2018年07月05日

ルビーのプライド

こんばんは。台風の影響で各地避難勧告や被害がでているようで心配です。これ以上被害が広がらないといいのですが。

今日は埼玉、雨があまり降らなかったので、ルビーは朝も夕も外で排泄&ちょこっとお散歩できました。

180622_00.jpg
今日も在庫写真で♪

若い頃のようにタッタカ歩けるわけではないけれど、でも外に出て歩くことは彼女にとって大切なことのようです。自分の脚で歩く事はきっと彼女の誇り。そして自信。

部屋の中でも、トイレの場所がよくわからなくて色んなところでしますけど、でも自信を持って排泄できるって素晴らしい。
どこでされても良い環境を作ってあるので、(我が家の場合は洗えるタイルカーペット)イライラもしないし勿論叱る必要もなし。
むしろイライラを犬に伝えたくないから(きっとそれは犬にとってみれば罰せられてるのと似たような心境(=嫌な感じ)だろうから)、その為に環境を設定しています。犬は悪いことをしたくてしている訳ではないので、自分が何かをする度に嫌なことが現れるような、そんな環境の中ではなかなか自信は育たないのではないでしょうか。そしてその自信は穏やかさに繋がるんじゃないかなあ。
最後まで彼女が自信を持って歩き続ける、その手助けをできる飼い主でありたいです。
 
 
 
応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:51| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

言われてみると・・・

こんばんは。台風の影響で南風の強い一日でした。午後から雨の予報がいまだに降らずに風だけ吹いています。先週末には今年初のニイニイゼミの声を聞きました。夏が前倒しで来ているような気がするのはきっと私だけではないでしょう。

マンション前にケヤキの木があって、今日は風が強いので葉音がいつもより大きく聞こえます。これ以上大きくなるとちょっと怖い感じがするけれど、このくらいだったら私にとっては”良い音”の範疇で、こんな日に犬猫とくっつきながら寝るのがとっても心地よいのですよね。
フワフワしたものに触れる(手で触るというだけでなく、身体がくっつくというだけでも)と落ち着くというのは、仔猫や子犬だけでなく人間もそうなんだろうなと思ったりしています。 

180704_02.jpg
毎日暑いので涼しげな写真を選んでみました♪

ルビーは一緒の布団で寝る時、私をベッドメイクするかのように(笑)私の脇腹の下にマズルをグイグイ入れようとしてくることがあります。でも眠る時は背中を私の身体に沿わせて寝るんですよね。

 
”ばしば犬たちは、相手の体と自分の体が最大限に接触するように横になる。これは犬にとって - とくに完全に他者に頼って面倒をみてもらっている子犬にとって - きわめて安全な姿勢なのかもしれない。全身に沿って軽い圧力を感じることで、安心感にひたれるのである。(「犬から見た世界」p.308)

軽い圧力が心地よく感じるというのは、テンプルグランディンさんの「動物感覚」の中にも出てきましたね。自閉症の人達の中には、身体に軽い圧力をかけることで落ち着く事ができる人がいるということで、彼女は自分用の締め付け機を作ったと。

フワフワに安心感を覚えていただけでなく、圧を感じて安心するという現象はこんな日常にも転がってたんだな。犬も安心するでしょうけど、例え自閉症でなくても人間だってこれ(軽い圧)が心地よいと感じる人は沢山いるのではないかなあ。(小さい頃、布団にグルグル巻きになって寝てみたりとか、しませんでしたか?^^;)

* * * * * 

さてさて、なんだか新しい台風(8号)が出来たみたいですね。ひきつづきお天気荒れるのでしょうか。明日からもどうぞお気をつけくださいね。

 
 
応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

おいしいね♪

こんばんは。
もういわずもがなですが、今日も暑い一日でした。九州・四国地方は台風7号の影響が出ているようですが、どうか被害が出ない事を祈っております。

さて、最近のルビー。本犬はそれなりに元気で食欲もあるのですが、目が悪くなってきて下の方も見えない様で、フードボールがどこにあるかわからないらしいのです。なのでフードボールから手で掬って食べさせてあげているのですが、これが楽しい。
 
180610_01.jpg
今日は在庫写真で♪

小さい頃動物に餌をあげるのがとっても楽しかったのを思い出します。音フェチからすると、食べる時の音も好き、みたいな。^^;そして彼らの口が手にあたる感触もなんとも言えません。

子どもの頃、面倒をみる事に決めた野良猫にエサをあげるようになったのですが、警戒心の強い個体などは人の手から食べ物を食べることさえ難しいという経験もしているので、初めて手から食べてくれた時は本当に嬉しかったのを思い出します。
だから、ルビーがパクパク私の手から食べてくれることも、とっても素晴らしいことなんだなと思うのですよね。
美味しいものと一緒に私の「おいしいね」「ルビーすごいね」という言葉や、私の手の匂いまで彼女に届いているといいな。


 
応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 22:33| Comment(0) | ルビーとの取り組み | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする