2018年09月12日

成長する犬達

こんばんは。
昨日からとっても涼しいですね。夜は窓を開けておくと寒いくらいでした。
ルビーもお散歩に出て、今日は近所の犬友さんと久しぶりに沢山会いました。良い気分転換になったらいいな。
近所の犬達もだんだんと年を重ねてきて、今日会ったワンコは一見どこも悪そうには見えないけれど家の中で足が立ちにくくなってきたとか。

180912.jpg
ヤブランがきれいに咲き始めました♪

犬の成長過程。
子犬の時期は、出来なかったことができるようになることが多くてうれしい反面、その中にも”警戒できるようになった”(=吠えるようになった)なんていう飼い主的にはお悩みのきっかけになるような変化があったりしますね。

犬は成長の過程において、色んなことに警戒するようになる(できるようになる)時期があるのだと知っていれば、いざその時がきても慌てずに、叱らずに、やり過ごせるのではないかなと思います。

私も、ルビーを迎えた時に、犬が新しい環境になじむ過程を、またその家の犬としての成長の過程があるということ、社会化という視点から意識できていれば、叱って悲しい思いをさせないで済んだなあと思います。

”叱らない”ことをお勧めしていることの一つに、”叱る”と、暮らしている場所が安心できる場所ではなくなってしまうから、というのがあります。
安心できれば警戒したり不安がったりする必要がないから吠える必要もないし、もし警戒したとしても
「大丈夫よ」
って言われば、周りを確認して「ああ、大丈夫なのか」と判断できるようになると思うのですよね。

その”大丈夫よ”が通じるような関係になるためにも、叱らずに、いつも大丈夫な自分を犬たちに見せることが大切なのかな。

常に何かを警戒しながらでは暮らしにくいですもんね。だからこそ社会化が大切なんじゃないかなと思います。
そしてそうやって穏やかに取り組んできた(暮らしてきて)良かったなと心から思える瞬間が、きっと成長過程のクライマックスにやってきます。
そう。彼らを天国に送り出す時、「大丈夫よ」という言葉、それを発する自分は犬と一緒に自分のことさえも支え、励ましてくれる言葉になっているはず、と思います。


* * * * * * <<<座学のお誘い>>> * * * * * * * 
犬との暮らしに悩みの方、お散歩トレーニングに興味のある方、
ぜひ参加してみませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
            
   2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45
******************************

↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

posted by カエデ at 17:45| Comment(0) | 社会化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

「動物の5つの自由」から思うこと

こんにちは。
一気に涼しくなってこれはこれで体調崩しそうなお天気です。^^;みなさまどうぞご自愛くださいね。

170910_01.jpg
これまた古い写真を引っ張り出してきました。2012年くらいの八ヶ岳旅行の時の写真です。

犬はどんな風に暮らせると幸せだろうか。「動物の5つの自由」はそんなことを考える機会をくれます。せっかくなので、わが県^^;のページをリンクしてみました。

「動物の5つの自由」。見たり聞いたりしたことのある方は沢山いらっしゃると思いますが、
特に4「本来の行動をする自由(Freedom to behave normally)」に関しては、犬がどういう生きものなのかを知らなければ、守ることができないのではないでしょうか。

だからまだまだ未知な部分の多い”犬”という動物を学び続けなければと思っています。(動物行動学的な学びの部分ですね。)

1,2,3,5は人間にも言えることなので分かりやすい部分かなと思いますが、実際それが実行されているかというと・・・?
動物に対してだけでなく、人間社会でさえここが守られてないことがあるような気がします。

すると気づいてしまうのです。
自分が小さな子供で弱い存在だったころ、自分の権利や尊厳は守られていただろうかと。
(この辺のことを知らなければ、自分の権利が侵されている(た)ことにさえ気づけないから、自分を守ることもできません。)
今目の前にいる子供たちは守られているだろうか。
子どもたちだけでなく、社会的に弱い立場にいなければならない命たちは守られているだろうか。
人間同士が守れないことが、他の生きものにできるだろうか・・・と。

だから、犬との豊かな暮らしを学ぶということは、犬のことを学んでいるようでいて実は犬のことだけを学んでいるのではないと、私は思っています。


* * * * * * <<<座学のお誘い>>> * * * * * * * 
犬との暮らしに悩みの方、お散歩トレーニングに興味のある方、
ぜひ参加してみませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
            
   2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45
******************************


↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 15:07| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

犬同士の関わり合い

こんばんは。
夕方から雨が降り出した埼玉ですが、今日は雨が降る前にルビーの排泄散歩してきました。

170909_01.jpg
去年の9月の在庫写真です

お散歩トレーニングで、あんなに生き生きと犬らしい姿を見せてくれたルビーだから、同居犬がいたら日々の暮らしももっと楽しいものになったのではなかろうか・・と思うことがあります。実際彼女は我が家に来る前の預かりさんのお宅では、2頭のダックスと一緒に暮らしていました。

だからお散歩はとっても大切にしているイベントです。犬は社会的な動物だから、ルビーだけでなく、どんな犬にとっても同族との関わりは必須。外に出て、ご近所の犬達のPメール(排泄のにおい)を嗅いでそこに返事を残したり(自分の排泄をかぶせたり)、向こうから歩いてくる犬とボディランゲージで会話したりすることは、私達人間が思っている以上に、彼らの暮らしを豊かにすることだと知りました。

ルビーと公園を散歩している時に出会った犬が、私達の方をみながらささっとその辺に排泄をすることがあります。
「私はこういう者です」
という感じ。
ルビーはその近くに排泄することもあれば匂いだけ嗅いで通り過ぎることもあります。
こんな静かなやりとりに彼らなりの意味があることを知らなければ、お散歩の大切ささえわからないままだったかもしれません。
そう考えると、外で排泄できることって素晴らしい。犬という生きものを知ると、排泄だってただの生理現象としてだけではなく、もっと深い意味のあるものとしてとらえることができるようになりました。

犬同士、一緒に走ったり絡み合ったりしなくても、匂いや穏やかなボディランゲージで会話していることを知ったからこそ、あまり距離を歩かなくなったルビーにも外の空気を吸わせてあげたいと思います。
涼しくなったらまた公園まで足を延ばして、沢山の犬達の気配の中に身を置くのが楽しみです。


* * * * * * <<<座学のお誘い>>> * * * * * * * 
犬との暮らしに悩みの方、お散歩トレーニングに興味のある方、
ぜひ参加してみませんか?
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
            
   2018年9月24日(月・祝)9:45〜11:45
******************************


↓↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする