2017年05月02日

”逃げる”を考える

こんばんは。世の中はゴールデンウィークに突入ですね。
旅行や里帰りなど計画されてる方も少なくないのかな?みなさん楽しい時間が過ごせますように。

花や木が美しいこの季節。植物についてこんな記事を見つけました。


静かにそこに生えてるだけに見える植物も、色々知ってみると凄いな〜と思いますよね。
上記サイトには彼らが生き残る為または子孫を残す為の戦略(?)が色々紹介されていましたが、その中のひとつとして”毒をもつこと”も紹介されていました。
植物達は敵がやってきても”逃げる”ということができないので、自分たちの中に敵を遠ざけるもの(=毒)を持っているものが多くあるんですよね。これを知るとほとんどの植物が毒を持っているということはある意味当然のことなんだと納得がいくのではないでしょうか。

でもこれって逆に考えると、植物以外の生きもの達が移動できるのは”逃げる為”でもあると言えるのでは?なんて私なんかは思ったりします。
勿論逃げる為だけじゃなくて、食べる為(獲物を獲る為)とか散策する為とか恋のお相手を探す為など、他にも理由は沢山あると思いますが、移動できるのはなぜかということの理由の一つとして”逃げる為の手段”というのがあるといえるんじゃないかなあと。

逃げようとしてもそれが出来ないとき、(動物達は動けるので)身を守る為には相手を攻撃しますよね。
だから逃げ道を阻まれた犬(や猫)が攻撃に転じるというのは、彼らとしては当然の行動と言えるのではないでしょうか。

170502_01.jpg

犬達は(というか、人間もですが)パーソナルスペースというのをそれぞれ持っていて、その中に侵入されるのを嫌がります。だからお散歩中に他の犬に会った時に「挨拶しなさい」とばかりにリードを引っ張られて無理やり犬同士近づけられるのを嫌がるワンコさんがいるのは当たり前と言えるかもしれません。リードで繋がれていて逃げ場がないのでガウ!っと攻撃に転じてしまう場合も多いのではないでしょうか。

また逃げ場がないと言う意味では、無法地帯と化した閉ざされた場所も逃げることができなくてストレスフルですよね。
私は小さい頃習っていたお稽古事のレッスン場が正に無法地帯と化したことがあって、^^;小学校低〜中学年くらいの子達がフローリングの広い床を大きな声で走ったり転げまわったり、人の脚持って引きずり遊びをしたりという中にいなければならないことがあって、嫌なのに自分も追いかけられたり引きずり回されたりして心底疲れ果てたことがありました。^^;あれは無法地帯と化した(正しい介入者のいない)ドッグランと同じ状態だったなと、犬の勉強をしはじめて思い出すようになったのです。

そんな経験を思い出してしまう私なので、犬達が嫌だよ、恐いよ、助けてと言っていたらそれに応えてあげられるようになりたいなと強く思うようになりました。
そのために”嫌だよ”のサインを見逃さないようにしたいし、パニックになっている彼らを混沌から掬い上げてあげられる様な存在になりたいって思いながら勉強をしています。
そんな時必要な事は、やはりネガティブな気持ちに追い打ちをかけるような罰や叱りではないのですよね。人間仕様の叱りは犬には通じないばかりか彼らを怯えさせることに繋がるし、叱ってる姿は彼らにはとても不安定に映ると思うので。それでは犬達を救えないですもんね。
咄嗟の時にも彼らの気持ちがホッとして、”この人の側にいれば安心”と思ってもらえる様な接し方や在り方を日頃から意識したいと思っています。
ということで、今日は植物を見ていてふと思ったことを記事にしてみました♪



応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 21:52| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

風と犬の気持ちのお話し

こんにちは。またまた一日空いちゃいました。^^;

今日から9日連休の方もいるのかな?
ワンコさんとのお出かけを計画している方もいらっしゃるかもですね。みなさん楽しいGWになりますように♪

昨日、掃除機をかけていたら、いつの間にかルビーが後ろをついて歩いていてですね。
なんと、排気風(っていうのかな)を至近距離で受けながら佇んでいたんですよね。^^;

170429_01.jpg

耳が普通に聞こえてる頃もそんなに掃除機を嫌がる子ではなかったですが、聞こえずらくなってますます掃除機がどうでも良いものになったのかもしれません。

ルビーのこの姿を見てひとつ思い出したことがあるので書いておこうと思います。

ムツゴロウ先生の「ムツゴロウの動物交際術」という本があるのですが、そこに”逆毛”についての記述があったんですよね。


ご存知の方も沢山いらっしゃると思いますが、動物達の毛はたいてい生えている向きがあって、その向きとは逆に毛が逆立ったり撫でられるということは彼らにとって刺激が強いことなのだそうです。
整っている毛並みが乱れてしまうという事は体温を奪われることに繋がるし、また、毛を逆立てるというのは威嚇や恐怖などを表すものでもあるので、風によって毛が逆立つと動物達は不安になりがちだし、不快感を覚えたりすると。

こういうのを知ると、風の強い日にはいつもよりちょっと過敏になったりするワンコさんの気持ちもわかるような気がしますよね。(いつもより色んなものに吠え易くなったりするかもしれないけど、犬が人を支配しようとしているとか、飼い主を困らせようとしたりしてるのではない訳ですよね。^^;)
それに、例えばお散歩トレーニングやお散歩会など、犬達がその場で居心地良くいられることを目指すような場所では、先生の話しを聞いている間、ワンコさん達がそれぞれ別の方向向いて待ってたりしてくれるのも自然な状態なんだなって思えます。
(勿論別の方向を向く理由は風だけではなく、誰かと会話してるから、というのもあるかもしれません。)

これに倣えば、少しザワザワしてしまったりプチパニックになってるワンコさんのことは、わちゃわちゃ〜っと上下に撫でるより、撫でてもらうのが好きなところを毛の流れに沿ってなゆっくり撫でてあげる方がいいんだなっていうのも分かってきますよね。
先生はよく、逆のワンコさん、つまりちょっと気持ちが沈みがちなワンコさんには、指先で刺激するように触ってあげると良いともおっしゃってましたね。

逆毛のこと覚えておくと、結構ワンコさんと仲良くなることに役だったりして良いかもですね♪


<参考文献>
「ムツゴロウの動物交際術」畑正憲


応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 16:51| Comment(0) | 犬ってどういう動物なの? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

練習だと思っていたけど

昨日はモフモフさん(ハク母さん)のお散歩トレーニングに参加してきました♪

道満グリーンパーク、繊細な色合いの新緑に包まれてとっても優しい空気が流れていましたよ〜。

170426_01.jpg

気温が低めだったのでルビーも連れて行こうか悩みましたが、風が強くて気圧も急降下中だったのでやっぱりやめておきました。

昨日は「名前を呼んでおやつ」「ノーズワーク」「オンリードのおいで」について説明を頂き、それぞれ自分のワンコさんとやってみたりしました。

私は単独参加だったのに、なんとデモをやらせて頂きましたよ。
もちろんエアーで。(^-^)/

数年前は人前でルビーとデモをするなんてハードルが高過ぎてできなかったことなのに、上手く出来なくてもやったことを誉めてもらい続けた結果・・・

なんということでしょう。今では相方がいなくても素知らぬ顔して出来るようになりました。(笑)

170426_02.jpg

もともと人前で何かをするということが得意ではない性分の私ですから、「名前を呼んでおやつ」のデモは、家で何回も練習してから散トレのデモに臨んだなあと、昔を懐かしく思い出したりしていました。

出来る所で練習・・・。
例えばまずお風呂に入りながらブツブツと説明の練習をして、部屋の中でルビーと一緒に練習して、お散歩前に玄関で練習して、お散歩の途中の公園で練習して、と、徐々に色んなところで出来るようになってから散トレでトライしました。

170426_03.jpg

でもある時気づいたんですけど、お風呂やお散歩でやってみることを”練習”だと思っていたけど、本番の一部みたいなものでしたね。

その取組み自体が生活の一部となるようなものであるから、というのもありますが、もひとつ違う視点から見ると、みんなの前でやろうと思ったら、”出来る環境で何回もやってできた”っていう経験があった方が、他のところでも同じようにできる可能性が高いですもんね。

そして”出来る環境でやる”時は、落ち着いて楽しくできるから、というよりむしろ楽しく取り組むを意識するから、別の環境でやってもその時感じた”楽しい”とか”リラックス”した感じが蘇ってくる・・・つまり本番でも楽しくリラックスしてできる、ということに繋がるんじゃないかな。
だから練習と思える下準備の段階から全部ひっくるめてを取り組みって言うんだな、とつくづく思ったのでした。

昨日の私、ルビー抜きでやった「名前を呼んでおやつ」でしたが、
「名前を呼んでおやつのデモをします」
って言った瞬間、ルビーと一緒にやっている時と同じ”幸せスイッチ”が入った様な気がしましたもんね。

犬達もきっとそうかもですね。
家の中で出来ない事は外ではできなくて当たり前かもしれませんね。


170426_04.jpg

昨日、デモを一通り終えて、ハク母さんに
「ルビーちゃんが見える様でした」
って言って頂いた瞬間、とっても温かい気持ちになって、バーーーッと上に書いたような事が頭の中を駆け巡ったんですね。
ルビーと散トレにまつわるあったか〜い記憶がバーッとよみがえったのでした。だからその後もずーっと、いつにも増してあったかくて優しい気持ちのまま、お散歩トレーニングの時間を過ごす事ができました。感謝の気持ちでいっぱいです。一晩明けてもあったかい気持ちが続いているので、凄く長持ちな(笑)幸せ気分を頂いたみたいです。

そんなわけで、夏休み前のお散歩トレーニング、とても楽しく過ごす事ができました。ハク母さん、今回も遠いところからお越し頂き、ありがとうございました!ご一緒したみなさんも素敵な時間をありがとうございました♪
また秋からも引き続き宜しくお願い致します!




応援よろしくお願いします♪
posted by カエデ at 16:14| Comment(0) | お散歩トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする