2018年05月10日

飼い主として何を選ぶのか

*******************************
青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」
*******************************


こんばんは。
今日も寒かったですね。夕方少し晴れ間が見えたのでルビーとお散歩行ってきました。

遠くにお友達犬が見えたけど、ルビーは気づかずUターンして帰ってきました。お友達犬はこちらをうかがいながらも、チラッと視線を外してくれて紳士だったな。

180510_01.jpg

以前も書きましたが、犬たちが持つ”カーミングシグナル”は、自分や相手を落ち着ける意味があります。
この”カーミングシグナル”の意味を知っていたら、犬を叩いたり、リードショックしたり、大声で叱ったり・・を肯定できなくなるはずと思うのですよね。

人間が”問題だ”と思う犬たちの唸りや咬みという行動は、上記のような穏便なシグナルを無視されて罰せられたりした結果、もっと強い意思表示(唸る、咬む)をしなければならなくなった、という経緯があるのではないかな?と。

まず最初に犬たちに「落ち着いて」と言われているのですよね、私たち人間の方が。

犬を叩いたりして罰してなんとかできたと思っても、実はそれは犬たちがその罰が現れないように暮らしているかもしれません。
いつか来るかもしれない罰を予想しながらそうならないようにしている、ということ。
とっても窮屈だと思いませんか。

暮らしの中のどんなことが彼らにとって過度なストレスを与えるのか、そしてその過度なストレスは犬たちにどのような行動を起こさせるのか、その細かなところまで言及しているこちらの本は、飼い主さんにぜひお勧めしたい一冊です。そんなに厚くないし、平易なことばで書かれているので読みやすさもおススメポイントです。


可愛くて迎えた命、最期まで愛しみ育てたいと思う方へ。
犬に暴力を振るうようなトレーニングを促された時、それに「NO」と言えるような飼い主力をつけることのできる一冊だと思います。

 
 
**************************
「埼玉県動物指導センター見学会」に参加しませんか?
5月31日(木) 10:30〜(1時間程度)
詳細はこちらから
**************************

応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 21:56| Comment(0) | 動物愛護・福祉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

犬も猫もガンも・・・ヒトも

*******************************
青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」
*******************************

こんばんは。
今日はとっても寒かったですね。埼玉のこのあたりは昼間でも15度くらいしかなかったようです。
猫たんぽ、犬たんぽを抱っこして眠りたくなる、そんな陽気でした。

180508_01.jpg

実家の父は山が好で、よく自然に関するドキュメンタリ―番組を見たりしています。なので実家に行くと一緒にその手の番組をみたりするのですが、先日もそんな流れで渡り鳥の話しになりました。

渡りをするガンなどの映像を、超小型機に乗って彼らと並んで飛びながら撮影した映像などがありますよね。
「あれ見てるとなぜだかわからないけれどめちゃくちゃ涙腺を刺激されちゃうんだよ〜」
という話しを先日もしていたのですが、それで思い出したのです。

今日みたいにひんやりと肌寒い日になるとなぜか読みたくなる本”センス・オブ・ワンダー”に渡り鳥のことが書いてあって、
彼らって、渡りで空を飛んでいる間、「シュッシュッ」とか「チッチッ」と小さな声で鳴きながら飛ぶのだそうです。仲間とはぐれないようにする為に。それが耳を澄ませば地上からも聞こえたりするのだと。
もうそれを読んだだけで、ガン達が隊列を組んで飛ぶ姿が大空に小さく見えるような気がして胸がいっぱいになっているところに、著者レイチェル・カーソンの以下の文章が続きます。

私はその声を聞くたびに、さまざまな気持ちのいりまじった感動の波におそわれずにはいられません。私は彼らの長い旅路の孤独を思い、自分の意志ではどうにもならない大きな力に支配され導かれている鳥たちに、たまらない愛おしさを感じます。また、人間の知識ではいまだに説明できない方角や道すじを知る本能に対して、湧き上がる感嘆の気持ちを抑えることができません。(p.44)

180508_02.jpg

ふと横を見るとルビーが寝息をたてながら眠っています。

こんなに人間の近くで暮らすようになった犬たちにも、彼らなりの世界(彼らなりの脳で感知する)があって、ただ正直に生きているだけなのだ。彼らはとっても正直で、だから時に私たち人間はそれを直視したくなくなったりもするのかもしれません。
幸いにも、人間は発達した前頭葉を持っています。それは、自分自身で”言葉”によって自分を励ますことができるということでもあり、また自分に言い聞かせることができるということ・・・。
犬(猫)との暮らしに悩んだり、彼らとのより良い暮らしをめざすとき、この能力はとっても役にたつことを自分自身痛感してきました。そして彼らとの暮らしを通して私たち人間もまた、それぞれ違う”動物”のなかの一つなんだなと実感したりしています。


 
**************************
「埼玉県動物指導センター見学会」に参加しませんか?
5月31日(木) 10:30〜(1時間程度)
詳細はこちらから
**************************


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 22:56| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

みんなが暮らしやすくなるように

こんばんは。
寒い一日でしたね。明日の朝は11度と、今日よりも気温が低くなりそうな予報です。チニタとルビーにペットボトル温灸をして、自分もやって、眠たくなってきました。寝れればいいんですけど、これから夕飯の支度だ〜。^^;

そんな中、アマゾンさんんお配達が。


また遊んでしまった。^^;

先日友人とSNSで話していて、同じ”噛む”でも意味が色々あるよねという話しになりました。
チニタは抱っこが大好きで、自分から私の胸の高さまでジャンプして抱っこされに来るのですが、そんな時、ジャンプを受け止めてしっかり抱っこしてあげると、目を細くしてゴロゴロいいながら顔を私の顔にこすり付け、そのうちに気持ちが高ぶって鼻をカプっと噛みます。

この種類の”カプッ♪”を
「噛んだ!危険だ!」
って言われてしまっているのが犬なのかもなあと思ったのでした。

危険ではない噛みを、
「そのままにしておくと大変なことになる。しっかり躾しなければ」
と言って、犬が
”嫌だ、それ止めて”
という意味の噛みがでるような躾をしてしまっていないかな?
ということなんですよね。

ネコの話しからイヌの話しになってしまいましたが、^^;ネコも同じような時に同じような表現をつかいますよね。
大好きなネコ達が苦手なことがなくなるような、そんな暮らしやすさを提供したいと思いませんか?そんな暮らしはきっとネコだけでなく飼い主さんも一緒に幸せになれると思います。ぜひこちらのセミナーをご一緒しませんか?


nekohazu.gif


私も「犬とまんまる」として主催協力させて頂いております。ぜひ会場でお目にかかれますように♪



 
**************************
「埼玉県動物指導センター見学会」に参加しませんか?
5月31日(木) 10:30〜(1時間程度)
詳細はこちらから
**************************


応援よろしくお願いします♪

posted by カエデ at 18:44| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする