2018年06月05日

懐がキャリーバッグ

こんばんは。
涼しい風が部屋の中を抜けて行って気持ち良い夜です。

最近、チニタもルビーも明け方になるとベッドに上がって来て添い寝し始めます。

180605_01.jpg
PCの前に座ると膝に乗って来るんですよね。

子供の頃一緒に暮らしていた猫達は、病院に連れて行くときキャリーバッグに入れず、姉や私のジャンパーの懐に入れて連れて行ったのをふと思い出しました。トコトコ歩いて徒歩20分位のところに病院があったのですが、獣医の先生がとっても乱暴だった。^^;思い出すとちょっと辛い。あの頃と比べると獣医さんも変わったなあと本当に思います。

ネコ達の暮らす環境も、良くも悪くも変化して、そして私達飼い主の環境も変化しました。何より、一緒に暮らすネコ達について飼い主が学ぶ場所なんてあの頃なかったですもんね。この状況が猫達(そして他の伴侶動物たち)の幸せにつながるといいなあと、現代の彼らの境遇を見渡しては考えを巡らせる日々です。

好きなものの幸せを願うのは当然のことだから、すんなりとその学びの道に辿りついたかというとそういう訳でもなく、私は犬を迎えて彼女との生活に困ってから学び始め、その中で動物に対する接し方の基本はみんな同じなんだと言うところに辿りつきました。
基本を押さえていれば、大きな間違いをおかすことは避けられそうです。
それでも、天国に送り出してきたネコ達一匹いっぴきに対して、それぞれ思うところがあり、だから今でも学び続けているのかな。

彼らと過ごす一日いちにちが”暮らし”でありその暮らしはそれぞれのネコ(イヌ)そして飼い主さんに彩られているのでしょう。恐怖や寂しさや痛みではなく、歓びや安らぎで彩られた暮らしであるといいなあと思います。そんな風に暮らせれば、彼らが去った後もきっと、その思い出が私たちを癒してくれると思うから。





一緒に暮らす動物たちがどうしてそういう行動をするのか、もっと豊かに暮らすためには何ができるのか。その基礎の部分のお話しをぜひ一緒に伺ってみませんか。↓

******************************* 
青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」  
猫ともっと仲良く、そして彼らをもっと幸せにしたい方はぜひ♪






応援よろしくお願いします♪ 
posted by カエデ at 22:33| Comment(0) | 猫も | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

お散歩でネコとあいさつ

こんばんは。
暑い一日でしたね。夕方の排泄散歩、マンションの東側が涼しいのでそちらを歩いてきました。

130517_02.jpg
本文と関係なし。^^;2013年のチニタ。可愛かったから載せてみました♪

朝の排泄も最近は外でしているルビーですが、午前中は日陰になってるマンション西側をウロウロしています。

道の突き当りまで行って戻ろうとUターンすると、往路ではいなかった猫が道の端っこでジッとこちらを見ている事があります。この辺で餌をもらっている三毛ニャンコ♪最近はもっぱらルビーの排泄シーンを見学なさってる。^^;

今日はおもわず目があっちゃったのでまばたきしたがおなじの返してくれましたよ♪

好意的なシグナルを返してくれたからと言って、ガンガン近寄って行ったら仲良くなれないから今のところこんなやりとりが続いています。

180604_01.jpg
これは本日のチニタ♪

犬や猫のしぐさは、人間的には分りにくいけれど彼らからすると礼儀正しさを表すものだったりするので、そこを食い違ったまま暮らし続けるのはちょっと寂しい・・。逆に言うと、相手の意味するところがわかったら暮らしはもっと楽しくなりますよね。

ルビーは一緒に寝る時、最初はかならずお尻や背中をこちらにむけて眠り始めます。人間だったら向き合いながら寝たいと思いがちかもしれませんが、犬的にはそれが礼儀正しいのですよね。(朝目が覚めると顔と顔を突き合わせて寝ていることに気づきます。)

ルーガスさんはカーミングシグナルは”礼儀正しさを示したい時”や争いを避けたい時、相手が無礼な時、不快な時などに使われる、いわばスモールトークのようなものだとおっしゃってました。”平和のことば”と言われる事もあるとも。
そんな”平和のことば”、今日はどれを見るって決めてそれだけ見るように練習すると、最初見えなかった人も段々と見えるようになってくるそうです。その子その子でクセみたいのがあるようなので、そういうのが分かるようになるとまた面白いし、犬語でお互いに会話できれば、特に触ったりしなくてもコミュニケーションがとれている喜びを知ることができると思うのでぜひぜひ!と思っています。私もまだまだ練習中です☆

 
↓ 日程が迫ってきました。お申込みお早めにどうぞ☆↓ 
******************************* 
青木愛弓先生セミナー「ねこのハズトレってなに?@埼玉」  
猫ともっと仲良く、そして彼らをもっと幸せにしたい方はぜひ♪



応援よろしくお願いします♪ 


posted by カエデ at 19:35| Comment(0) | 猫も | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

助けた命をもっと輝かせるために

こんにちは。
今日はなぜか近所の盆栽展を見に行ったりして、ジオラマみたいな世界を堪能してきました。
ヤマアジサイがかわいかったな。前から欲しかったのですが、またふつふつとヤマアジサイ熱が過熱してきそうです。

* * * * * * * * * * * * *

ちょっと前にこちらの本を買いました。

180603_01.jpg

「野良猫の拾い方」って、斬新なタイトルだなあと思いませんか?
私が子供の頃は都内の住宅街にも野良猫が本当に沢山いて、いろんな家で可愛がられていろんな名前のついている猫が何匹もいて、^^;うちで飼っていた猫達もそんな野良猫達が我が家に餌をもらいに来るようになったり、近所で拾われたのをもらったりして飼う事になった猫達でした。

でもその他にもうちの庭に居つきそうになったり、近所の公園に捨てられたりした猫達は沢山いて、その猫にこっそり会いに行くたびによく叱られたものです。
子どもだった私には、ご飯を運ぶ以外にそういう猫達に何をしてあげられるのかわからなかったのですね。
あのころこの本があったらなあ。もしあったら、自力で何かできたかもしれないし、親に説明して説得することもできたかもしれないと、そんなことを思った一冊でした。
本は現実に自分がいるところ以外にも世界があるということを教えてくれるのだと大人になってから知りました。(遅い。^^;)もっと本を読めば良かったなあ。
そうすればあの頃でもきっと
「命を助けたいと思う気持ちはあっていいものなんだ」
ということを知れたのに・・・。

こちらの本では猫を拾う時に気づかいたいことや、拾った後の猫のケアや里親探しに関することまで様々なアドバイスが載っていて、とっても重宝すると思います。

そしてきっと誰もが考える猫たちにとっての”幸せ”。これについてもチラっと触れています。

彼らの生活の質の向上について考える時、私達人間側の接し方も重要なポイントになりますよね。
ということで、せっかく助けた命を生き生きと輝かせるためにも、こちらのセミナーをお勧めします。


動物の行動コンサルタントの青木愛弓先生が、わかりやすくお話しして下さいます。
猫を飼ったあと、より豊かな彼らとの暮らしのために。
まだまだご参加お待ちしております♪



応援よろしくお願いします♪ 
posted by カエデ at 18:32| Comment(0) | 読みもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする