2018年02月22日

何度でも初心に戻ろう

昨日はさいたまお散歩トレーニングでした。
ご参加いただいたのは、
ジャムちゃん、クロス君、キートン君の3頭です♪

180222_01.jpg

昨日は、私にとって初の地元埼玉での散トレだったので、所信表明的なことと、そして私たちの取り組みの中でもポイントとなる、おやつの使いかたについてお話してみました。

おやつを使う=犬を甘やかしている、と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、私たちのおやつの使い方は、犬に行動を求めず、何かとおやつをほぼ同時にあげる(厳密にいうと、刺激(=何か)の直後におやつをあげる)ことで、 おやつと同じような良い印象のものをたくさんつくろう!という使い方をします。

また、そうやって作り上げあられた良い印象のものは、おやつよりも犬にとって強力なものになるのだそうです。ですので、そういうものをたくさん作ってあげて、犬が食べ物を食べられないほど緊張している時にも彼らが落ち着けるサポートをできるようにしよう(=強烈に良い印象のものは興奮をストンと沈めてくれるはず。)、また興奮したりパニクったりしてる時にも「待って」が届く存在になろう、という希望に満ちた取り組みです。

まずは自分が犬たちにとって魅力的なものになろう、という 取り組みをしていると、彼らが何に困っているのか気づけるということにも繋がってくるから、そうなれた自分が本当に嬉しいのですよね。そして益々自分を見直すことが楽しくなってきます。


180221_02.jpg
デモを立候補してくださったクロスママさんからの〜(ありがとうございます!)
突然バトンを受けとった(笑)キートン君とのえママさんのデモ♪

180221_04.jpg
ジャムちゃんとジャムラ母さんのデモ♪
何か勇気が必要な時、それを上回る楽しみがあると引っ張り上げられるようにその何かを乗り越えることができること、私にとっても身に覚えのある具体例(発表の時とか、発表の時とか・・発表の時とか。^^;)を出してジャムラ母さんがお話ししてくださった時、ああ本 当にそうだなあと思いました。

そういうもの、沢山つくって犬たちと一緒に私たちも、より生きやすくなっていくんだなぁと、温かい気持ちになった散トレでした。

180221_03.jpg
ノーズワーク中のクロス君♪


ご参加のみなさま、寒い中お集まりいただき、ありがとうございました!一緒に歩くことができてとても嬉しかったです♪

さいたまお散歩トレーニング、来月は3/14(水)の予定です。どんなワンコでもご参加いただけます。ぜひお問い合わせください。



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 13:50| Comment(0) | お散歩トレーニング(開催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

つくばお散歩トレーニング、ありがとうございました♪

こんにちは。
今日も晴れて気持ちの良いお天気になりました。でも気温が低そうですよね。ワンコも飼い主さんも、気温の上下に悩まされやすい時期かな。どうぞご自愛くださいね。

昨日は「つくばお散歩トレーニング」でした。緊張の中^^;行って参りましたよ〜。
大・中・小・極小の、^^;色とりどりのワンコ&飼い主さんペアと一緒にゆるゆると歩いてきました。

180216_01.jpg
ララちゃん、小次朗くん、アクアくん、くぅ君♪

ここ、つくばの地は、私がチャーリードッグスクールのお散歩トレーニングに初めて”犬なし”で参加した場所です。確か2012年の桜の季節でした。
吠え吠えワンコも飛び飛びワンコも^^;沢山参加していたのですが、でも飼い主さんの緊張や、どうしてもピリピリしてしまいがちな空気をかき消すかのように、参加者の方同志が気づかいあい、とっても温く且つ活気のある空気が流れていたのを思い出します。犬なしで余裕があったからこそ感じ取ることが出来たことなのかもしれません。
そして、叱らないからこそ作り上げることのできる空気だなって強く思ったのでした。
そのなんとも言えない支え合いの温かい場の光景が忘れられなくて、帰宅後ブログに”犬と人の楽園みたいだった”って書いたのを覚えています。
それ以来、”つくば”という言葉を聞くだけで、私の中には温かい気持ちがフッと甦ってきます。
犬の楽園”つくば”。
困っている飼い主さんと犬達を温かく包んでくれたつくば・・・。

180216_02.jpg

だから、今回お散歩トレーニングの開催をお願いされた時、「私でいいのだろうか・・・」という気持ちと共に、でもとっても嬉しい気持ちが湧き上がってきたのでした。そして嬉しい気持ちは、今自分が何を大切にして何をしたいのかを落ちついて考える助けにもなり、また自らを前向きにしてくれるものだなと改めて感じています。

こうやって、私の中に”つくば”という音が良いものとして強力に印象づけられたように、飼い主さんや犬達の中にも、心が軽くなったり暖かくなったりするような、そんな気持ちを引っ張り上げてくれるものを沢山作れるよう、そのお手伝いができるといいなと、改めて思いました。そういうものは、緊張や興奮やいきり立った気持を鎮めてくれるものだと実感しているからです。

180216_03.jpg

興奮やパニック状態のワンコには罰や叱りじゃなく、普段から優しい飼い主(人間)が犬語や穏やかな介入でなんとか犬の興奮を鎮めようと努力し、また周りのみんなもそれを汲んで、距離を取ったり近づき過ぎてしまった時は「○○ちゃんゴメンネ〜」と言いながら、距離を取り直す。犬が嫌がることを強要しない集団だから、犬も人もどんどんリラックスしていく(興奮や緊張が和らいでいく)。
あの頃の自分には見えていなかったけれど、きっとそういう光景が繰り広げられていたんだなと今は感じています。そして勿論昨日もそんな温かい空気が溢れていました。

ということで、昨日は何とも言えない感慨に浸りつつ、4組の参加ペアの方々とわいわい歩いてきました。みなさんのご協力で事故なく楽しく歩けて、本当に感謝の気持ちでいっぱです。それぞれのワンコと一緒に歩ける大切なこの一日が、楽しい思い出の1ページとしてみなさん(ワンコ&飼い主さん)の記憶に刻まれますように。そしてそれが何かの時の支えになってくれますようにと願っております。

今回、散トレ開催の声をかけて下さったジャムラ母さん、そしてご参加のみなさま、ありがとうございました!デモもとっても素敵で元気がでました♪また桜の季節にお会いできるのを楽しみにしております!

※追記で、散トレの様子を記事にして下さったのでリンクを張らせて頂きます。ありがとうございました!






応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 11:24| Comment(0) | お散歩トレーニング(開催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

お散歩トレーニング認定試験の応援に♪

おはようございます。
昨日はお仲間さんのCDSインストラクター認定試験。私も応援に行ってきましたよ♪

180212_01.jpg

いつもの散トレと同じ柔らかい空気が漂っていました。

この風景・・・知らない人は問題を抱えた犬と飼い主さんの集団とは思わないかもしれません。
でも一方で、参加犬がワンワン吠えている場面だけ見た人は、犬にストレスな場所だと言うかもしれません。

だけど本当は、普段悩みを抱えた犬&人同志が一緒に歩きながら、
「大丈夫だよ、この世界は穏やかで優しいものが沢山あるんだよ。」
を態度で示す、そうしているうちにみんな落ち着いてくる、そんな場所&時間です。
そして人間側も犬のことを学び様々な場面での対応を変化させていくので、もっともっとお互い通じ合える様になれて、普段の暮らしのお悩みも改善されていくのだと思います。叱らなければそういうことが出来るんですよね。


昨日も開始直後と終了間際では、犬達の興奮度合が全くちがっていました。
散トレ参加当初の私は、2時間そこにいてもその変化さえわからない状態でした。きっと犬達と同じ、自分がテンパっていて外からの情報を正常に受け取れなかったのでしょう。人だって犬と同じ、緊張していれば落ちついて周りを見ることもできません。普段通りに振る舞えなくて失敗だって沢山します。でも周りのリラックスした雰囲気が自分に作用していつのまにかリラックスできるようになり、適切な行動をとれるようになるのだと思います。

だから犬が吠えた時、彼らが今それしかできない(そうするしかない状況である)ということなのにそれを叱る(=否定する)っていうのは違うんだなと思うようになりました。まず必要なのはリラックス、そして吠えやパニックには不機嫌ではない穏やかな介入だと、そう思います。

180212_02.jpg
みんな犬語を出しながらユラユラ漂うようにそこにいます。

そんな訳で、昨日もとても楽しい散トレでした。はるママさん、お疲れ様&ありがとうございました!私も頑張りたい!そう思いました。

最後に自分の宣伝を。^^;
来週、再来週とお散歩トレーニングを開催させて頂きます。まだまだ参加者募集中ですので迷っている方いらしたらぜひ♪


お申込みお待ちしております♪


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 05:31| Comment(0) | お散歩トレーニング(開催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする