2018年11月21日

しつけという名のもとに犬をいじめていませんか?

こんばんは。
今日もあっという間に日が暮れました。寒くなりすぎる前に排泄散歩行ってきましたよ。

171124_01.jpg
去年の在庫写真♪

「叱らない」というのは犬育て(家庭犬のトレーニング)において、未だにあまり重要視されない、またはそっぽを向かれやすい事柄なのかなと思います。
でも「叱らない」はしつけをしないではないし、しつけるということは犬を叩いたり吊り上げたりショックを入れたりして行動を止めるのことではない。犬とのコミュニケーションを円滑にするもの、だと思っています。

「やめてね」(マッテ)
と伝えたらやめてもらえる、
そういうスムーズなコミュニケーションが取れるように飼い主が犬への伝え方を学ぶのが、家庭犬のためのトレーニングと言えるのではないでしょうか。私も一飼主なのでずっと取り組み続けていることです。

先日のCDS横浜お散歩トレーニングでもそんな光景を見かけました。
一緒に歩いている犬同士がちょっと近づきすぎてしまって、とあるワンコが吠えたのですが(吠えるのにも正当な理由があります)、飼い主さんに穏やかに止められ何か声をかけられたのかな?その瞬間に相手犬から気がそれてストンと落ち着き、遠ざかる飼い主さんの後を追って行くという姿を見かけました。

犬の行動を嫌なもので止めさせるのではなく、つい振り向いてしまいたくなる”良いもの”で気をそらせてあげる。
そこから「こうしてね、ああしてね」
を伝えれば穏やかなコミュニケーションが取れるんだよね、を実感した瞬間でした。

171124_02.jpg
去年の今頃はもうコートを着ていたのね。

また、”叱る”と叱られた側の問題行動が悪化したり、また叱った側も”叱る”という行動がどんどん強くなって体罰などに進みやすいということも、行動の科学を学ぶと理解できます。特に飼い主さんにアドバイスをする立場にある人は、ABAを学ばれることをお勧めします。

ということで、動物の行動コンサルタント青木愛弓先生の講座をご紹介させていただこうと思ったのですが、コンパニオンアニマルの講座はどこも締め切られたようで残念。
ただ、万が一キャンセルが出た場合のためにもリンクさせていただきます。


また、吠えや咬みなど、犬の問題行動(と、あえて書きますが)でお悩みの方は、オンラインで相談に乗って下さる場所があります。
それが「犬の森2018」です。
※12月1日にCAMPFIREのファンクラブとして生まれ変わります。お手続きの仕方などはリンク先をご参照ください。


動物福祉に則った、犬にも人にも親切な場所ですので、飼主さんが苦しくなるような方法はお勧めしていません。困った時にはまずこちらの門を叩いていただけることを切に願っております。



==================[お知らせ]=================
■11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================
↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 17:16| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

プレゼントをワクワク待つように

こんにちは。
だんだんと寒くなってきましたね。ホットカーペットに次いで今日はヒータも出しましたよ。

171115_03.jpg
これは去年の今頃の写真。近所の公園にて♪

犬との暮らしで行き詰った時、どうしても
”こんな時はどうしたらいいんだろう?”
って、今の状況を変える為の方法を探します。

でもその方法が、今目の前にいる犬にとってどういう意味を持つか、ということは犬と飼主さんそれぞれで違ったりするのですよね。

犬のキャパシティや飼い主さんによって同じようにしているはずの方法が全く違う意味を持つ場合もあるし、またそれまで犬と築いてきた関係によっても違う意味を持つ場合もあるなと感じます。

だから、どこかから方法だけ持ってきてそれを試してみても、うまくいかないことが結構あって、じゃあこっちの方法は?こっちは?ってグルグルしがちなのかもしれません。

171128_01.jpg
こちらも去年の11/28。

ですので”どうしてその方法なのか?”というところの”どうして”の部分をまず犬と自分との間で作り上げることが必要なんだなと感じています。

犬と自分との間にどんな関係を築くか、という部分。
それがいつもお話ししている「叱らない」や「名前を呼んでおやつ」だと思って発信しています。

不運にも、犬を怖がらせてしまうような方法をトレーナーから教わり、実際にそれをやって犬との関係が悪くなってしまった場合も、上記のことを意識して暮らすというところからやり直せば必ず犬と仲直りできて、こちらの言うことに犬が耳を傾けてくれる日がやってくるはずと思います。

ただ、続けられる人と続けられない人とが割れるのは、やればすぐに変わる”と全ての人が感じられるものではないからかもしれません。

でも続けていれば必ず変化が訪れるので、その日を楽しみに取り組んでいただければ・・・と願っています。取り組みつづけることがしんどい時は同じ方向を向いて歩いている仲間の力も借りて。
そう考えると、これはある意味「楽しみが長く持続する取り組み」なのではないかな?!プレゼントをワクワク待つ感じでどうぞ♪

「叱らない」には、犬の当たり前の行動を否定しないということや、穏やかに行動を止める、はたまたリードワークなどなど、一言で言い切れないものが含まれたりするので、そのお話はお散歩トレーニングやこちらでおいおいさせて頂ければと思います。わかりやすく説明できるように私もがんばりますね!


==================[お知らせ]=================
■11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
■12月13日 夏目先生をお招きしての「リードワーク・ワークショップ」
==========================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村
posted by カエデ at 16:53| Comment(0) | 叱らない・罰を与えない | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

お散歩でのリード使い

こんばんは。

最近は夜中の2時頃になるとルビーがトイレに一度起きるようになりました。排泄のが増えて体重も落ち気味なんですが、これ以上落としたくないなあ。

それでも食欲はあるし、お散歩も毎日それなりに楽しんでいます。

トボトボとしか歩かなくなっても、3mのリードが重宝することがあります。例えば、彼女の狭くなった視界に上手く入って(歩く方向を示す)ターゲットになりたい時に少し距離をとった場所からそっと視界に入ってあげるとびっくりさせることなく進行方向が示せたりします。

181104_03.jpg


お散歩でのひっぱりや、また逆に歩かないなどのお悩みをお持ちの方は意外といらっしゃるのでは?と思いますが、どうなのかな。

それらの理由は一つではないと思いますが、ちょっとしたリードの使い方が影響している場合もあるのかも、と思うことがあります。

犬に優しいリード使いを、を思っていても、優しいってどういうことか、またどの程度のことが彼らにとって優しいのか、などなど、具体的なことを知るには実際に先生に教えて頂くのが一番わかりやすいのではないでしょうか。

ということで、先生の投稿をシェアさせて頂きます。↓




12月13日、「犬とまんまる」はCDS夏目真利子先生をお招きしてリードワーク・ワークショップを開催する予定です。少しでもご興味のある方はぜひご連絡ください。(メールは ruby080721☆yahoo.co.jp まで。 ☆を@に変更してお送りください。)

お散歩でお悩みの方も、特に悩んでいないけれど、もっと犬と楽しくお散歩したいという方も、一緒に楽しく学んでみませんか?お申込み、お待ちしております!


==================[お知らせ]=================
■11月29日(木)「さいたまお散歩トレーニング」
※今年最後のお散歩トレーイングになります。ぜひご一緒しませんか?
==========================================

↓↓応援よろしくお願いします♪↓↓
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
にほんブログ村

posted by カエデ at 23:50| Comment(0) | セミナー・講演会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする