2017年04月10日

自分ではないひとつの命

こんばんは。
今朝、やっと晴れ間が見えた埼玉ですが、明日にかけまた気圧が下がって雨になりそうですね。
気圧や天候に左右されやすいワンコさんニャンコさん、飼い主さん、お気を付けください。私は今日もペットボトル温灸です。気温が高くなってくるとつい油断して身体冷やしちゃいそうなので気を付けたいところです。

ルビーも推定12歳になって(あと2ヶ月で13歳です。)、去年の春くらいから少しずつ歩く距離も短くなって、そして秋にヘルニアをやって大分良くはなったけれどもやっぱり歩く距離はさらに短くなりました。
色々思い起こせばあれに気づいてあげられなかったかな、あれも悪かったかなこれも悪かったかな、みたいなことになりがちですが、同じ過ちは繰り返さないようにはしたいですが、後悔の溝にはまりこんで上がって来られない、ということは絶対にしないぞと心に誓っている自分がいます。だってそれやっちゃったら一番迷惑こうむるのがルビー本犬だと思うので。

170410_02.jpg
近所の公園のショカッサイ

自分の犬となるとどうしても近視眼的になってしまったり、自分の気持ちを投影してしまったり、境界線乗り越えて支配的になってしまったり、人から犬について何か言われると自分が責められた気持ちになったり、しがちなのだなあということが経験的にわかるようになりました。
時が経ってやっと気づけるようになったのです。

ルビーを迎えた時に”不安そうにこちらを見てる・・・”って思ってたけど、不安だったのは私だったのだな、とか!^^;

犬が寄ってくるとプイッと背を向けて反対方向に歩きだすのは、ルビーは犬が怖いからなんだな・・と思っていたけど、
怖かったのではなく礼儀正しい犬語を話していただけだったんだな、とか!^^;
(その裏に、プレイバウとか追っかけっことかして他の犬と明るく遊んでほしいという身勝手な気持ちが隠れていたのだな!とか。^^;)

あんな風にプイッと立ち去らないでもっと他の犬と仲良くできたらいいのに・・・なんて思っていたけれど、ルビーはもうすでに相手の犬と犬語で挨拶して、つまり会話成立していんだな、(だから人目線で仲良く見えるようなものを求めるのは違うよね)とかとか!^^;

170410_01.jpg

犬がお互いどんな風に会話しているかとか、人には分り得ない能力で時間や相手や空間を知ったり判断したりしているのだとか、
そういうことを知って行くうちに、ルビーは”私の犬”というより”ルビーという一匹の犬なんだ”という感覚が強くなっていきました。
所有物みたいに扱われるのが大嫌いな自分が、逆にそれをしていたのかと思うとゾッとしましたけど、だからそれをやめたいと思いました。

彼女は彼女の生を生きているんですよね。

自分の犬として迎えたけれど、自分ではないひとつの命。
それも全く種の違う命・・・
なんですよね。





応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 18:40| Comment(0) | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

模倣をうながす

こんにちは。朝から雨降りの埼玉です。午後になったら止むのかな?今日はバタバタするので予約投稿なんですけど。

朝、ノーズワークで遊んだ後のルビーです。

170408_01.jpg


可愛いですよね。動画もあります。(笑)


嗅覚を使った遊びは、暑すぎたり雨だったりで散歩に行けない日でも家の中で脳ミソ存分に使って楽しめる遊びなのでいいですよね。


ルビー、最後の方でこちらを見てますね。

犬を迎えて最初に戸惑ったのが、実はこの視線でした。^^;


さすが社会的な動物、犬って本当に人間を見るんだなあと、そこまで見る?ってくらい見るなあ、どうしよう??・・・って、彼女を迎えた当初は本当に戸惑いました。
そして見つめるルビーを困り顔で見つめ返す私がいました。私が見るからルビーもこちらを見ていたんだとおもいますが。


そんなに見詰め合わないで、犬が不安そうに私を見ても、私は私のことを淡々とやって
”こうやって寛げばいいんだよ”
を示して、模倣を促してあげれば良かっただけなのに、お互い不安な顔して見詰め合ってしまってましたね。


犬は、不安そうに自分を見つめる人に”安心して身を任せよう”とは思わないですよね。^^;
(もちろん体罰を与えるような人にも身を任せようとは思わないと思います。)


感情は伝播するそうですし、先日も書きましたが犬は人の情動さえも嗅ぎ分けることが出来るそうなので、怒ったりイライラしたりすることも、彼らからすると警戒心をかきたてられることなのかもしれません。
子供の頃ありませんでしたかね、
「今日お母さん(お父さん)機嫌悪そう」
って、なるべく接点を持たないようにしたこと。^^;
犬や猫達は人間の言葉が通じないので、私達よりもずっとそういうものに敏感なんじゃないかなと思ったりします。


私達が穏やかで機嫌が良くてユーモアに溢れる人の側にいると気持ちがほぐれるように、犬や猫達も・・というか、彼らこそそういう人を好むのかもしれませんね。


170408_02.jpg

ベランダのクリスマスローズ。今年も可愛く咲きました♪


自分の気持ちが沈んだときに彼らにすがるのではなく、彼らにとってのそういう存在になるということが好かれる、ということでもあるんじゃないかなと思ったりします。


過去にやってもーた^^;ことも、修正できれば、またどう修正すればいいのかわかれば明るく振り返ることができます。


だってね、修正しても修正してもまた必ずやってきますよね、あれ?まだまだ私に修正は必要だったってことが。^^;
でも人生ってどうやらそういうことの積み重ねで過ぎて行くみたいですよね。
だから他人と比べてどうというよりも、現在の自分より未来の自分が良くなっている、ってところを目指せると凄く生きやすくなる気がします。
生きやすさは安定感に繋がるのでこれもまた犬や猫に好かれる為のコツかも、なんて思ったりします。
前向きにいきたいですね!




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 15:00| Comment(0) | 接し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

犬に好かれる

こんばんは。今日はこんな時間になっちゃいました。

昨日ルビーをキャリーに乗せて行った公園は、ルビーがまだ2時間くらいのお散歩をガンガンこなしている頃のお散歩コースの途中にあって、そのお散歩コースには彼女が必ず匂い取りする場所がいくつかあります。きっとご近所ワンコさんのお手紙(排泄の匂い)があるんでしょうね。だから今もその付近を通る時はキャリーから下ろして歩かせてあげるようにしています。今までと同様匂いを丹念に嗅ぐもよしスルーするもよし。

170407_01.jpg

キャリーから下ろす時や逆にキャリーに乗ってもらう時、気を付けていることがあるのですが、抱っこする時にルビーの準備が整ってから(体勢が整ってから)丁寧に持ち上げる、ということを気を付けています。

彼女を迎えてすぐの頃は、私はこの辺のことがとても雑で、^^;きっとルビーは突然持ち上げられて「ひっ!」ってなったり、妙な体勢で宙でバランス取らされたりして、凄く怖かったんじゃないかなと反省したことがあったのでした。

人間にとっては些細なことですが、小型犬にとってはそうではないだろうことが今ならわかります。
こういったこと一つ一つの積み重ねが、
「お母さんって信用ならない」^^;
という気持ちに繋がって行くんでしょうね。
信用ならない人から出てくるものは、何でも信用なくなっちゃうと思うので、まずは自分が犬や猫達から好かれる人になりたいです。

170407_02.jpg

以前、お散歩トレーニングの時の写真で、靴ひもを結び直す為に前屈している私の足元でビックリしちゃってるワンコさんが写っていて、(周りを確認せず突然ガバッと前屈したのでびっくりしちゃったのだと思います。)あれも犬からの信用失う行動の一つだったなと時々思い出しています。

犬飼いさん猫飼いさんだったら誰でも
「爪切や歯磨きなどのお手入れを喜んでやらせてもらえるようになるにはどうしたらいいんだろう?」
って思うと思いますが、きっと犬や猫達は日頃の私達の様子を見て、身を任せられる人かどうか判断しているのかもしれませんね。

犬や猫が嫌がったりビックリしたりしているかどうかは、わかりやすいものから分りにくいものまで色々ありますが、
触られた方を見る”定位反応”や
犬の「嫌だなあ」という気持ちを表す”クジラ目”(知らない方は検索してみてくださいね!)などは良く知られていますね。

気づきやすいところから自分修正していくと、どんどん犬や猫に好かれる体質になれるかもしれませんよ♪
あ、ワンコさんだとハーネスの装着とかもありますね。私もどんな犬にも嫌じゃない着け方ができるよう、只今修正中です。

posted by カエデ at 21:31| Comment(0) | 接し方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする