2017年09月12日

一雨ごとに

おはようございます。
雨ですね〜洗濯ものが・・・。^^;

170912_01.jpg
今朝のベランダ放牧♪

一雨ごとに秋が近づくんだろうなあ。
先日アスファルトの道を横断しようとしていた蝶の幼虫を拾って育てているんですけど、大分大きくなってきました。
秋に羽化するかしらん。それとも冬を越すのかな。
と、生きものは色んなワクワクを与えてくれるなあと思います。

ワクワクを与えてくれる・・・
犬もそういう存在になるはずだったんですけど、ルビーを迎えてた当初はワクワクよりも
「どうしたらいいんだ?!」
っていう混乱の方が大きかった私です。^^;
留守番中の吠えもそうですが、それを含めた、
”犬達がヒトにどれだけ依存するか”とか、”社会性の高さ”が私にはビックリだったのです。

でも混乱したから学ぼうという気持ちにもなったのかな。

そして混乱のままに自分を表現していたら犬も混乱するばかりだということもわかりました。
彼らが飼い主を通して外の世界を見ているんだということも。

勿論いつもいつも目指している行動をとれるわけではないんですけど、意識していれば段々と近づける。
ゆっくりなら変化してけるものなのかも。
そのゆっくりゆっくりな自分の変化に犬ものっかって(影響を受けて)一緒に変化していくんだなって思います。

それでも、なかなか変われないのは自分の方だったのか!というツッコミを今も密かにしている。
傾斜の浅い螺旋階段をゆっくりと上っていくような感じですかね。「一雨ごとに、、、」という表現も当てはまる気がする。^^;

というわけで、犬と暮らしていく上で自分の行動をどう変えればいいのかという勉強を明日してきます。宿題をちゃんと終わらせなければ。がんばるぞ〜。
みなさんも有意義な一日になりますように♪



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 11:13| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

心地よさを呼び起こすもの

おはようございます。
気持ち良い朝になりました。この辺ではもう2日くらい前から金木犀の香りが漂っています。本当に良い匂い。
みなさんは、大好きな花の匂いや、花じゃなくても嗅ぐととっても良い気分になる匂いってありますか?

私が一番好きな花の香りは沈丁花なんですけど、
その沈丁花を思い出すと、幼いころ育った家の庭の春夏秋冬の光景が甦って最高に幸せな気分になる・・・という、かなりハッピーな条件づけがされています。

そして犬を迎えてからは、自分が”犬のハッピーな気持ち”を呼び起こす存在でありたい、そのためにまずは”叱らない”、というところまでズルズルズル〜〜っと一気に連想が繋がるようになりました。犬達の身の回りのお世話も、関係つくりもまずはここから、という気持ちがあります。

170911_01.jpg
気持ち良い風が撮りぬけるリビングで2度寝中のルビーです


ただ、全く悪気はなくてもイヌにとって良いものではなかった、ということが結構あるものです。例え叱ったりしていなくても。勿論わたしにもあります。
ルビーを迎えた当初、不安そうにこちらを見つめる彼女を、これまた不安そうな表情で「大丈夫かなあ・・・」と見つめ返していた私もそれでした。不安のループ状態。^^;
大切にしたいと思っているもののことが心配で心配で、つい自分のことのように思ってしまう・・・境界線が上手く引けていなかったんでしょうね。

自分ではこれといって意識せず、また悪気なくやってることまで修正の余地あり!とされることは結構、いやかなりしんどいことです。
が、知れば変われるし、変えて行きたいなと!
良く変わるのであればその方が自分の生きやすさにも繋がりますしね。
私もまだまだその過程を歩いています。良かったら一緒に歩きませんか〜?

月曜日。良い一週間のスタートが切れますように♪


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 09:47| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

育て合い

おはようございます。
今日も良いお天気の埼玉です。
今日は午後からマンションの懇親会。入居から10年経つのかな?
懇親会参加者は入居当初に比べれば大分減ったけれど、いい感じに育ってきてるマンション
だと思います。

昨晩テレビを見ていたら、英国湖水地方の緑豊かな美しい景色が映し出されていました。
この場所にゆかりのあるビアトリクス・ポター(ピーターラビットの作者)についての番組
でした。

自然が大好きでそれが作品にも行かされているビアトリクスさんは、なんと都会育ちだった
そうで。意外なようなそうでもないような。

都会の生活は刺激が沢山あって楽しいけれど、自然の中には都会にはない刺激があることを
私は(私なりに)知っています。

170910_02.jpg
いつか行った「野辺山駅」の女郎花。日本一標高の高い場所にある駅なんだそう。


番組の中に出てきたイングリッシュガーデンの庭師さんが、庭の雑草を抜くときに
「ウサギの真似したらいいよ。ウサギが草を食べるように草をとるんだよ」
って言っていて、面白いなあと思いました。
雑草さえ根こそぎ取ってしまうのではなく、自然風に残すんだなあと。

ガーデナーのポールスミザーさんも言ってたっけ。
「自然流ガーデニングって何にもしないイメージがあるけれど、何もしないんじゃなくてき
ちんと手をいれてるんです。それも、手を入れていないように、入れる」
って。

私たちにとっての一番身近な自然”犬”との付き合いも、そんな感じがいいのかも、と思ったりします。

170910_01.jpg
数年前の八ヶ岳。結構使いまわしてる写真ですが。^^;

彼らの中にあるもの根こそぎ奪ってしまうような対し方ではなく、持ってるものをちゃんと
育てる、というような。
そして、育てることができる存在になるにはまず自分が育つことが大切なのかな。

そんなことを思いながら生きていると、いつまで経っても育ちきれていない自分が見えてき
ます。
でも。
だから頑張る。

・・・・・。
どっちが育てられてるんでしょうね?(笑)

そんなことを思った夕べでした。

ではでは、今日も素晴らしい日になりますように。


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 00:07| Comment(0) | 接し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする