2018年07月14日

幸せなプルースト現象を

こんにちは。
世間一般的には3連休の初日なのかな?逃げ出せるなら逃げ出したいこの暑さ。^^;避暑へ向かわれた方もいらっしゃる様子。ノビノビとゆっくりじっくり身体を休めて来て下さいね。もちろんお仕事の方も体調にはくれぐれもお気をつけて!

SNSに投稿したチニタの写真です。

180714_01.jpg
「あ、うちの屋根でまた猫がくつろいでる!」
とワクワクした子供時代の光景を再現してみました。(笑) ☆友情出演:チニタくん

小さい頃は実家の屋根が猫の通り道になっていたので、下からこんな景色をよく目にしていました。時にはいつの間にか知らない猫が部屋の中に入り込んで、部屋の隅の板の間で涼を取っていたことも。母のベッドの影になったクローゼットの手前の板の間にでーん!と。(笑)親に言うと追い出されてしまうので、何も見なかったことにしてその場を離れ、という感じでいたので、いつその子達が出て行ったかもわかりません。
そんな古き良き昭和の時代。(笑)

夏のことって頻繁に記憶が蘇ってくるのですが、どうしてなのかなと考えると、もしかすると夏の方が色んな匂いがするからかな?と思ったりしています。イベントも多いというのもあるかもしれませんけど、それが匂いとリンクされて、毎年その匂いを嗅ぐとそれが思い出される、のかもしれない。気温が高い方が植物たちからも香り成分は沢山放出されるらしいですし、人間の鼻も温度や湿度が高い方が匂いを感じやすいと言われています。
上記のエピソードも、ベランダの植物に水をあげながら、立ち上るその湿った匂いを嗅いでいるうちに思い出したのでした。「プルースト現象」と呼ばれていますね。


犬たちにとって最後まで残ると言われている”嗅覚”。だからこそルビーが私の匂いを嗅いだ時あったか〜い気持ちになれるよう日々を過ごしたいと思っています。


 
応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 20:03| Comment(0) | 古典的条件づけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

視力より動体視力

こんにちは。
日本列島、危険なほどの暑さになっているところが多々ありますね。みなさま、体調にはくれぐれもお気を付けください。
と言っている自分がバテそうですが。^^;というか、半分バテてる。^^;;

もう小学生の頃のような、窓を開けて扇風機回して、そこから送られてくる風の中に涼しさを探しながら午後の夕立を待って、いざザッと雨が通って行ったあとの、世界が生まれ変わったかのような澄んだ空気を体験することはないのかな、と思うと少し寂しい気持ちになります。

180713_01.jpg
今年のゴーヤのカーテンは今のところ薄手^^;です。

最近のルビーを見ていてふと思い出したことがあります。
犬たちの視界って、人間が考えるよりずっと低いところにあって、そこには動くものが沢山あるんだということ、彼女を迎えて初めて実感したのでした。
彼女を迎えてすぐの頃は、そういうことに気づけないでいたので、目の前でバタバタとうるさく動きまわって、さぞかし落ち着けない環境だっただろうなと思い起こしています。

犬たち視界がどんなふうなのか。それを表現している文章を「犬から見た世界」「犬のココロをよむ」から引用してみますね。


犬の高さから見る世界では、たくさんの長いスカートやズボンの足が、その着用者の歩みにつれて踊っている。パンツの足が急に旋回する様子は、犬の目にとって興味をそそるに違いない。しかも犬は動きにきわめて敏感であり、探索好きな口の持ち主だ。(「犬から見た世界」p.279)
”探索好きな口の持ち主だ”という表現が私的にはツボです。


一般的に犬の視力は人のそれより劣りますが、動体視力は人よりも鋭く、動くものを見いだす能力が高いです。おそらく野生生活の狩りで用いていた能力の名残でしょう。(犬のココロをよむp.26)


目が悪くなってからのルビーは、動くものに以前よりも強く反応するようになりました。見えない分動きに敏感(または頼りにする?)になるのは想像に難くありません。お散歩中でも、私を見失っても自分を後ろから追い越していった人にルンルン♪と着いて行こうとする様子が見られたりします。

そんな彼女の姿を見ていると、昨日の”撫でられて落ちつく”もそうですが、飼い主からの介入やその他家の中にあるもの、もっと広く言えば家の中や自分の身の回りにある環境自体が、犬にとって安心できるものである、ということが前提として必要なので、そこにいる”何か”が、常に彼女にとって脅威ではないよう意識して暮らしてきて(というか、暮らしをそう変化させてきて)良かったなと思いますし、ひきつづきそうであり続けたいなと思っています。



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 16:47| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月12日

15才、成長の証?

こんにちは。
今朝は激しい雨が降っていた埼玉。久しぶりの涼しい空気を味わってホッとしたのもつかの間、日中は晴れたり曇ったりで蒸し暑さが増した感じがありました。でもさっきルビーの排泄に外に出たら、結構涼しい風が吹いていましたね。

180712_01.jpg
お鼻がどうかなっちゃうんじゃないかと一瞬心配した写真。^^;

お散歩もそうですが、家の中でも、あてもなく歩くような感じが増えてきたルビーです。外から帰って来てもコテンと寝るというよりなかなか眠りに落ちられなくてどうしよう、みたいな様子も見受けられます。ひんやり枕を首のあたりに当てがって、背中から腰のあたりをそーっと撫で続けているとすんなり眠りに落ちていくようです。その様子があまりにも気持ち良さそうで、毎度こちらも意識を失いそうになります。(笑)(話しそれますが、散歩から帰った時のあのなんとも言えない心地よい疲れってなんなんでしょうね。犬たちは人よりももっと沢山の情報(刺激)に触れているのだろうから、身体だけでなく脳的な満足感も人間の比じゃないのかも・・・。)

そんなわけで、パピーが寝ぐずって吠えたり噛んだりというお話しを伺うことはあっても実体験がなかった私ですが、今それを多少なりとも実感させてもらっています。
寝ぐずりや体調の変化からくる噛みや吠えを”犬のわがまま”と誤って受け取って、彼らが悲しむようなトレーニングが行われることがないように、情報発信頑張らねば。

180707_01.jpg

ルビーはそうやって眠りに落ちた後も、10分位たつと直ぐに目を覚まして辺りを見回したりします。私がいる時は傍にいって眉間を撫でたりまたお尻の辺りをそっとなでたりしているうちにまた眠りに落ちていくのですが、
「目が覚める度にそれやってたら、ちょこちょこ目を覚ますようになっちゃうのでは?」
と思う人もいるかも?
でも2,3数回そんなことを繰り返すと、あとはぐっすり眠ってくれるんですよね。彼女が欲しかったのはきっと私の反応というよりも、彼女の中に満ちていく安心感(安定)なんじゃないかな〜と思っています。



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 18:00| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする