2017年05月04日

CDSリードワーク座学に参加しました♪

こんばんは。今日はチャーリードッグスクールのリードワーク座学に参加しました。

犬達のQOLを高める為の環境エンリッチメントの中でもひときわ大切なお散歩。そのお散歩で私たちは彼らをリードで繋がらなければなりません。
その時、自分のリードワークの未熟さのせいで犬たちのフラストレーションを招き、過剰な吠えや突進を引き出してしまっているとしたら・・・?

今日は沢山動画も見て、自分のリードワークを振り返ってみましたが、
犬達は「それ居心地悪いんだけど」って言っていたのね、思いました。^^;

そして多くの犬たちは多少居心地悪くても我慢してくれていたのね、ということもわかりました。
ああ・・犬達の方が成熟しているんだな、とさえ思います。冗談抜きで。

自分の未熟さが浮き彫りになると、長く一緒に暮らしているルビーにはなおさらそれを感じ反省と感謝の気持ちと・・・そして尊敬の念が込み上げてくるのですね。
犬は本当に寛容で、許されているのは人間の方なのだなと。
だからいつまでもそれに甘えずに、自分が成長してどんなワンコさんにも「この人とお散歩してると凄く心地よいな」って思ってもらえるようになりたい!

170504_01.jpg
今日活躍してくれたでっかいトルソー。名前はわかりません。^^;

リードワークの動画を見ながら、先生がなぜそうしているのか、どこでリードをどのくらいゆるめているのか(端からみると緩んでないように見えることもあります)、そのあと犬が先生のあとをついていくのはなぜか、先生が犬のこちら側を歩かず反対側を歩く選択をしたのはなぜかなど、細かいポイントを教えて頂くと今までと全く違う世界が見えてくるようになります。

犬たちが苦しくない身体を傷めない止め方や、リードをゆるめて犬に動いてもらう技術(リードを引いて合図を送ってから緩めるのではないですよ)を学んでいるんだけれど、それ以前の犬との関係(犬に好かれる動きができるか)がこれまた大きなポイントで。
そしてそれは彼らとの生活全般のヒントになるもので。

犬のボディランゲージを真似して犬と通じ合えるってことは、私たちのような犬好きな人間にとってはこの上なく嬉しいことです。そう思いませんか?
ぜひみなさんも犬に心地よいリードワーク、一緒に学んでみませんか?
チャーリードグスクールの情報はこちらからどうぞ♪






応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 23:39| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

反対の立場で

こんばんは。
今日は昼間に都会に出たので、その足で池袋西武百貨店の屋上庭園を見てきました。睡蓮の時期にまた来たいな♪

170503_01.jpg

昨日の話しの続きなんですけど、もし私が反対の立場だったら・・というのはつまり、私の犬が嫌だといっている他の犬を追いかけ回したりしたらどうするかなって。
私だったらそのままにしておかず、止めに入ります。「それはしない」と伝えなければまずいですもんね。

でも伝える時に、大きな声で脅すように叱ったり叩いたりなどという方法を選択しません。(それは犬に暴力を振るうことを良しとすることをおしえているも同然だと思うし、周りにいる人や犬の心を傷るける可能性があるからです。)でも止めて欲しい行動はやめるまで何度もなんども止める、行かせないようにして、その行動は許可できない、を伝える努力をしたいです。

同時に、日頃から私がその子の身体に触れて動きを制したりしたときに、(犬が嫌だと感じなるのではなく)ハッと我に返る取り組みを丁寧に行います。

暴力を使うのは、それしかやり方を知らないからだとわたしは思う。言い換えれば、私たちに力量があれば、暴力を使う必要は生じないということだ。知識が豊富で社会的能力も十分備わっていれば、犬は私たちに、リーダーとしての役目をやすやすよ託す (p.126)
リーダーシップとは犬が仲間になりたくなる環境を作る能力のことである。(p.128)

上で言うリーダーというものが、「リーダー論」や「支配性理論」という古い説が指すリーダーではないのはおわかり頂けると思います。

暴力ではないもので彼らと豊かに暮らす為の知識や社会的能力・・・。
だから、まずは犬の前に良いものとして自分を提示するところから、と感じます。そして、やっぱりいつでも穏やかで安定していること。犬が”この人の声を聞きたい”と思える様な存在にならなければ彼らを穏やかに制する事もできないと思うので。

170503_02.jpg

本当に強い犬は、相手を攻撃したり吠えまくったりという不安定なところはなくて、興奮している犬の視界にすっと入るだけで相手のいきり立った気持をスッと冷ますことができるのだそうです。私たちが犬たちのやり方を模倣するのもありですよね?それを出来る人を知っているからそれを目指したいし、すぐに出来なくても、まずは自分のワンコとなら体に触れれば我に返れるくらいの存在になりたいと思います。

未熟さゆえの過ぎた行動や、要求吠えやパニック的な吠えも、犬だから吠えるのは仕方がないかもしれないけれど、自分の犬のそういうものは止められるように自分を成長させたいと、私は思っています。



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 21:05| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

”逃げる”を考える

こんばんは。世の中はゴールデンウィークに突入ですね。
旅行や里帰りなど計画されてる方も少なくないのかな?みなさん楽しい時間が過ごせますように。

花や木が美しいこの季節。植物についてこんな記事を見つけました。


静かにそこに生えてるだけに見える植物も、色々知ってみると凄いな〜と思いますよね。
上記サイトには彼らが生き残る為または子孫を残す為の戦略(?)が色々紹介されていましたが、その中のひとつとして”毒をもつこと”も紹介されていました。
植物達は敵がやってきても”逃げる”ということができないので、自分たちの中に敵を遠ざけるもの(=毒)を持っているものが多くあるんですよね。これを知るとほとんどの植物が毒を持っているということはある意味当然のことなんだと納得がいくのではないでしょうか。

でもこれって逆に考えると、植物以外の生きもの達が移動できるのは”逃げる為”でもあると言えるのでは?なんて私なんかは思ったりします。
勿論逃げる為だけじゃなくて、食べる為(獲物を獲る為)とか散策する為とか恋のお相手を探す為など、他にも理由は沢山あると思いますが、移動できるのはなぜかということの理由の一つとして”逃げる為の手段”というのがあるといえるんじゃないかなあと。

逃げようとしてもそれが出来ないとき、(動物達は動けるので)身を守る為には相手を攻撃しますよね。
だから逃げ道を阻まれた犬(や猫)が攻撃に転じるというのは、彼らとしては当然の行動と言えるのではないでしょうか。

170502_01.jpg

犬達は(というか、人間もですが)パーソナルスペースというのをそれぞれ持っていて、その中に侵入されるのを嫌がります。だからお散歩中に他の犬に会った時に「挨拶しなさい」とばかりにリードを引っ張られて無理やり犬同士近づけられるのを嫌がるワンコさんがいるのは当たり前と言えるかもしれません。リードで繋がれていて逃げ場がないのでガウ!っと攻撃に転じてしまう場合も多いのではないでしょうか。

また逃げ場がないと言う意味では、無法地帯と化した閉ざされた場所も逃げることができなくてストレスフルですよね。
私は小さい頃習っていたお稽古事のレッスン場が正に無法地帯と化したことがあって、^^;小学校低〜中学年くらいの子達がフローリングの広い床を大きな声で走ったり転げまわったり、人の脚持って引きずり遊びをしたりという中にいなければならないことがあって、嫌なのに自分も追いかけられたり引きずり回されたりして心底疲れ果てたことがありました。^^;あれは無法地帯と化した(正しい介入者のいない)ドッグランと同じ状態だったなと、犬の勉強をしはじめて思い出すようになったのです。

そんな経験を思い出してしまう私なので、犬達が嫌だよ、恐いよ、助けてと言っていたらそれに応えてあげられるようになりたいなと強く思うようになりました。
そのために”嫌だよ”のサインを見逃さないようにしたいし、パニックになっている彼らを混沌から掬い上げてあげられる様な存在になりたいって思いながら勉強をしています。
そんな時必要な事は、やはりネガティブな気持ちに追い打ちをかけるような罰や叱りではないのですよね。人間仕様の叱りは犬には通じないばかりか彼らを怯えさせることに繋がるし、叱ってる姿は彼らにはとても不安定に映ると思うので。それでは犬達を救えないですもんね。
咄嗟の時にも彼らの気持ちがホッとして、”この人の側にいれば安心”と思ってもらえる様な接し方や在り方を日頃から意識したいと思っています。
ということで、今日は植物を見ていてふと思ったことを記事にしてみました♪



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 21:52| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする