタ君。
猫とクッションしか座れないソファになっとるー。(笑)

犬との間に悩みを抱えていたり、または犬とより豊かな暮らしを送りたいと思う方に、”犬がどういう動物か”を知ることをまずお勧めするのには理由があります。

犬ってどういう動物か。
例えば犬のことば。
犬がどういう言葉を使ってコミュニケーションしているのかを知れば、自分がその言葉をしゃべれないようにしてしまっていたかもしれないことに気づけますよね。

自分を表現できないって結構フラストレーション溜まること。

ムツゴロウ先生が
「まずは相手(犬や猫)に語らせる」
ことを大切にしていると本の中でおっしゃっていましたが、きっと彼らは自分が表現できることやそれを受け入れられることが嬉しいのではないかな。

人間だって色々話したいことがあるのに口をふさがれて相手の話ばかり聞かされたらうんざりしますもんね。(笑)

180525_01.jpg
いつかのルビー♪

犬のことば・・・例えば、犬同士がすれ違う時に、お互いのパーソナルスぺースを侵害しないように大きく距離をとってすれ違おうとしたり、顔を背けたりしようとしているのに、リードを引っ張って無理やり近づけようとしたり・・・というのは、犬的にとても居心地が悪いし、「嫌だ」って言いたくなることかもしれません。

嫌がっていることもボディランゲージ(=彼らのことば)でわかるので、そうしたら
「ごめんごめん、嫌だったよね」
って言って、次からは気を付けてあげれば(嫌じゃないようにでいれば)いいんじゃないかな。

理解してもらえた感は安心感につながり、その安心感は信頼につながるのではないでしょうか。

というところまでいくのが理想だけれど、犬のこと色々学んだり、それを犬との付き合いに生かせるよう体現できるところまで行くにはそれなりの時間と道のりが必要。
”犬が”というよりも、”私が”変わるために時間が必要だなと今も感じています。

だから、理想をもちつつもゆるゆると歩けたらいいな。犬も飼い主さんが幸せなのが嬉しいと思いますので♪



↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:22| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。