2019年01月18日

飼主を通して世界を見ている

こんばんは。
今日も所要でちょこっと都会へでてきました。子どもの頃から一番近い都会は池袋、という環境に一番長く身を置いている私です。横浜や大阪に住んだこともありましたが、結局夫の実家もこの付近だったのでこの辺に落ち着いた、という感じで、でもいま住んでいる場所は公園が多くて気に入っている場所です。

180110_01.jpg

昨日の記事の中の言葉、
”犬は飼い主を通して世界を見ている”ってどういうこと?って思った方もいらっしゃるかも?ということで、今日はそれについて少し書いてみようと思います。

「犬のココロをよむ」伴侶動物からわかること(菊水健史、永澤美保 著)
の中に、嬉しい気分の飼主と怒った気分の飼い主を見分けることができるか、というのを調べた実験についての話が載っています。


それを調べるにはまず、表情の違いを見分けることができるか、ということと、嬉しいなどの感情と表情を結び付けて理解しているか、ということを調べる必要があります。

そして実験の結果、犬は飼い主の”笑顔”を弁別できる=表情を読み取れることがわかったそうですが、その読み取った表情から飼い主の心境まで理解しているかどうかは、実験ではわからなかったそうです。

ただ、飼主が機嫌のよい時に犬に優しく対応したり、逆に不機嫌な表情をしている時に犬に冷たくあたったりしていれば、その表情とその時の行動をリンクさせて覚えることは簡単だろう、とのこと。だから飼い主の表情から行動を察して一緒に喜んだり、または沈んだり、ということは十分に考えられるだろう、と。

また、人間の赤ちゃんなどの見られる”社会的参照”(どうしたらいいのかわからない時に、母親など大人の顔を見てから行動する)を犬がするかどうか、という実験では、”何か不安を感じる時には、その対象に対する飼い主の様子を伺おうとし、また飼い主の怖がる様子から異変を感じ取っていたと考えることができる”とも。

私たち飼い主が不安な表情で叱ったり罰を与えたり、リードをギュウギュウひっぱっていたら、彼らが世界をどんな風に解釈するかな?って思いませんか?


180216_02.jpg

それに、犬は匂いから人の感情を読み取れる、とも言われていますしね。
そこへきて彼らは大切なものを守りたいと思う動物だから、不安な表情の飼い主さんを守るために吠えている・・ことも多いかもしれません。

だからこそ”大丈夫”を伝えたいときは、”大丈夫な自分を見せる”のが大切。

いつも安定した大丈夫な飼い主と一緒に、この世界の色々を体験することが、彼らの社会化への手助けになるのですよね。だから犬を社会化させたかったら、まずは自分が社会化される必要があって、そのために私はずっと頑張っているんだなって常々感じています。犬のおかげで成長できた、そして今もし続けている、とおっしゃる飼い主さんが私のまわりには沢山います。(散トレにはそんな飼い主さんが沢山参加されています。)そんな風に思えたらきっと犬も人も幸せですよね。犬と暮らすって、とっても豊かなことなんだなって思うし、そんな暮らし方をめざしたいなと思います。


============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | お散歩トレーニング(開催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

さいたまお散歩トレーニング、終了しました!

「犬とまんまる」今年最初のさいたま散トレ、終了しました♪ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!
いつもと同じような穏やかで楽しい空気が流れていましたね。

190117_01.jpg
紅梅が咲き始めていました♪

社会化の場としてのお散歩トレーニングは、まずはリラックスすることが大切。でも何も意識せずただダラダラ歩いているのではない、というところがポイントだと思います。犬も人もリラックスして歩くために必要な様々な学びを、参加者のみなさんがそれぞれご自分の引き出しの中に携えて参加されることで、そのような場が出来上がるんだなと、今日も感じました。

犬ってどういう動物か。
例えば彼らは距離感を大切にしていること、飼主を通して世界を見ているということ匂いで人間がわからないことまでわかっているということ人間の言語とは違うもので会話をしているということ、どんなことが彼らを落ち着かせるのか、また人間のリードのテンションや叱り(罰)が犬たちに何を与えているか、などなど。
そして今日も、社会化の一番の基礎になる”名前を呼んでおやつ”について、説明させて頂きました。

そういうことを学び始めて、それによって人側が変わりだすと、犬たちの顔が更にキラキラ輝きだすのを感じます。それって犬飼いにとっては何よりもご褒美ですよね。

190117_02.jpg


今日も楽しいひとときをありがとうございました!
来月は、2/14(木)「つくばお散歩トレーニング」2/21(木)「さいたまお散歩トレーニング」を開催する予定です。またよろしくお願いいたします!

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
posted by カエデ at 22:27| Comment(0) | お散歩トレーニング(開催) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

みんなそれぞれ色とりどり

我が家のルビー、10年前に里親会の方がお見合いの為に我が家に連れてきてくれた時、他の2頭のMダックスちゃんと一緒でした。

3頭のダックスがワラワラと部屋の中を歩き回っていたのですが、おっとり女子のルビーと対照的な、おてんば女子のダックスちゃんの姿を今でも覚えています。
この2頭があまりに対照的だったので、もう一頭の子がどんな子だったらか実は覚えていないという・・。^^;

180224_01.jpg

みんなそれぞれ。色とりどり。
だから面白いんですよね。

でも、そんな違いに戸惑ってしまう時、不安になってしまう時・・。
気持ちを鎮めてくれる何かがあるといいですよね。

180222_01.jpg

ナウシカ好きな人はすぐにどのシーンかわかるであろうこのセリフ。↓

「怒りで我を忘れてるんだわ。鎮めなきゃ」

怒りだけでなく不安など、自分を見失ってしまうほど混乱した時に、それを鎮めてくれるものがあるといいな。と思いませんか?
そのくらい信頼できるもの、あるといいですよね。

そういうものを犬や猫に対して作ってあげる取り組みが”名前を呼んでおやつ”だし、
この取り組みを丁寧にやっていると、自分自身も実は落ち着いた状態に条件づけされることに気づきます。

また、お散歩トレーニング自体が、迷った飼い主さんにとってのそういう場所になればいいなあ。
、、、ということは、そこは犬たちにとってもそういう場所だろうから。
そんな希望を持ちながらお散歩トレーニングを開催しています。

まだまだ未熟な私なので、みなさんのご協力に甘えさせていただきながら少しずつ歩み始めたところ・・。みなさん、いつも本当にありがとうございます!



============[「犬とまんまる」よりお知らせ]===========
■2/14(木)「つくばお散歩トレーニング」
 お散歩トレーニングはゆるい社会化のための場所。
 犬のことを一緒に学びませんか?お申込みお待ちしています。
===================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓



posted by カエデ at 23:48| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする